「自転車初心者におすすめなサイクルコンピューターの選び方」で考えてきたサイコン選び。ロードバイクやクロスバイク初心者も参考にできるよう、低価格から高価格帯まで予算に合わせて、ガーミン・ブライトン・レザイン・ワフーや激安サイコンiGPSPORTまで、ケイデンスやGPS対応も気にしながら、コスパの良い最新のおすすめサイクルコンピューターの2020年最新版をまとめした。

INDEX

Sponsored link

【1万円以下】のサイクルコンピューター

1万円以下GPSサイコン

5000円〜1万円以下のサイコンを選ぶ方は、スポーツバイク初心者の方が多いと思います。

「スマホアプリとサイコンどちらかで迷っている人」、「クロスバイクのスピードメーターだけでも欲しい人」、「ケイデンス計測に興味がある人」など、ロードバイク初心者におすすめな1万円以下の価格の安いサイクルコンピューターからみていきます。

Xoss G+ 激安GPS中華サイコン

Xoss G+ GPSサイコン

香港のサイコンメーカーXoss(コス)は、2015年に自転車好きのエンジニア達が立ち上げた新興ブランドです。

Xoss サイクルコンピュータメーカー

suaoki(スアオキ)のような格安中華サイコンというイメージがもたれがちですが、Xossの実体は、ケイデンスセンサー・心拍数ベルトなど、ハードウェア開発にも長けていて、世界600万人以上が利用するスマホアプリ連動サイコンを開発するハイテクノロジーメーカーなのです。

Xoss G+ gps cycle computer

2019年に登場した新作「Xoss G+」は、ケイデンス・ハートレートモニター・ANT+(ワイヤレス)に対応した5000円以下のGSPサイコンとして、超絶コスパのよさで人気を集めています。

GLONASS・Galileoなど4つの衛星(GPS)に対応、1.8インチのバックライト付きLCDディスプレイは、25時間のバッテリー駆動まで実現しています。

Xoss G+ GPSサイコン

さらに、IPX7の防水にGARMIN(ガーミン)など一部のサイコンにしかつかない無線規格ANT+(アントプラス)にも対応していながら、専用アプリによるデータ分析やSTRAVA(ストラーバ)との同期ができます。

Xoss G+ gps cycle computer_003

ワイヤレスサイコンなので初心者でも扱いが簡単、軽量コンパクトなミニマルなデザインでレビューも良く、ケイデンスセンサーと合わせて買っても6000円台なので、5000円以下のサイコンでは「Xoss G+」が圧倒的におすすめといえます。

Xoss G+のスペック

重量
52g
ディスプレイ
1.8インチ LCD
バッテリー
25時間
対応センサー
スピード/ケイデンス/心拍/
無線規格
ANT+/Bluetooth5.0
操作
ボタン
GPS(対応衛星)
GPS/Beidou/GLONASS/Galileo
マップ/ナビ
-
実勢価格
4000円台

CATEYE VELO WIRELESS+ キャットアイ サイコン ベロワイヤレス CC-VT235W

CATEYE Velo Wireless CC VT235W

激安中華サイコンはちょっと不安...という方は、2年保証と電話サポートがある信頼の日本ブランドCATEYE(キャットアイ)のサイコン「ベロワイヤレス」がおすすめ。

ケイデンス計測こそできないものの、スピード・走行距離・カロリーなど基本機能があるうえ、バックライトで夜間走行も可能、ボタン電池で1年以上持つうえ、本体も26gと超軽量な点が特徴です。

CATEYE Velo Wireless

スピードセンサーもついて3,000円台と、ロードバイク初心者やクロスバイク初心者にも嬉しい格安人気サイコンの1つです。ベロワイヤレスは「安くサイクルコンピューターを試してみたい!」という方や「サイコンにケイデンスの必要性を見出せない...」という人におすすめのサイクルメーターです。

キャットアイ ベロワイヤレスプラスのスペック

重量
26.4g
ディスプレイ
モノクロ液晶
バッテリー
約1年/リチウム電池(CR2032)
対応センサー
スピード
無線規格
無接触磁気センサー(アナログワイヤレス)
操作
ボタン
GPS(対応衛星)
-
マップ/ナビ
-
実勢価格
3000円台

ストラーダスリム

ロードレーサーには12gの超軽量な「ストラーダ スリム」、大型液晶なら「パドローネ+」がおすすめです。

CATEYE QUICK キャットアイ サイクルメーター クイック CC-RS100W

2018年に新登場したシンプルなキャットアイのサイクルメーター「QUICK」は、重量24gの超軽量なスタイリッシュサイコンです。

ケイデンスやバックライトがないので、ロードバイクよりもクロスバイクや折りたたみ自転車、ママチャリなどシティサイクルにも合うので、スポーツ自転車初心者におすすめなワイヤレスサイクルコンピューターです。

BRYTON Rider15 ブライトン GPSサイコン ライダー15

bryton rider15

2017年に日本再上陸を果たした注目の台湾メーカーBRYTON(ブライトン)。GPSやワイヤレスで高い技術をもち、ブライトンのサイクルコンピューターに全てのモデルにGPS機能が内蔵されています。

BRYTON Rider15

ブライトン「Rider15」は「Rider10」の後継機で、2インチの大型ディスプレイ、USB充電の16時間バッテリー駆動、4種類のGPS、SNS通知やBluetooth SmartによるSTRAVA投稿などが可能です。

パワメには非対応ですが、GPSによりスピードセンサーを装着せず「ライダー15」単体でも、速度・走行距離・走行ルート・スピードなどの記録が可能。

防水でケイデンスセンサーにも対応しながら1万円を切るコスパの良さが魅力のGPSサイコンです。

ブライトン ライダー15のスペック

重量
52g
ディスプレイ
2インチ
バッテリー
16時間
対応センサー
スピード/ケイデンス/心拍/
無線規格
ANT+/Bluetooth4.0
操作
ボタン
GPS(対応衛星)
GPS/Beidou/GLONASS/Galileo
マップ/ナビ
-
実勢価格
8000円台

iGPSPORT iGS130 アイジーピースポーツ

GPSサイコン iGS130

中国のGSPサイクルコンピューター専門ブランドiGPSPORTの「iGS130」は、60gの軽量でGPS起動22時間の連続使用可能、、さらにIPX7防水で5000円台と驚異の安さを誇るコスパなGPSサイコンです。

GPSサイコン

GPS以外は最小限の機能でシンプルに使えるのが特徴です。スピードセンサーなしでGPSによる速度計測やトラッキングも可能なので、センサーを買い足す必要もなく出費が抑えらえる点で初心者におすすめです。

ルートマップ

難しいことを考えずにこのサイコンさえ起動していればスタンドアロンでも使えて、さらに専用アプリとの連動でルートやタイムなどのデータをクラウドで確認できる点も人気の理由です。

iGPSPORT iGS130のスペック

重量
60g
ディスプレイ
2インチ アンチグレアスクリーン
バッテリー
22時間
対応センサー
-
無線規格
-
操作
ボタン
GPS(対応衛星)
GPS
マップ/ナビ
-
実勢価格
6000円台

キャットアイ パドローネスマート CC-PA500B

sc100b

キャットアイのパドローネスマートと上位機種「パドローネスマートプラス」は、ケイデンスはもちろんパワーセンサーともリンク可能、斜度計測、スマホとの連携もできるサイコンですが、+のほうはなぜかネットでは出品されていることが珍しいです。キャットアイのサイクルコンピュータはモデルの違いがわかりにくいですが、「パドローネシリーズ」からは夜間用照明(ナイトモード)が搭載されているモデルになります。

パドローネスマートのスペック

重量
30g
ディスプレイ
LEDディスプレイ
バッテリー
4ヶ月 CR2032
対応センサー
スポード/ケイデンス/心拍/パワー
無線規格
Bluetooth4.0
操作
ボタン
GPS(対応衛星)
-
マップ/ナビ
-
実勢価格
7000円台

CC PA400B PADRONE DIGITAL

「パドローネデジタル(CC-PA400B)」は、大画面化した「ストラーダスマート(CC-RD410DW)」の後継機とされています。

iGPSPORT iGS10 アイジーピースポーツ

iGPSPORT iGS10

iGPSPORTは2012年にスタートした中国のテック企業です。まだまだマイナーですが、1万円以下でGPSがついたサイクルコンピュータを日本でも売り出しています。細かい点のサービスはガーミンや新興ブランドのブライトンに劣りますが、25時間のバッテリー駆動にケイデンスや高度勾配(傾斜)まで測れて、ストラーバにも走行ルートを自動アップロードしてくれます。

ちなみに、6000円のGS20Eというモデルもありますが、こちらは通信規格がBluetoothのみのため、ANT+(アントプラス)という即時性のある通信規格にも対応するiGS10がおすすめです。さらに上位機種もありますが、これ以上予算をだすなら、センサー含めてより精度の高いガーミンやブライトンを買ったほうが幸せになれるでしょう。

ちなみに、センサーセットはないため、別でANT+とブルーツゥースに対応したケイデンスセンサーを注文する必要があります。GPSでスピードメーターも表示できますが、スピードセンサーのほうが正確になります。

次のページでは、GARMIN(ガーミン)・REZYNE(レザイン)・ポラール・Wahoo(ワフー0など、高機能なミドルスペックから高級ハイエンドな最上位のサイクルコンピューターをみてみます。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう