自転車ライトには、レザイン、ノグ、 キャットアイ、ガシロンなど、明るさとオシャレさが両立したライトを作るブランドがあります。

今回は、品質と評判のよいフロントライト・リアライトをつくる、コスパの良いおすすめのライトメーカーを厳選して紹介します。

Sponsored link

LEZYNE - レザイン 自転車ライト|アメリカ

レザイン ライト

LEZYNE(レザイン)は、プロトライアスロン選手だったドイツ人のMicki Kozuschekが、2007年にアメリカで立ち上げた自転車アクセサリブランドです。

「Engineered Design(設計されたデザイン)」をテーマに、コンピューター制御による機械加工技術CNC(Computer Numerical Control Machining)を用いたレザインの自転車ツールは、磨き上げられた美しさが特徴です。

LEZYNE LITE DRIVE 800XL

レザインは自転車ライトを2011年から製造しており、ルーメン出力を測定するための装置や自転車用ライトに最適化されたライトを独自開発しています。

LEZYNE MEGA XL GPS 2

また、2015年からレザインはGPSサイクルコンピュータも開発しており、ツールドフランスのプロチーム「ロット・スーダル」などにスポンサードしています。

スタイリッシュかつ強力なフロントライト「Hecto Drive(ヘクトドライブ)」やスマホと連動するリアライト「KTV」などがあります。

他にも、フロアポンプ、インフレーター、ベルなど各種ツールがあります。台湾生産でコスト管理もされており、デザインと品質に優れるオシャレなツールが欲しい人にレザインは特におすすめです。

KNOG - ノグ 自転車ライト|オーストラリア

knog light

Knog(ノグ)は、携帯電話のデザインをしていたロンドン出身のデザイナーHugo Davidsonが、1989年にオーストラリア・メルボルンで立ち上げた自転車ライトメーカーです。

「SAFETY IN STYLE」をテーマに、優れた性能ながらスタイリッシュでかっこいいデザインで、ファッションに馴染む自転車アクセサリを開発しています。

knog oi bell

クラシックな自転車ベル「Oi CLASSIC BELL(オイベル)」やオシャレなLEDフラッシュライト「Blinder(ブラインダー)」が人気です。

Sponsored link

CATEYE - キャットアイ 自転車ライト|日本

キャットアイ 自転車ライト

株式会社キャットアイは、世界シェア50%近いシェア(*2020年現在)をもつ1946年(*1989年に津山製作所から社名変更)に創業した日本の自転車ライトメーカーです。

自転車の反射板やパーツの金型生産からはじまり、「安全・健康・環境」に新しい価値をつくることをテーマに、GPSサイクルコンピュータ世界最高水準の反射性をもつリフレクター、白色LED が持つ力を最大限に引き出す技術「オプティキューブテクノロジー」を搭載した明るいフロントライトの開発など、キャットアイは日本が世界に誇る自転車用品メーカーなのです。

大人気のコスパ抜群ライト「VOLT400(ボルト400)」、加速度センサーで減速をつたえる「RAPIDX KINETIC(ラピッドエックス キネティック)」、貴重な乾電池ライト「KEEN(キーン)」があります。

Gaciron - ガシロン ライト|中国

ガシロン ライト

Gaciron(ガシロン) は、2012年に設立された中国深センのハイテクノロジーな自転車ライトメーカーです。

デザインから生産まで自社生産されたガシロンの自転車ライトは、低価格ながら明るく完成度が高いと評判で、世界中のサイクリストに使用されています。

ガシロン 自転車ライト V9C800

日本ではGaciron Japanが1年間の製品保証をつけており、コスパも良いと人気が高まっている注目のライトメーカーです。

400ルーメンのベストセラーモデル「V9CP400」1,800ルーメンのガシロンで一番明るい最強ライト「V9D1800」があります。

ADEPT - アデプト 自転車ライト|日本

ADEPT MUTE 100

ADEPT(アデプト)は、TAIOGA・CENTURION・DT SWISS・ERGONも扱う神戸の大手自転車問屋マルイが、2016年にスタートさせた自転車ツールブランドです。

ADEPTの「MUTE 100」は、ブレーキ台座やサドルにつける斬新なデザインが人気の自転車ライトです。

CNCの削り出しアルミで、ハンドルやシートポストにライトがないスタイリッシュなスタイルが作れます。

GENTOS - ジェントス 自転車ライト|日本

GENTOS AX 1000R

GENTOS(ジェントス)は、1978年に設立された日本の自転車ライトメーカーです。

ANSI FL1に準拠し、ルーメン(明るさの量)・カンデラ(光度)・落下耐久性度・防水性のスペックをテストして明記しているほか、時速ごとにおすすめモデルがあったりと、信頼度の高さが特徴です。

gentos light

ほかにも、過充電や過放電を防ぐ保護回路など、ライトととしての安全性も高いです。

センサーでハイビームを自動切り替えする「Fangシリーズ」乾電池(充電地)モデルの「BLシリーズ」高性能な「AXシリーズ」など、秀逸な自転車ライトが揃います。

Blackburn - ブラックバーン 自転車ライト |アメリカ

Blackburn Lights

Blackburnは工業デザイナーのジム・ブラックバーンが1975年にバイクラックの製造から始めたアメリカの自転車ライトメーカーです。

アドベンチャーライドで使えるほど明るくて耐久性の高い自転車ライトであることがブラックバーンの特徴で、グラベルロードやマウンテンバイクにもおすすめです。

LIGHT&MOTION - ライトアンドモーション|アメリカ

ライトアンドモーション

LIGHT&MOTION(ライトアンドモーション)は、1989年に設立されたアメリカの自転車メーカーです。ライトアンドモーションはダイビング用の潜水ライトで高い評判を得ており、高い防水防塵性能をもっています。

アメリカのライトの厳しい品質規格「FL1」をクリアしており、耐衝撃性に優れ、横方向からの視認性をアピールするサイドマーカーなど使い勝手も計算されています。

fabric - ファブリック 自転車ライト|イギリス

fabric

fabric(ファブリック)は、2015年にCharge Bikes(チャージバイクス)のデザイナーニック・ラーセンが2015年に立ち上げたオシャレなイギリスの自転車アクセサリブランドです。

ファブリックは、低コスト×機能性をテーマに、デザイン性に優れたライト・ツール・サドルを発売しています。

SERFAS - サーファス 自転車ライト|アメリカ

serfas light

サーファス(SERFAS)は、サイクリング好きの夫婦レイ・カイパーとドミノ・カイパーが、1993年にカリフォルニアで立ち上げたアメリカの自転車アクセサリブランドで、アメリカの自転車屋さんの90%がサーフェスのプロダクトを扱うほどシェアをもっています。

サーファスは、異なる2種類の素材でできたサドル(デュアルデンシティテクノロジー)でも有名です。

cliq - クリック アラートリアライト|韓国

ソウル大学の博士たちが立ち上げたHAUTEWORKが2017年に発表した、盗難防止アラートライト「cliq(クリック)」は、スマホと連動するスマートライトとして新しい分野を開拓する注目のベンチャー企業です。

自転車ライトメーカーまとめ

garmin light Varia UT800

ほかにも、2万円近い高額ですが、GARMIN(ガーミン)のサイコンEdgeシリーズと連動し、光量も自動調節されるスマートライト「Varia UT800(バリア)」などもあります。

夕方や夜間に自転車に乗る人は、ぜひこの機会にお気に入りの自転車ライトブランドを探してみてください。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう