Sponsored link

INDEX

GT TRANSEO SPORT|ジーティー トランセオ

GT TRANSEO SPORT 2019

さらに面白いクロスバイクが、MTBに強みをもつアメリカの自転車ブランドGTの「トランセオ スポーツ」です。

クロスバイクとフラットバーロードが融合した40CグラベルロードのGT「トランセオ」は、サスペンションフォークにメカニカルディスクブレーキを装備&コンポにシマノAcera(アセラ)を装備しながら実勢価格5万円以下と、高いコスパを誇ります。

40cの極太タイヤを使用することによりオンロードの高速走行と砂利道などの悪路走行を両立し、アップライトなジオメトリがリラックスした姿勢のサイクリングを演出してくれます。

変速も親指と人差し指レバーで簡単にギヤ変速ができる「EZファイアーシフターシステム」を採用しています。タイヤが太いのでダート(砂利道や獣道)を多く走る人におすすめのクロスバイクです。

実勢価格
5万円以下
素材
アルミフレーム&アルミフォーク
メインコンポ
シマノAcera(アセラ)・Tourney(ターニー)MIX
ギア
24速(3X8速)
ギア比
48/38/28T-12/32T
タイヤ
700x40c Innova LandTracker
重量
-kg

 

Khodaa Bloom RAIL 700 コーダブルーム クロスバイク レイル700

Khodaa Bloom RAIL700

今勢いのある日本ブランドKhodaa Bloom(コーダブルーム)の「レイル700」は、クラス最軽量9.4kg・回転性能の高いNOVATEC社製ハブ・スムースウェルディングで塗装の綺麗なフレームで【5万円台】というコスパの高さが魅力の軽量クロスバイクです。

汚れを防ぐチェーンカバーで雨にも強く、ベル・ライト・スタンドも標準装備しているので、買ったらすぐに通勤通学で役立つこと間違いなしの初心者におすすめなクロスバイクです。

実勢価格
5万円台
素材
アルミフレーム(AL6011 EAST-L)&アルミフォーク
メインコンポ
シマノAltus(アルタス)
ギア
24速(3X8速)
ギア比
48/36/26T-11/30T
タイヤ
MAXXIS Detonator 700×28C
重量
9.7kg

BRIDGESTONE CYLVA F24|ブリヂストングリーンレーベル シルヴァF24

cylva-f24-2017

ロードバイクのアンカーでお馴染みの日本ブランドブリジストン。ユナイテッドアローズばりのオシャレ感漂うブリヂストングリーンレーベルはストリートを意識した街乗りスポーツ自転車ブランドです。

シルヴァは、5万円以下でエルゴノミックサドルにリヤブレーキワイヤー内蔵のアルミフレーム、パンクガード付の32Cセミブロックタイヤにシマノアルタスをメインコンポに使用しているので初心者にも安心の仕様。

bridgestone-greenlabel-cylva-f24

特に、ライト・ワイヤーロック・スタンドが付属し、前かご・荷台・泥除けも純正オプションをつけられる実用性の高さで、お買い物にも気軽に使える頑丈なクロスバイクとなっています。

実勢価格
4万円台
素材
アルミフレーム&スチールフォーク
メインコンポ
シマノアルタス
ギア
3X8 24速
タイヤ
BRIDGESTONE LIBERQ セミブロックタイヤ 700×32C
重量
12.5kg

Tern Clutch ターン クラッチ クロスバイク

Clutch crossbike crossbike

ファッショナブルなミニベロや折りたたみ自転車からスポーツ自転車をおくりだしているTern(ターン)。ストリートな「クラッチ」はセミエアロなアルミフレーム、ムダを削ぎ落としたフロントシングルギアと11-32Tの大きな8速リアギア、取り回しのよい650cの小さめホイールで、街から坂までオールラウンドに走れるスタイリッシュなアーバンクロスバイクです。

チェ一ン脱落防止のチェ一ンウォッチャーも標準搭載しているので、クロスバイク初心者でも安心ですね。

Tern Clutch crossbike

実勢価格
4万円台
素材
アルミフレーム&ハイテンフォーク
メインコンポ
シマノAltus(アルタス)
ギア
8速(1X8速)
ギア比
11-32T
タイヤ
Kitt Custom Comfort, 650×28c / 700×28c
重量
10.2kg

ROCKBIKES PRIDE phase3  ロックバイクス プライド フェーズ3

ROCKBIKES PRIDE phase3 1

2012年に創業した新進気鋭の日本の自転車ブランド「ROCKBIKES」。

A6061アルミフレーム、28Cタイヤ、ブルホーンハンドル、フロントシングル、車体重量9kg前半の軽量性、コンポに10速シマノディオーレを搭載して価格は驚異の9万円台!

ROCKBIKES PRIDE phase3 2

既存のスポーツバイクの枠にとらわれず、ロードバイクともクロスバイクともいえない機能美を追求したストリートバイクです。

まとめ|価格別おすすめクロスバイク

GIOS MISTRAL 2019

人気メーカーのコスパが良いクロスバイクをみてきました。近年クロスバイクは軽量化が進み、オンロード向きのいわゆるフラットバーロードに近いモデルが増えて値段も高騰しているように感じます。

しかし、あまりにも値段が高いと盗難が心配になって気軽に使えるクロスバイクのメリットが減ってしまいますし、オフロードを走る楽しみもなくなってしまいます。

ちなみに、あえて一押しクロスバイクを選ぶとすれば、4万円台で一番コスパが良い「GIOS ミストラル」でしょうか。

ロードバイクの領域とクロスバイクの領域を上手く見極めて、お気に入りの1台を選べるといいですね。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう