DE ROSA(デローザ)のロードバイク2021年モデルには、人気カーボンロード「IDOL(アイドル)」、ツールドフランスでプロロードレーサーも愛用する美しいエアロロード「ピニンファリーナSK」軽量ディスクロード「 MERAK(メラク)」、メタルバイクの「チタニオ」やアルフィーネとベルトドライブを搭載したクロスバイク「Metamolphosis(メタモルフォシス)」がラインナップします。

今回は、美しいデザインと職人こだわりのフレーム作りの歴史がある、イタリアの人気自転車メーカー「デローザ」の最新おすすめロードバイクをまとめます。

Sponsored link

デローザとは

DE ROSA 2021
DE ROSA(デローザ)は、ウーゴ・デローザが1953年ミラノで創業した歴史あるイタリアの自転車ブランドです。

正式名称はUgo De Rosa & Figli (ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ)。2016年現在82歳のウーゴは現役を退いたものの後輩職人の指導にあたり、息子クリスティアーノがデローザの経営を担当しながら、デローザのフレーム職人たちが丹精込めた自転車作りをしていいます。

自転車に対するPASSIONE(情熱)を表現したロゴマークのハートは、可愛さとかっこよさが融合して男女ともに人気の高いブランドです。

デローザと自転車レース

DE ROSA RACE 2021
デローザは1960年代に国境を渡り、多くのアマチュアやプロレーサーに使われ始め、リック・ファン・ローイによって世界選手権で勝利を収めました。

ツールドフランス2020では、フランスのUCIワールドチーム「Cofidis(コフィディス)」に「MERAK(メラク) 」と「SK Pininfarina(SKピニンファリーナ)」のフレーム提供を行っていて、オリンピック金メダリストのイタリア人スプリンター エリア・ヴィヴィアーニ(Elia Viviani)といったトップロードレーサーに使用されました。

デローザのフレーム作りへのこだわり

DE ROSA BLACK LABEL 2021
デローザのフラッグシップレーサーモデルのフレームは、その時代毎に最先端の素材を採用していました。スチール、チタン、アルミ、カーボンをロードレースの分野に投入してきました。しかし他のメーカーと異なるのは、第一線で使われなくなった素材であっても研究と熟成を続け、それぞれのモデルをラインナップし続けている点です。

デローザは創業以来のメタルチューブフレームに誇りとこだわりを持っていました。デローザはマスプロダクションでなく多くの部分を職人によるハンドメイドを続けているために現在でも素材毎に生産し続けることが可能なのです。レースでポディウムを争う戦いをしていたからこそ、その素材毎の長所を深く理解してます。そのため、ただ速いだけではなくて味のあるフィーリングのこだわったバイク作りを続けています。

デローザ ロードバイクの選び方

デローザの2021年モデルのラインナップは、レースで勝つ速さを極めたカーボンバイクシリーズと、伝統のメタルバイクシリーズがあり、それに近年新しいラインとしてスポーツユーティリティが加わりました。

カーボンバイクはディスクブレーキなどのハイテク装備に空力を追求したデザインなど最先端を進む一方、メタルバイクは他メーカーではすでに作っていない伝統の素材を職人が組み上げたこだわりのロードバイクをラインナップしています。

奥深いストーリーのあるデローザのバイクの種類は次の通りです。

ラインナップ

  • カーボンバイク
    • IDOL(アイドル):ミドルグレードロードレーサー
    • SK:美しいデザインのエアロバイク
    • MERAK(メラク):ハイエンドディスクロードレーサー
    • PROTOS(プロトス):軽量オールラウンドレーサー
    • KING(キング):カスタムメイドロード
  • メタルバイク
    • TINANIO SOLO(チタニオ ソロ):ハイエンドチタンロード
    • TINANIO 3/2.5:伝統のチタンロード
    • Rabo(ラボ):ブランドの始まりのロードバイク
    • ANIMA(アニマ):最先端のチタンバイク
    • NUOVO CLASSICO(ヌオーヴォ クラシコ):落ち着いたメタルバイク
    • CORUM(コラム):究極のスチールバイク
    • NeoPrimato(ネオ プリマト):永遠のフラッグシップスチールバイク
    • RAGA(ラガ):アルミキッズロード
  • スポーツ
    • Metamolphosis (メタモルフォシス):新しいスタイルのクロスバイク

と多岐にわたります。その中でデローザのこだわりが反映されたおすすめモデルを見ていきます。

IDOL - アイドル|デローザ ロードバイク

DE ROSA IDOL 2021 image
デローザの「IDOL」はミドルレンジカーボンロードバイクです。ディスクブレーキを装備した最新鋭の仕様です。初代「IDOL」はプロ用機材として採用されるなど、高い走行性能を持っています。弓なりのトップチューブが美しく、フレームの随所に凝った造形がなされています。

攻めたデザインがなされていますが、クセのない乗り味で初心者からベテランまで安心して乗れるバランスの良さを持っており、走る・曲がる・止まるを極めたロードバイクです。

DE ROSA IDOL DISC 105

Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5001 milliseconds with 0 out of -1 bytes received
Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5001 milliseconds with 0 out of -1 bytes received

SK | デローザ エアロロード

DE ROSA SK 2021 image
デローザ「SK」は美しいエアロロードバイクです。スーパーカーなどのデザインで有名なピニンファリーナ社のとのコラボレーションにより、美しくあることと、空力性能を両立することをコンセプトに開発されました。

サイズごとにディティールのバランスが変わらないように緻密なデザインがなされていて、見たこともないような美しいエアロロードが欲しい方におすすめです。

ハイテクカーボンフレームにディスクブレーキ、コンポーネントはアルテグラに装備しており、速さや乗りやすやにおいても妥協はないロードバイクです。

DE ROSA SK DISC ULTEGRA

Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5001 milliseconds with 0 out of -1 bytes received
Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5001 milliseconds with 0 out of -1 bytes received

MERAK - メラク|デローザ 軽量ディスクロード

DEROSA MERAK 2021 image
デローザの「MERAK」は軽量オールラウンダーロードバイクです。2000年代、デローザで世界選手権優勝を果たしたラトビア人レーサー「ロマンス・ヴァインシュタインス」モデルのリバイバル版です。

初代はアルミチューブのフレームでしたが、新モデルは最新のカーボンフレームです。「SK」とともにチーム Cofidisに供給されており、UCIワールドツアーなど世界の第一線で活躍するレーシングロードバイクです。

コンポーネントはカンパニョーロのCHORUSで、11速変速のコンポーネントが多い中で先進的なリア12速を備えています。

DE ROSA MERAK DISC Chorus

Error requesting data: cURL error 28: Operation timed out after 5001 milliseconds with 0 out of -1 bytes received
Error requesting data: cURL error 28: Resolving timed out after 5514 milliseconds

PROTOS - プロトス|軽量オールラウンダー

DE ROSA PROTOS 2020 image
デローザの「PROTOS」はレースシーンおいて強い存在感を持ったロードバイクです。2019年のジロ・デ・イタリアで初山翔選手が活躍するなど、クライマーが使うロードレーサーです。

レーシングバイクとして理想的な軽量化をしており、高い剛性のカーボンフレームを持っているので、鋭い加速と反応性があります。平地から峠までステージをステージを選ばないオールラウンダーバイクです。

ディスクブレーキや、ブレーキのフラットマウント化など選手がレースに集中できる信頼性を持っています。1953年以来のデローザのフレーム作りのノウハウが活かされた、ハイエンドな一台です。

DE ROSA PROTOS *Frame

スペック
モデル
DE ROSA PROTOS *Frame
実勢価格約70万円
フレーム素材カーボン
フォーク素材カーボン
重量920g(フレーム)

KING - キング

DE ROSA KING DISC 2020 image
デローザの「KING」は、乗り手に合わせたカスタムオーダーができるロードバイクです。カーボンモノコックのロードバイクでのデメリットは、金型で製作するため幅広いサイズに対応できない点です。

このフレームを製作するのは、レーシングバイク初代「IDOL」を手がけたGiovanni Cristianoただ一人です。デローザのクラフトマンシップの賜物であるカスタムオーダーは、世界に一つだけのハイエンドでこだわりの強いレーシングバイクを手に入れることを可能にしています。

DE ROSA KING *Frame

DE ROSA KING DISC 2020
スペック
モデル
DE ROSA KING *Frame
実勢価格90万円
フレーム素材カーボン
フォーク素材カーボン

TINANIO SOLO - チタニオソロ|デローザ チタンバイク

DE ROSA TITANIO SOLO 2021 image
デローザの「TINANIO SOLO」は、レーシングモデルとして生を受けたチタンフレームロードバイクです。その精度は職人の熟練によって生み出されているスペシャルなチタンフレームを採用しています。

現行の「TITANIO 3/2.5」と異なるキャラクターを持っており、そのチタンフレームは密度感に溢れるペダルフィーリングを実現しています。高負荷・高速域においてその力を発揮します。

DE ROSAフレーム Rakuten

DE ROSA TINANIO SOLO *Frame

DE ROSA TITANIO SOLO 2020
スペック
モデル
DE ROSA TINANIO SOLO *Frame
実勢価格約90万円
フレーム素材チタン
フォーク素材チタン
重量1400g(フレーム)

NeoPrimato - ネオプリマト|デローザ スチールバイク

DE ROSA NEO PRIMATO 2021 image
デローザの「Neo Primato」は、スチールフレームのロードバイクです。このフレームの設計は半世紀前のプロライダーのために作られたものをベースにしており、デローザはこれを「永遠のフラグシップモデル」と呼んでいます。

カーボンと比べると重いスチールですが、このフレームは意のままに操れる乗り心地を持っています。まさにカーボンと比較することがナンセンスなほどのフィーリングを持ったデローザを象徴するロードバイクです。

DE ROSAフレーム Rakuten

DE ROSA NeoPrimato *Frame

DE ROSA NEO PRIMATO 2020
スペック
モデル
DE ROSA NeoPrimato *Frame
実勢価格約30万円
フレーム素材スチール
フォーク素材スチール
重量1700g(フレーム)600g(フォーク)

Metamolphosis - メタモルフォシス|デローザ クロスバイク

DE ROSA METAMORPHOSIS 2020
デローザの「Metamolphosis」は、ピニンファリーナデザインのクロスバイクです。ロードともシティバイクと違ったコンセプトを持ち、デローザはこれをスポーツユーティリティバイクと呼んでいます。

フレームはピニンファリーナの美しいデザインのもと、新しいジャンルのバイクにふさわしい主張がなされいています。コンポーネントにシマノ・アルフィーネとベルトドライブと、一風変わっています。他のクロスバイクとは比較にならない独特の世界観を持った自転車です。

ほかと被らないクロスバイクが欲しい方におすすめです。

DE ROSA Metamolphosis DISC SPORT

DE ROSA METAMOLPHOSIS 2020
スペック
モデル
DE ROSA Metamolphosis DISC SPORT
実勢価格約70万円
フレーム素材カーボン
フォーク素材カーボン
コンポアルフィーネ
リアギアCS-S500 8speed
フロントギアFC-S501
ブレーキBR-S700 油圧ディスクブレーキ
シフターST-R785 8speed
Sponsored link

まとめ

デローザのロードバイクはハイエンドなモデルが多いですが、その中でも比較的手頃でおすすめなのは「IDOL」です。凝った作りと高性能なフレームで約43万円というのは魅力的です。また将来的にコンポーネントをアップグレードするのもいいでしょう。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう