電動アシスト自転車おすすめ4厳選2019ランキング【子供乗せ】

おすすめ電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、ママチャリにはないバッテリーによるアシスト力で、子供乗せや急な坂道、買い物の重い荷物を積んでも楽に走れて、家族生活の質を上げるメリットがあります。

この記事では、2019年-2020年の最新モデルから、人気メーカーのおしゃれなでコスパの良いおすすめ電動アシスト自転車をまとめてランキングします。

※Eバイク(スポーツタイプ電動アシスト自転車)や折りたたみの電動シティサイクルはこちら↓

電動アシスト自転車6つのメリット

ebike-matome-2019-150x150

電動アシスト自転車がおすすめの主な理由は以下の6点です。

  • チャイルドシートも安定して安全
  • 汗をかかないので化粧や髪型が乱れにくい
  • 重い荷物を積んでも楽
  • 坂でも疲れない
  • 遠くまで行けて子供もアクディブになる
  • ストレスが減ってママの精神が安定する
  • 電動アシスト自転車の購入補助金・助成金制度がある

というように、メインで乗る子育て中のママだけでなく、パパや子供も間接的に電動アシスト自転車の恩恵を受けることができます。

市や区によって数万円の補助金がある場合もあるので、それぞれの自治体に問い合わせてみてましょう。

電動アシスト自転車のスピードや法律

日本の電動アシスト自転車は道路交通法により、時速25kmで電動アシストがなくなる設定になっています。ヘルメット着用の義務はありませんが、時速25kmは想像以上に速いスピードなので、歩道でトップスピードをだすと事故や怪我の原因となります。

乗り慣れていないママさんは、自転車保険には入っておきましょう。

前乗せ・後ろ乗せどっち?

ebike-matome-2019-150x150

子供乗せ電動アシスト自転車には、前乗せ後ろ乗せのモデルがあります。

お子さんの体型や好みで変わりますが、結論から言うと、「後ろ乗せタイプ」は走行も安定する&1才〜6才と幅広く長い期間使えるため、安全面や経済的にも「後ろ乗せ」がおすすめです。

電動アシスト自転車の選び方や比較ポイント

  • バッテリー容量・連続走行距離
  • 重量・大きさ・タイヤサイズ
  • 純正チャイルドシートの機能
  • BAAマークや安全性能
  • メーカー独自の便利機能

以上の4点を踏まえて、相場感・価格・スペックを比較しておすすめの電動アシスト自転車をみていきます。

BRIDGESTONE bikke MOB dd ブリヂストン 電動アシスト自転車 ビッケモブdd

ebike-matome-2019-150x150

日本の自転車メーカー・ブリヂストンの子供乗せ電動アシスト自転車「ビッケ モブ dd」は、U型フレームを採用したシリーズ1またぎやすい大人気のコンパクトモデルです。

エコモードで最大115kmの連続走行、液晶ディスプレイからワンタッチで3段変速が可能、また、下り坂やブレーキ時に回復充電される「走りながら自動充電」は、4日走行で1日分程度が自動充電されるという驚きの独自機能があります。

ebike-matome-2019-150x150

JIS耐久疲労テストに合格した頑丈なアルミフレームと、軽くブレーキレバーを握るだけで減速する前輪ハブの「モーターブレーキ」で、安全性能も高い自転車になっています。

ebike-matome-2019-150x150

メンテナンス不要のベルトドライブ、男性が使っても馴染むオシャレなカラーとデザインなので夫婦での共用がしやすいです。クッション標準装備の「リヤチャイルドシート」は、駐輪場でぶつかりにくいコンパクトな設計と、バランスがとれたおすすめの電動アシスト自転車です。

ブリヂストン ビッケモブddのスペック

ebike-matome-2019-150x150

タイプ
電動アシスト自転車(後ろ乗せ)
実勢価格
約13万円
連続走行距離
エコモード:115km、オートモード:80km、パワーモード:50km
充電時間
約4時間
ホイールサイズ
前24インチ、後20インチ
重量
33.4kg
車体サイズ
全長1,810㎜-幅580㎜
適正身長
142cm~,最大3人乗り
バッテリー
14.3Ah+走りながら充電361Wh


ebike-matome-2019-150x150

ちなみに、「ビッケグリ」と「ビッケモブ」の違いは、↑のようにフレーム形状が異ります。デザインがよほど好きではな限り、跨ぎやすくパパ&ママが兼用しやすい「ビッケモブ」のほうがおすすめです。

ebike-matome-2019-150x150

走行機能やアシスト機能は「ビッケモブ」に劣りますが、前乗せの電動アシスト自転車を選ぶなら、20インチと小径でサドルが低くチャイルドシートも広い「ビッケポーラーe」がおすすめです。

買い物向けのおしゃれ電動アシスト自転車なら「フロンティア リラクシー」

ebike-matome-2019-150x150

買い物自転車なら、チャイルドシートの取り外しができ、エコモードで98km・「走りながら充電」・ナチュラルなタイヤカラーまでおしゃれなママチャリタイプの電動アシスト自転車「フロンティアリラクシー」もおすすめです。

他とかぶらないスタイリッシュな電動アシスト自転車「ハイディ ツー」

ebike-matome-2019-150x150

雑誌VERYとコラボしたオシャレ26インチ電動アシスト自転車「HYDEE2(ハイディツー)」も要チェックです。

ebike-matome-2019-150x150

使えうるアシスト機能は「ビッケモブdd」と同じながら、ハンドル形状・大きなホイールなどスポーツクルーザースタイルで、機能性とデザインを両立した電動自転車として、被りたくない人におすすめです。

Panasonic ギュットアニーズDX パナソニック電動アシスト自転車

ebike-matome-2019-150x150

パナソニックの子供乗せ電動アシスト自転車「ギュットシリーズ」で一番コスパが良いのが「アニーズDX」です。※アニーズやクルームの比較は後で。

ebike-matome-2019-150x150

またぎやすいワイヤー内蔵の低床フレーム・オシャレなカラバリ・バッテリー残量表示がわかる液晶スイッチ・
耐久性があり安定するアシスト力などで「ビッケモブdd」と人気を争う電動アシスト自転車「ギュット アニーズDX」ですが、一番の特徴は高機能なチャイルドシートです。

ebike-matome-2019-150x150

「アニーズDX」のチャイルドシートには、開閉式で乗せ降ろししやすいグリップバーと、ワンタッチで着脱調整できるシートベルト肩パッドがついた5点止めで子供をしっかりホールドしてくれる安定感があります。

パナソニック ギュットアニーズDXのスペック

ebike-matome-2019-150x150

タイプ
電動アシスト自転車(後ろ乗せ)
実勢価格
13万円台
連続走行距離
ロングモード:80km、オートモード:60km、パワーモード:50km
充電時間
約5時間
ホイールサイズ
前後20インチ
重量
34.0kg
車体サイズ
全長1,785mm-幅580㎜
適正身長
142cm~,最大3人乗り
バッテリー
16Ah/404Wh

ギュットアニーズEXとDXとSXの違い

ebike-matome-2019-150x150

後ろ乗せのアニーズと前乗せのクルームがあり、アニーズのグレードは次の通りになり、大きな違いはラクイック機能の有無・バッテリー容量(アシスト距離)の違いになります。

アニーズEX
最上位モデル。ラクイック機能◯
アニーズDX
中間モデル。ラクイック機能×
アニーズSX
最安モデル。ラクイック機能×、走行距離20km減。

ebike-matome-2019-150x150

ラクイック機能とは、キーをカバンに入れたままでも、電源ONと後輪サークル錠のロック解除を自動で行い、ハンズフリーで走り出せる超便利機能です。車でいうキーレスを自転車で実現してイメージです。

ラクイック機能がある「アニーズEX」は、DXに比べて1.5万円以上高価になります。これが便利だと感じるなら「アニーズEX」をおすすめします。逆に、「アニーズSX」はロングモードが60kmとかなり減るのに5000円安いだけとコスパが悪いのでおすすめできません。

ebike-matome-2019-150x150

前乗せ電動アシスト自転車なら「ギュット・クルームDX」または、ラクイック機能がある「ギュット・クルームEX」がおすすめです。


YAMAHA PAS Babby un SP ヤマハ 電動アシスト自転車 パス バビーアンSP

ebike-matome-2019-150x150

「ビッケモブ」や「アニーズDX」より軽くてコンパクトなのがヤマハの「パス バビーアンSP」です。こちらも、「抱きしめて包み込むチャイルドシート」として最新モデルでは改良されています。

ebike-matome-2019-150x150

  • 270°包み込み成長に合わせて可動できるヘッドレスト
  • ワンタッチで調整できる自動巻き取り式シートベルト
  • すれ違い接触から足を守るフットレスト
  • 駐輪場で邪魔にならない折りたたみ機能

ebike-matome-2019-150x150

23ℓに容量アップしたフロントバスケットも便利です。ちなみに、バッテリー容量が減り軽量になった下位モデルの「バービアン」ですが、ペットボトル1本分の違いしかないので、フラッグシップモデルの「パスバービアンSP」をおすすめします。

ヤマハ パスバービアンSPのスペック

ebike-matome-2019-150x150

タイプ
電動アシスト自転車(後ろ乗せ)
実勢価格
13万円台
連続走行距離
エコモード:75km、スマートパワーモード:58km、強モード:51km
充電時間
約4時間
ホイールサイズ
前後20インチ
重量
32.7kg
車体サイズ
全長1,765mm-幅580㎜
適正身長
142cm~,最大3人乗り
バッテリー
15.4Ah

ebike-matome-2019-150x150

ヤマハで子供前乗せの電動アシスト自転車なら、「繭型(まゆがた)チャイルドシート」が特徴の「パス キスミニアンSP(PAS Kiss mini un SP)」がおすすめです。

ebike-matome-2019-150x150

子供乗せできるおすすめ電動アシスト自転車まとめ

ebike-matome-2019-150x150

各メーカーの電動アシスト自転車をみてきましたが、連続走行時間の長さ・アシスト機能・デザインからブリヂストンの「ビッケモブdd」がコスパがよくおすすめです。

電動アシスト自転車は、ただ楽をするだけでなく、疲れないメリットから他の活動に時間や集中力を使えるようになり、家族みんなが幸せになれる素晴らしいツールです。

全てのタイプを在庫していない店舗も多いため、購入はポイントで15%~20%安くなるネット通販でお気に入りの1台を選びましょう!

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する