cannondale(キャノンデール)の2021年モデルは、新設計されたエントリーモデルの軽量アルミロード「CAAD13(キャド)」や最速エアロロード「SystemSix(システムシックス)」、片持ち最新フォーク「Lefty Oliver」を搭載した「Topstone Carbon」などがライナップします。

ここでは、カラーリングが美しい人気自転車メーカー・キャノンデールの最新おすすめロードバイクをまとめます。

Sponsored link

cannondalei(キャノンデール)とは?

キャノンデール ロゴ

cannondale(キャノンデール)は、1971年に創業したアメリカの自転車メーカーです。「アルミフレーム=キャノンデール」というくらいアルミが得意なメーカーで、ロードバイクだけでなく、マウンテンバイクも有名でヘルメットなどのアクセサリー類も豊富にラインナップしています。

ブランド名の由来は、創業時のオフィスの向かい側「キャノンデール駅」があったから。創業初期から卸売業者を介さない販売方法をとっており、高い技術を持つプロショップのみでの販売を行い、ユーザーのロイヤリティを高め続けています。

キャノンデールとロードレース

cannondale sagan

キャノンデールは、グランツールでも「EFエデュケーションファースト・プロサイクリング」に機材提供をしていて、ツール・ド・フランスでは若き日のペテル・サガンがキャノンデールのロードバイクでグリーンジャージ(スプリント賞)を獲得しまくってたのが印象深いです。

ガーミンと共同開発のホイールセンサー

Cannondale Garmin

ホイールセンサーは、位置情報技術の世界的メーカーであるガーミンと共同開発されたものです。センサーとキャノンデールオリジナルアプリが連携して、アプリ内でバイクの情報が確認できます。アプリがサイクルコンピュータとしての役割を果たし、速度や走行距離、走行時間、カロリー、そしてCO2削減量などを表示してくれる機能もあります。

キャノンデールロードバイクの選び方

まずは、キャノンデールのロードバイクの種類と特徴を把握しましょう。大きく分けると次の3つにカテゴライズされます。

  • レーシングロード
    • CAAD Optimo(キャドオプティモ)
    • CAAD13(キャド13)
    • SuperSix EVO(スーパーシックスエヴォ)
    • SystemSix(システムシックス)
  • エンデュランスロード
    • Synapse(シナプス)
  • グラベルロード/シクロクロス
    • Topstone(トップストーン)
    • CAADX(キャドエックス)
    • SuperX(スーパーエックス)

ほかにも、クロスバイク「Quick(クイック)」、マウンテンバイク「Trail(トレイル)」、電動ロードバイク「Synapse Neo(シナプスネオ)」、キッズバイクなどがあります。

Sponsored link

キャノンデールロードバイク【レース】

cannondale

キャノンデールのレーシングロードバイクには、通勤通学に最適なエントリーモデル「CAAD Optimo(キャドオプティモ)」、レースにも対応するアルミロードバイク「CAAD13(キャドサーティーン)」、世界最速のエアロロード「SystemSix(システムシックス)」、超軽量なヒルクライムモデル「SuperSix EVO(スーパーシックスエヴォ)」の4つのロードバイクがラインナップします。

CAAD Optimo (キャノンデール キャドオプティモ)

初心者向きのロードバイクとされる「CAAD Optimo」は、上位グレードの「CAAD13」とジオメトリーを同じくして高品質なC2アルミニウムが使用されながら、リーズナブルな価格に設定されているのが特徴です。

マットガード(泥除けフェンダー)が取り付けられるので、通勤通学にもおすすめなロードバイクです。

CAAD Optimo Sora

cannondale CAAD Optimo Sora

スペック
モデル
Cannondale CAAD Optimo Sora
実勢価格約11万円
フレーム素材 Aluminum
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset Sora
リアギアShimano HG50, 11-30, 9-speed
フロントギアFSA Vero alloy, 50/34
ブレーキPromax RC-452
シフターShimano Sora, 2x9
ホイールWheels 700c / RS 2.0, 24h front, 28h rear
タイヤVittoria Zaffiro, 700 x 25c
サドルCannondale Stage Ergo
ステムCannondale 4, 6061 alloy, 31.8, 7°
ハンドル6061 alloy, Compact
重量 20.9 lbs / 9.5 kg

「キャド オプティモ」には、価格の安い9速SORA(ソラ)のほかに、10速ティアグラ、11速105モデルがあります。

CAAD13(キャノンデール キャド13)

「CAAD13」は、究極のアルミレーシングバイクであり、並外れた運動性能と優れたハンドリング性能を楽しむことができるシリーズです。キャノンデール伝統のアルミ鍛造技術から生み出された、軽量で洗練されたアルミフレームが実現されています。

最大28㎜までの太めのタイヤを装着することも可能で、荒れた路面でもより快適に走行することが可能です。

CAAD13 105 キャリパーブレーキモデル

2021 Cannondale CAAD13 105

スペック
モデル
Cannondale CAAD13 105
実勢価格約19万円
フレーム素材 Aluminum
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset 105
リアギアShimano 105, 11-30, 11-speed
フロントギアCannondale 1, BB30a, FSA rings, 52/36
ブレーキShimano 105 direct mount
シフターShimano 105, 11-speed
ホイールWheels 700c / Fulcrum Racing 900 RB
タイヤVittoria Zaffiro Pro Slick, 700 x 25c
サドルPrologo Nago RS STN
ステムCannondale 3, 6061 Alloy, 31.8, 7°
ハンドルCannondale 3, 6061 alloy, Compact
重量-

「CAAD13」シリーズにはディスクモデルもあります。11速のDISC105、さらに上位機種の12速、Disc Force eTap AXSモデルがあります。

SuperSix EVO(キャノンデール スーパーシックスエヴォ)

「SuperSix EVO」は、軽量で滑らかな走り、そして超高速度へのチャレンジ可能なシリーズです。マイクロサスペンションによる効果により、ハイパフォーマンスな乗り心地を提供してくれます。

軽量な45㎜ホイールは太めのタイヤを装着していても、抵抗感なくペダルを前に進める駆動性をもたらしてくれます。

SuperSix EVO Carbon Disc 105

2021 Cannondale SuperSix EVO Carbon Disc 105

スペック
モデル
Cannondale SuperSix EVO Carbon Disc 105
実勢価格約28万円
フレーム素材 Carbon
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset 105
リアギアShimano 105, 11-30, 11-speed
フロントギアCannondale 1, BB30a, 52/36
ブレーキShimano 105 hydraulic disc, 160/160mm RT64 rotors
シフターShimano 105, 11-speed
ホイールWheels 700c / Cannondale RD 2.0 Disc, double wall w/ eyelet, 28h
タイヤVittoria Zaffiro Pro Slick, 700 x 25c
サドルPrologo Nago RS STN
ステムCannondale 3, 6061 Alloy, 31.8, 7°
ハンドルCannondale 3, 6061 alloy, Compact
重量-

SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura Ace Di2

2021 Cannondale SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura-Ace Di2

スペック
モデル
Cannondale SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura-Ace Di2
実勢価格約115万円
フレーム素材 Carbon
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset Dura-Ace Di2
リアギアShimano Dura-Ace, 11-30, 11-speed
フロントギアHollowGram SiSL2, BB30a, OPI SpideRing, 52/36
ブレーキShimano Dura Ace Di2 hydraulic disc, 160/140mm RT900 rotors
シフターShimano Dura-Ace Di2, 11-speed
ホイールWheels 700c Carbon / HollowGram 45 KNØT SL, Carbon, 20h front, 24h rear, 45mm deep, 21mm IW,
tubeless ready
タイヤVittoria Corsa, 700 x 25c
サドルPrologo Dimension Nack NDR, carbon rails
ステムHollowGram KNØT, Alloy w/ cable cover, -6°
ハンドルHollowGram SAVE SystemBar, Carbon, 8 deg. pitch adjust
重量-

「SuperSix EVO」シリーズには、こちらで紹介しましたShimano105タイプから、上位はHi-MOD DISC Dura-Aceまで、幅広いモデルがあるのが特徴です。

SystemSix(キャノンデール システムシックス)

「SystemSix」シリーズは、6つのパーツエリアが一体となって最速スピードを生み出せるような設計となっています。スプリント、ダウンヒル、ヒルクライムという様々なシチュエーションで力が発揮できます。

どのバイクよりも空気抵抗を抑えることが意識されていることから、エネルギーをセーブして楽に走ることができるエアロロードバイクです。

SystemSix Carbon Ultegra

SystemSix Carbon Ultegra

スペック
モデル
Cannondale SystemSix Carbon Ultegra
実勢価格約49万円
フレーム素材 Carbon
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset Ultegra
リアギアShimano 105, 11-30, 11-speed
フロントギアHollowGram, BB30a, OPI SpideRing, 52/36
ブレーキShimano Ultegra hydraulic disc, 160/140mm RT800 rotors
シフターShimano Ultegra, 11-speed
ホイールWheels 700c Carbon / Vision SC55, carbon clincher disc, tubeless ready
タイヤVittoria Rubino Pro Bright Black, 700 x 25c, reflective strip
サドルPrologo Dimension STN NDR, steel rails
ステムHollowGram KNØT, Alloy w/ cable cover, -17°
ハンドルHollowGram KNØT SystemBar, Carbon, 8 deg. pitch adjust
重量-

「SystemSix」シリーズには、一番リーズナブルなタイプでこのCarbon Ultegraになっています。高価格帯はHi-MOD Dura-Aceまで揃っている、乗り心地を徹底追及しています。また高機能追及だけあって、完成車だけではなくフレームのみの販売もあります。

キャノンデールロードバイク【エンデュランス】

キャノンデール エンデュランスロード

キャノンデールの長距離走行向けシリーズは、軽量で剛性に優れ、速く、快適なロードバイクとして「シナプス」シリーズがあります。激しいぺダリングや長時間の走行、双方でバランスの取れたフレーム設計が特徴的です。SAVEという振動吸収システムが、バイクと路面を上手くつなげ、長時間の快適走行の手助けをします。

Synapse(キャノンデール シナプス)

「Synapse」シリーズには、初心者でも手軽に長距離ライドに臨むことができる低価格帯の「Disc Sora」から、高価格帯の「Hi-MOD Red eTaps AXS」まで、幅広い選択肢があるシリーズです。

Synapse Disc 105

2021 Cannondale Synapse Disc 105

スペック
モデル
Cannondale Synapse Disc 105
実勢価格約19万円
フレーム素材 Aluminum
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset 105
リアギアShimano 105, 11-34, 11-speed
フロントギアFSA Gossamer alloy, BB30, 50/34
ブレーキTRP Spyre-C cable actuated disc, 160/160mm rotors
シフターShimano 105, 2x11
ホイールWheels 700c / RD 2.0, 28h
タイヤVittoria Zaffiro, 700 x 30c
サドルCannondale Stage Ergo
ステムCannondale 3, 6061 alloy, 31.8, 7°
ハンドルCannondale 3, 6061 alloy, Compact
重量 22.0 lbs / 10.0 kg

低価格帯に位置づけられる「Synapse Disc 105」は、アルミフレームと、フルカーボンフォークというバランス構成です。入門機として最適なShimano 105のディスクブレーキが採用されています。

Synapse Carbon Hi-MOD Disc Ultegra Di2

2021 Cannondale Synapse Carbon Hi-MOD Disc Ultegra Di2

スペック
モデル
Cannondale Synapse Carbon Hi-MOD Disc Ultegra Di2
実勢価格約73万円
フレーム素材 Carbon
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset GRX Di2, Ultegra Di2
リアギアShimano Ultegra, 11-34, 11-speed
フロントギアHollowGram, BB30a w/ OPI SpideRing, 50/34
ブレーキShimano Ultegra Di2 hydro disc, 160/140mm RT800 rotors
シフターShimano Ultegra Di2 hydro disc, 2x11
ホイールWheels 700c Carbon / HollowGram 45 SL KNØT, Carbon, 20h front, 24h rear, 45mm deep, 21mm ID,
tubeless ready
タイヤVittoria Corsa, 700 x 28c
サドルFabric Scoop Shallow Race, titanium rails
ステムAll-New HollowGram SAVE, alloy, -6°
ハンドルHollowGram SystemBar SAVE, Carbon, 8 deg. pitch adjust
重量 17.0 lbs / 7.7 kg

「Synapse」シリーズの高価格帯モデルとあって、非常に軽量化されています。プレミアムの高強度、高剛性のカーボンがそれを実現し、長距離ライドでも良い乗り心地を実現してくれる設計です。

キャノンデールロードバイク【グラベルロード/シクロクロス】

キャノンデール グラベルロード

キャノンデールのグランベルロード/シクロクロスは「Topstone」と「CAADX」シリーズがあります。とりわけ種類豊富な「Topstone」シリーズは、軽量のサスペンションがオンロードではスムーズな乗り心地を、そしてオフロードでは激しく乗りこなすことを実現してくれます。

リアステー、そしてシートチューブが柔軟であり、シッティング、 ダンシングの双方においても快適性が保てます。

Topstone(キャノンデール トップストーン)

「Topstone」シリーズは、高速のロードレーサータイプ、そして極めて快適なエンデュランスタイプ、さらに超軽量なフルサスペンションマウンテンバイクメリットを一つにまとめあげたグランベルロードです。荒れている路面でも走る楽しさを与えてくれるラインナップです。

Topstone Carbon 105

Topstone Carbon 105

スペック
モデル
Cannondale Topstone Carbon 105
実勢価格約29万円
フレーム素材 Carbon
フォーク素材 Carbon
コンポGroupset 105
リアギアShimano 105, 11-34, 11-speed
フロントギアCannondale 1, BB30a, FSA rings, 46/30
ブレーキShimano 105 hydro disc, 160/160mm RT30 rotors
シフターShimano 105 hydro disc, 2x11
ホイールWheels 700c / WTB ST i23 TCS, 28h, tubeless ready
タイヤWTB Riddler TCS Light, 700 x 37c, tubeless ready
サドルFabric Scoop Shallow Sport, steel rails
ステムCannondale 3, 6061 alloy, 31.8, 7°
ハンドルCannondale 3, butted 6061 alloy, 16 deg flare drop
重量 20.9 lbs / 9.5 kg

「Topstone」シリーズでは一番リーズナブルなモデルである105シリーズですが、激しく行動いても耐久性とスピードを兼ね備えるだけあって、フルカーボンモデルで30万円台からとなっています。

CAADX(キャノンデール キャドエックス)

「CAADX」シリーズは、キャノンデールのグラベルロードではリーズナブルとあって通勤用や普段使い、そして旅行用として、さらにセカンドバイクとしても非常に重宝されます。

そんな中でも荒れた路面で滑らかな乗り心地を提供してくれる、コスパ 抜群の使い勝手のよいシクロクロスバイクです。

CAADX2

CAADX2

スペック
モデル
Cannondale CAADX 2
実勢価格12万円台
フレーム素材 Aluminum
フォーク素材 Carbon
コンポ-
リアギアmicroSHIFT, 11-48T, 10-speed
フロントギアFSA Vero Pro, 40T
ブレーキPromax Decoder R cable-actuated disc, 160/160mm
シフターmicroSHIFT Advent X, 10-speed
ホイールWheels 700c / Cannondale CX 2.0 Disc, 28h
タイヤSchwalbe CX Comp, 700 x 35c, K-Guard
サドルCannondale Stage CX
ステムCannondale 3, 6061 Alloy, 31.8, 7°
ハンドルCannondale 3, 6061 alloy, Compact
重量-

「CAADX2」のメインコンポにはMTBでもおなじみの1×10速、microSHIFT Advent Xが採用されています。また兄弟車種の「CAADX105」には 2x11速のShimano 105 hydro discが投入されています。

キャノンデールのおすすめロードバイク【予算別】まとめ

キャノンデールのおすすめロードバイク(完成車)を価格別に選ぶなら以下になります。

  • 10万円のオールロード:「CAAD Optimo」「CAADX2」
  • 30万円以下のカーボンロード:「SuperSix EVO Carbon Disc 105」
  • 50万円以下のエアロロード:「SystemSix Carbon Ultegra」

遊び心あるレーシーなロードバイクが欲しい方は、ピナレロ同様価格は高いですが、実績抜群のブランド「キャノンデール」をみてみてはいかがでしょうか。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう