eバイク(E-Bike・イーバイク)とは、スポーツタイプの電動アシスト自転車の総称で、電動ロードバイクのヤマハYPJ-ERや電動クロスバイクのジェッター、トランスモバイリーやベネリの電動折りたたみ自転車、BESVの電動ミニベロまで、10万円以下からもコスパのよいおすすめの人気電動アシスト自転車をまとめて比較します。

INDEX

Sponsored link

電動アシスト自転車やeバイクの選び方

電動アシスト自転車やeバイク(e-Bike)には、用途によって大きく4種類に分けられます。

eバイクの比較表

種類 e-bike ミニベロ電動ミニベロ e-bike foldinbike電動折りたたみ自転車 e-bike roadbike電動ロードバイク e-bike cross bike電動クロスバイク/シティサイクル
用途 街乗り/通勤通学/買い物 輪行/街乗り/通勤/アウトドア スポーツ/ロングライド 通勤/買い物/長距離/グラベル

eバイク(電動スポーツ自転車)のメリット

ebike2019

eバイクやスポーツタイプの電動アシスト自転車のメリットは下記になります。

  • 坂を楽に上れる
  • 漕ぎ出しのスタートが超楽・超速
  • 速いのに疲れにくい
  • 通勤通学で汗をかきづらい
  • ロングライドが超ラクになる
  • 見た目がスタイリッシュ
  • ロードバイクよりパクられにくい
  • 軽量な電動自転車は取り回しやすい
  • 奥さんや年配の方など脚力の差がある人とサイクリングを楽しめる(特にヒルクライム)

逆にeバイクのデメリットは、価格が高価で重量が重いこと、バッテリー切れの心配があるなどが挙げられますが、原付よりも使いやすいことは間違いありません。

電動アシスト自転車の法律(道路交通法)

BROOKS carrera helmet 4

eバイクを含む電動アシスト自転車は日本の法律で規制されています。大きな特徴は時速25kmで電動アシストがなくなる点です。ヘルメット着用の義務はありませんが、時速25kmはだいぶ速いので着用をおすすめします。

eバイクの選び方

「V」は電圧、「Ah」はバッテリー容量を表し、数値が大きいほど走行距離が長くなる反面、重量は重くなります。「W」はモーターの出力を表し、数値が大きいほどパワーがあります。

eバイクはママチャリのようなシティサイクルの電動アシスト自転車に比べて、コンパクトで軽量な電動アシストユニットにより自然な走行感を味わえます。eバイクの電動アシストユニットは主に、「クランク一体型」とホイールに内蔵される「ハブ型」にわけられます。

電池が切れるとアシストは受けられませんが、ペダルで自走することは可能です。車体重量が軽いほど燃費もよく体の疲れも減ります。

それでは、種類ごとに電動おすすめの電動アシスト自転車をみていきましょう。

電動ミニベロ (小径電動アシスト自転車)

ミニベロの電動アシスト自転車は、20インチ程度の小径車でコンパクトな車体は取り回しが楽なので街乗りにおすすめです。BESV、VOTANI、TRANS MOBILLY、パナソニックなどのeバイクメーカーを見ていきます。

BESV PSA1 ベスビー 電動アシスト自転車

BESV(ベスビー)はBenQグループから生まれた台湾のeバイクブランドです。高い技術力をもつBESVの電動アシスト自転車PSA1は、軽量アルミフレームに独自のアルゴリズムで制御されたスマートアシストモードが、心地よい走りを生み出してくれます。電気メーカーらしくディスプレイも大型でUIが使いやすいのが特徴です。

また、PSA1は日本でも2017年にグッドデザイン賞を受賞したベストセラーモデルで、デザインもイケてます。カラーはレッド・イエロー・ホワイト・マットブラック(限定カラー)の4種類。20kg以下20インチのコンパクトな軽量ミニベロサイズで、連続航行距離90kmとロングバッテリー、前後ディスクブレーキの高い制動力、衝撃吸収性のあるフロントサスペンションで快適な乗り心地、などスペックが高いeバイクとしておすすめです。

BESV PSA1のスペック

タイプ
電動クロスバイク、電動ミニべロ
定価
19万円前後
メインコンポ
シマノ アルタス7速
ホイールサイズ
20インチ
重量
19.6kg
バッテリー電圧/容量
36V 10.5Ah
航続距離
90km

BESV 「PS1」と「PSA1」の違い

besv PS1

BESVには上位モデルの「PS1」が存在します。エントリーモデル「PS1」と上位モデル「PSA1」との大きな違いは、走行性能と軽さです。「PSA1」のほうは2kgほど軽量になり、ギアも10速と多く電動アシスト性能も強めです。ただ、価格差が10万円の価値を考えると、初めての電動アシスト自転車であれば価格の安い「PSA1」を選ぶほうがおすすめです。

PS1 PSA1
アルミフレーム カーボンフレーム
17.4kg 19.6kg
7速アルタス 10速ディオーレ
連続走行90km 連続走行100km

VOTANI H3 ヴォターニ 電動アシスト自転車

VOTANI(ボターニ)は、2014年にオランダで創業したe-Bikeメーカーでしたが、2020年5月にBESV JAPANの一部となり、日本の道に最適化されたコストパフォーマンスの高い電動アシスト自転車ブランドへと生まれ変わりました。

votani h3 e-bike battery

VOTANI「H3」は、3.5時間のフル充電で最長80kmの長距離走行が可能なうえ、フロントサスペンションによる衝撃吸収・シマノ内装3段変速・オートライト・泥除け・荷物入れ(センターバスケット)がついて15万円以下とコスパがよく、通勤におすすな小径の電動アシスト自転車となっています。

votani h3 e-bike

軽量アルミフレームで重量も20kg以下の取り回しやすい20インチの電動ミニベロに仕上がり、スピードメーターにもなるIPX5の防水ディスプレイも搭載しています。

VOTANI eバイク H3のスペック

votani h3

実勢価格
14万円
メインコンポ
SHIMANO NEXUS 内装3段
ギヤ
-T
ホイール/タイヤ
20インチ
重量
19.7kg
サイズ
-
電動ユニット
BESVフロントモーター
バッテリー電圧/容量
36V/7.0Ah
航続距離
80km(エコ)/60km(ノーマル)/45km(パワー)

TRANS MOBILLY E-MAGIC 207E トランスモバイリー イーマジック

トランスモバイリーの電動アーバンミニベロ「E-MAGIC」は、20インチより少し大きいETRTO451規格のエアロリムホイールに14kgの軽さ、シマノTourney(ターニー)7段変速にラピッドファイヤーシフター、2.5時間充電で連続走行35kmで8万円台と通勤や街乗りにおすすめのスタイリッシュな電動アシストミニベロです。

軽い走りでしっかりグリップするスリックタイヤ、ケーブルが綺麗に配線されたバッテリー内蔵フレームにカラーアルマイト処理のコラムスペーサーなどオシャレな見た目もコストパフォーマンスをあげています。

トランスモバイリー Eマジック 電動ミニベロのスペック

実勢価格
9万円
メインコンポ
1×7 Tourney
ギヤ
-T
ホイール/タイヤ
20インチ×1-1/8(451) フレンチバルブ
重量
14kg
サイズ
-
電動ユニット
直流ブラシレスモーター 240v
バッテリー電圧/容量
36V/3.5Ah
航続距離
35km

Panasonic VELOSTAR MINI パナソニック ベロスターミニ

「VELOSTAR MINI(ベロスターミニ)」は、10万円以下のミニベロ電動アシスト自転車ながらロングモードで60kmの連続走行ができるコスパモデルです。雨や泥の跳ね上がりを防ぐマッドガードが標準装備、外装7段変速の47T×12-28Tギアに20インチは街乗りに適しており、通勤通学で使える電動自転車を探している人におすすめです。

「VELOSTAR(ベロスター)」10万円以下のeバイクです。ロードバイクと同じ700Cタイヤがついていますが、重量22kg・マッドガード標準装備・前かごでママチャリがわりに使えるなど「ジェッター」よりもシティサイクル寄りです。連続走行距離は50kmなので通勤通学には耐えられますが、スポーツ自転車としてロングライドでも乗りたい場合はジェッター以上を選んだほうがよいでしょう。

Bianchi Lecco-E ビアンキ レッコE 電動ミニベロ

ビアンキのeバイク「Lecco-E」は、電動アシストシステムにドイツの世界的な電動工具メーカー「ボッシュ(Bosch)」を採用した、20インチのミニベロ電動自転車です。目立たない小型バッテリーで可愛いデザインなのに、泥除け・前後ディスクブレーキの街乗りミニベロなところに加えて、「Bosch eBike System」により2.5時間の充電で100kmの連続走行が可能となり、実用的な小径シティeバイクを探している人におすすめです。

価格は30万円以下程度と高いですが、20kg以下8段変速の実用的なおすすめ電動アシスト自転車です。

ビアンキ レッコEのスペック

タイプ
電動ミニベロ
定価
約28万円
メインコンポ
シマノ アルタス 8速
ギヤ
フロント:44T、リヤ:11/30T
ホイールサイズ
20インチ
重量
19kg
電動ユニット
Bosch eBike Systems
バッテリー電圧/容量
-
航続距離
エコ:100km、ツアー:65km、スポーツ:56km、ターボ:51km
2020 BIANCHI(ビアンキ) Lecco-e(レッコ-e)DISC 完成車

bf9e48005ab406a77b0805dc445ea5b1

ちなみに、電動アシストがないミニベロ版の「レッコ」は7万円台とお手頃な価格になっています。

Sponsored link

電動折りたたみ自転車

折りたたみ式の電動アシスト自転車は、ロングライドや旅行先で、電車や車へ輪行(車内持ち込み)できることや、賃貸マンションなど狭い部屋でも場所を取らずに収納できるのが最大のメリットです。

BESV PSF1

BESV(ベスビー) PSF1

2019年には、小型フォールディングeバイクでも最大級のバッテリー容量(378wh)で最長約95kmの連続走行可能電動折りたたみ自転車「BESV PSF1」が登場しています。

BESV「PSA1」の折りたたみ版という感じですが、重量が18.3kgで価格も20万円超えなので、ライトに使いたい方は「TRANS MOBILLY 」など別のコスパのよいモデルがおすすめです。

「PSA1」は車などで持ち運び「旅先で長距離乗りたい」という方におすすめです。

benelli mini Fold16 popular ベネリ ミニフォルド16 ポピュラー

benelli(ベネリ)は、1911年にオートバイの整備工場として創業したイタリアのeバイクメーカーです。創立100周年にあたる2011年に、ベネリは電動アシスト自転車に参入しています。

2020年6月に新発売された「mini Fold 16 popular」は、人気モデル「mini Fold 16」の機能をシンプルにして、スタイリッシュなデザインはそのままにコストダウンされたコスパの良い16インチ電動自転車です。

benelli e-bike mini Fold16 popular 2020

最長50kmの電動アシスト、3秒でワンタッチ折りたたみ&押し歩きもしやすいフォールディング機構、シンプルなコントロールパネル搭載などで11万円の低価格と、初めて電動アシスト自転車を買う人におすすめしたいモデルです。

mini Fold16 popularのスペック

benelli e-bike mini Fold16 popular 2020

実勢価格
11万円
メインコンポ
-
ギヤ
シングル
ホイール/タイヤ
16インチ
重量
17kg
サイズ
136×57cm
折りたたみサイズ
89×45×58cm
モーター電動ユニット
直流ブラシレス型
バッテリー電圧/容量
リチウムイオン電池/250W/36V/5.2A
航続距離
high:38kg/low:50km

benelli e-bike mini Fold 16

5万円ほど値上がりしますが、SHIMANO NEXUS内装3段変速で最大走行距離80kmの「mini Fold 16(無印)」もあります。

TSINOVA ALIAS チノーバ 電動折りたたみ自転車 アリアス

TSINOVA(チノーバ)は2014年に創業した電動自転車やモビリティに特化した中国のテクノロジーベンチャー企業です。2018年に電動アシスト自転車「TSINOVA TS01」で日本初進出したチノーバは、パナソニックと共同開発したバッテリーにUSB充電を備えたスマホ連動のおしゃれEバイク、という特徴があります。

TSINOVA 2

チノーバの最新モデル「ALIAS(アリアス)」は、4時間充電で約50km走行可能な20インチ電動折りたたみ自転車です。ベルトドライブ式で漕ぎ出しも軽くサビに強い、さらに価格も10万円ちょっとで安く手に入るコスパのよい電動アシスト自転車であるところがポイントです。

Xiaomi QiCYCLE シャオミ チーサイクル

xiaomi qicycle

紳士気鋭の中国ベンチャーXiaomiの電動アシスト自転車QiCYCLEは、10万円以下という激安フォールディングeバイクです。スタイリッシュな軽量アルミフレームに内蔵されたバッテリーと電動アシストユニットは、3時間の充電で45kmの連続走行が可能です。

Xiaomi QiCYCLEのスペック

xiaomi qicycle5

タイプ
電動折りたたみ自転車、電動ミニべロ
定価
約14万円前後
メインコンポ
SHIMANO Nexus 内装3段
ギヤ
-
ホイールサイズ
16インチ
重量
15.8kg
電動ユニット
ブラシレスDCモーター 250W
バッテリー電圧/容量
36V / 5.8Ah
航続距離
45km
折りたたみサイズ(長さ・高さ・幅)
100 × 62.5 × 50cm

TRANS MOBILLY NEXT 140 ULTRA LIGHT E-BIKE トランスモバイリー ネクスト140

トランスモバイリー電動アシスト自転車

コスパ最強の軽量折りたたみ自転車ブランドとして人気のウルトラライトシリーズが満を持して2018年に送り出した初の電動折りたたみ自転車が「TRANS MOBILLY(トランスモバイリー)」です。

TRANS-MOBILLY-ULTRA-LIGHT-E-BIKE7.gif

電動アシスト自転車にしては超軽量な重量11.3kg、14インチミニベロの電動折りたたみ自転車で、女性でも持ち運びが可能なレベルです。アルミフレームにVブレーキを搭載、超小型の電動アシストユニットはとてもスマートです。

TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E BIKE3

3時間充電で24kmと連続走行距離が前作の2倍に増えています。車体が驚異的に軽いのでバッテリーが切れても普通のミニベロ感覚で乗れそうです。

TRANS MOBILLY NEXT 140 folding e-bike

電動アシストモバイルバイクと謳っているだけあって、61*60*45cmまでコンパクトにできる折り畳み機構、480gのクラス最軽量モバイルバッテリー、こちらはスマホ充電も可能となっています。電動アシストユニットには2年保証がついてきて、最小・最軽量クラスの電動アシスト自転車が10万円以下という驚異の安さは魅力です。

TRANS MOBILLY NEXT140のスペック

トランスモバイリー電動アシスト自転車

価格
10万円以下
メインコンポ
-
ギヤ
F:46T R:11T
ホイールサイズ
14インチ×1.75
サイズ
119 x 50 x 91 cm
折りたたみサイズ
65 x 45 x 61 cm
重量
11.3kg
電動ユニット
直流ブラシレスモーター 250W
バッテリー電圧/容量
24V 2.8Ah
航続距離
24km

TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE NEXT163

外装3段変速モデル(11-13-17T)の16インチのモデル「TRANS MOBILLY NEXT163」もラインナップします。

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE ハリークイン ポータブル イーバイク

Harry Quinn(ハリークインは)、1890年にイギリス・リヴァプールで創業した自転車工房からフレームビルダーの歴史が始まり、
2016年に日本ブランドとして蘇った折りたたみ自転車ブランドです。

「Harry Quinn PORTABLE E-BIKE」は、ドルフィン型のスタイリッシュなバッテリー内蔵フレームに、3.5時間充電で80kmの連続走行が可能な大容量バッテリーで、重量14kg台11万円台という軽量でコスパの良い折りたたみ電動アシスト自転車です。

benellHarry Quinn PORTABLE E-BIKE 2020

コンパクトな折りたたみ方式のほか、後輪を折りたたんで転がして移動できるので、輪行やロングライド時の交通機関や宿での取り回しが劇的に楽になるのが特徴です。

ハリークイン電動折りたたみ自転車のスペック

価格
11万円
メインコンポ
-
ギヤ
F:46T R:11T
ホイールサイズ
16インチ×1(仏式バルブ)
サイズ
-
折りたたみサイズ
74 x 41 x 67 cm
重量
14kg
電動ユニット
直流ブラシレスモーター 250W
バッテリー電圧/容量
リチウムイオンバッテリー/36V 7.0Ah
航続距離
Low:80km

TRANS MOBILLY E-Basic

5万円台ながらフロントキャリヤ・泥除け・40kmの連続走行が可能な20インチの折りたたみ電動アシスト自転車「TRANS MOBILLY E-Basic」もコスパがよく通勤におすすめです。

Tern Vektron S10 ターン 電動折りたたみ自転車 ヴェクトロン

Tern Vektron S10

スタイリッシュなアーバンミニベロブランドのtern(ターン)が、電動アシストユニットをドイツのBosch(ボッシュ)と組んだ日本進出モデルVektron S10はすでにヨーロッパでも注目を集めています。

Tern Vektron3

10速ティアグラのコンポ、ドイツブランドMAGURA(マグラ)のディスクブレーキ、2.5時間充電で最長100kmの連続走行ができる300wの小型バッテリー、レッド・ドット・デザイン賞も受賞したボッシュのドライブユニットモーターを搭載したベクトロン。20インチの小径ホイールにternの薄くコンパクトにたためる折りたたみ機構も魅力的で、街での新しい移動手段としておすすめです。

Tern Vektron S10のスペック

tern vktron s10

実勢価格
30万円
メインコンポ
1×10 ティアグラ
ギヤ
F:52T R:11-32T
ホイール/タイヤ
20インチ×2.15
重量
19.8kg
サイズ
-
折りたたみサイズ
41 x 86 x 68 cm
電動ユニット
Bosch Active Line Plus, 36 V/250 W
バッテリー電圧/容量
Bosch 300 Wh (36V, 8.4Ah)
航続距離
約100km

A-BIKE ELECTRIC エーバイク エレクトリック

A-BIKE ELECTRIC e-bike light folding bike

「エーバイク エレクトリック」は、「携帯する次世代型モビリティ」の通り、靴2足分に折りたためて、ノーメンテナンスで気軽に乗れるeスクーターともいえる超コンパクト軽量な8インチ電動アシスト折りたたみ自転車です。

新素材ゲル注入したノーパンクタイヤになったことで旧作より大幅に乗り心地が改善されたこともポイントです。とはいえ、推奨移動距離は3km程度ということで、電車やバスと組み合わせて通勤で使うのがおすすめです。

A-BIKE 電動アシスト自転車のスペック

実勢価格
14万円
メインコンポ
-
ギヤ
シングル
ホイール/タイヤ
8インチ/ノーパンクタイヤ
重量
11.5kg
サイズ
96×96×47cm
折りたたみサイズ
69×45×21cm
モーター電動ユニット
ブラシレスDC式
バッテリー電圧/容量
ソニー製リチウムイオン電池/138Wh/24V/5.8A
航続距離
15km
※模倣品にご注意ください

あさひ アウトランクe 電動折りたたみ自転車

あさひアウトランクe 電動折りたたみ自転車

自転車のあさひから3時間充電で24km走行可能な軽量折りたたみ電動自転車が「アウトランクe」です。Vブレーキなので制動力は弱いですが、アルミフレームの中央に樹脂製の持ち手があり、車への積み込みが簡単です。

あさひアウトランクe 電動折りたたみ自転車

着脱がワンタッチでできるバッテリーは、LEDライトやモバイルバッテリーにもなり、価格も10万円を切るのでキャンプやアウトドアにおすすめの価格や安い電動アシスト自転車といえます。

アウトランクeのスペック

実勢価格
9万円
メインコンポ
-
ギヤ
シングル
ホイール/タイヤ
14インチ×1.95
重量
13.2kg
サイズ
-
折りたたみサイズ
120×44×61cm
電動ユニット
-
バッテリー電圧/容量
4.0Ah
航続距離
24km

電動ロードバイク(eバイク)

NYTRO INTRO

ドロップハンドルのスポーツな電動ロードバイクは、ヤマハYPJをはじめ、有名自転車メーカー各社が参入しようとしている高スペック高価格な本格派の電動アシスト自転車です。

eバイクの電動ユニットは日本ではヤマハとパナソニック、世界ではシマノのSTEPSステップスドイツのBosch(ボッシュ)が覇権争いをしています。特にBoschは、Bianchi、Cannondale、Corratec、TERN、SCOTT、TREKなどに電動アシストユニットを提供しています。ピナレロの電動ロードバイク「NYTRO」、corratec(コラテック)の電動ロードバイク「E-POWER SHAPE」、Trek(トレック)の「VERVE+」などが注目されています。

YAMAHA YPJ-ER ヤマハ 電動ロードバイク

7d056a8e42bd5137741b626489c6b700

ヤマハ「YPJ-ER」は2018年に新登場した電動ロードバイクです。スピード重視の「YPJ-R」ではエコモードの連続走行距離が1時間充電48kmだったのに対し、「YPJ-ER」は充電3.5時間で連続152kmと約3倍のロングバッテリーを実現しています。

「YPJ-ER」の最大のメリットは自転車大国ヨーロッパでも高評価を得ている電動ドライブユニット「PWseries SE」が搭載されている点。4つのアシストモードに加えて、アシストモードなしでもロードバイクと同じように軽い漕ぎごこち(※従来の電動自転車に比べて)でいれることです。

また、ケイデンスやパワーメーターまで表示可能なサイコンと同レベルのマルチティスプレイは、スポーツや運動としてeバイクをさらに楽しくする秘密兵器です。

他にもコンポはリアがティアグラ10速の20段変速・スルーアクスル対応の油圧式ディスクブレーキ・バッテリー供給式の新型フロントライトなど、価格に見合う最先端技術が詰まっているので、通勤・ロングライド・トレーニングなどオールラウンドに「バッテリーにも走りにもこだわる人」におすすめな電動ロードバイクです。

往復120km以上あるしまなみ街道を連続走行した実績もあるロングライドにつよいeバイクですね。

ヤマハeバイク YPJ-ERのスペック

タイプ
電動ロードバイク
価格
約34万円
メインコンポ
シマノ ティアグラ 10速(フロント2速×リア10速)
ギヤ
フロント:50T/34T、リヤ:11T-32T
ホイールサイズ
700C
重量
19.6kg Mサイズ
電動ユニット
クランク一体型/ブラシレスDCモーター/240W
バッテリー電圧/容量
36.0V/13.3A
航続距離
ハイモード:93km、スタンダードモード:111km、エコモード:152km、プラスエコモード:242km、アシストオフモード

YPJ-RとYPJ-ERの違い

YPJ R2018

価格の高い「YPJ-ER」は、快適なロングライド向きの電動ロードバイクなのに対して、価格の安い「YPJ-R」はスピードを重視した軽量な電動ロードバイク、という違いがあります。

「YPJ-R」は、連続走行距離が大幅に落ちるデメリットはありますが、「YPJ-R」は105コンポに、フロント50T/34Tリヤ12T-25Tの一般的なギア比、重量15kgと軽量なため、バッテリーが切れても普通に自走できるハイスペックな電動ロードバイクです。

YPJ R

セミエアロなアルミフレーム・スピード・ケイデンス(ペダル回転数)パワーメーターのセンサーが搭載された「大型液晶ディスプレイ」・スマホやタブレットへの給電も可能な450gの小型予備バッテリーをもてば、平均時速20km/hで約120km以上のロングライドが可能とされています。価格は20万円程度と「YPJ-ER」に比べてかなり安いのも特徴です。

電動クロスバイク(eバイク)

このタイプの電動アシスト自転車は、街乗りからロングライドまで、バーハンドルで太めのタイヤのクロスバイクタイプやMTBタイプ、買い物に特化したシティサイクルタイプまで用途は幅広くあります。

BRIDGESTONE TB1e ブリヂストン ティービーワン イー

日本の自転車メーカーブリヂストンが2020年に発表した「TB1e」は、4時間充電で最大130kmの長距離走行が可能ながら12万円台の低価格というコスパに優れた新型電動クロスバイクです。

BRIDGESTONE TB1e e-bike_001

特筆すべきは、ブリヂストンが電動アシスト自転車で長年培った、「走りながら自動充電」という月1回充電で十分なデュアルドライブの自動充電システムでしょう。

錆びないベルトドライブ・モーターブレーキ・オートライト・高耐久タイヤ・盗難補償など、通勤通学におすすめなポイント満載の最新電動アシスト自転車です。

電動クロスバイク ティービーワンeのスペック

実勢価格
12万円
メインコンポ
外装7段 シマノラピッドファイヤー
ギヤ
F:38T
ホイール/タイヤ
27インチ×1-3/8
重量
22.3kg
サイズ
185×57cm
電動ユニット
ブラシレスDC式 250W
バッテリー電圧/容量
リチウムイオンバッテリーB400/361Wh 9.9Ah 36.5V
航続距離
エコモード:130km、オートモード:90km 、パワーモード:54km

BESV JF1 ベスビー eバイク

台湾のスタイリッシュなeバイクブランドBESV(ベスビー)の電動クロスバイク「JF1」は、16.1kgの軽さ・115kmのロングバッテリー、シマノの新型コンポ10速DEORE(ディオーレ)など、ハイスペックな電動アシスト自転車となっています。

ケイデンスが確認できるフルカラー液晶ディスプレイや、純正オプションで泥除け・キャリア・スタンドを後付けできることから、通勤通学におすすめです。

ベスビー 電動アシスト自転車 JF1のスペック

実勢価格
23万円
メインコンポ
1速×10速/シマノDEORE
ギヤ
F:44T R:11T/34T
ホイール/タイヤ
700C/35C
重量
16.1kg
サイズ
1745×960×590mm (XS)
電動ユニット
BESVオリジナル 250W リアハブ
バッテリー電圧/容量
36V/7.0A
航続距離
115km/58km

YPJ-EC

YPJ EC2

ちなみに、同時期に新発売された「YPJ-EC」は、航続距離やドライブユニットがほぼ同じで、コンポが2×9速のシマノSORAで価格は28万円となった「YPJ-ER」のフラットハンドル版電動クロスバイクです。

Panasonic JETTER パナソニック ジェッター

パナソニックのスポーツ電動アシスト自転車「ジェッター」は、制動力のあるディスクブレーキと38Cの極太タイヤを装備した、通勤通学におすすめな電動クロスバイクです。

ケーブル内装の軽量アルミフレームですっきりとした外見に白・黒・オレンジのカラーリング。充電時間約5時間と長めですが、信頼度の高いパナソニックの小型バッテリーで最大85km連続航行・3年間の盗難補償・価格15万円、パワーモードでも60km近く走れるので総じてコスパのよいeバイクといえます。

ママチャリを長年作ってきたパナソニックだけあって、マッドガード(泥除け)・リアキャリア・フロントカゴなどオプションが充実しているのでシーンに応じた使い方ができるところがポイントです。

パナソニック eバイク ジェッターのスペック

タイプ
電動クロスバイク
価格
13万円〜15万円
メインコンポ
8速
ギヤ
-
ホイールサイズ
700×38C
重量
21.6kg
電動ユニット
ブラシレスモーター 250w
バッテリー電圧/容量
25.2V-16Ah
航続距離
パワーモード:約58km、オートマチックモード:約65km、ロングモード:約85km

※「BE-ELHC44A」が154~185cm、「BE-ELHC49A」が164~190cm。

また、他にもパナソニックの電動アシスト自転車には、eバイクの他にもスポーツ系と街乗り系がちょうどよくミックスされた低価格の電動アシスト自転車が存在します。

「Hurryer(ハリヤ)」はジェッターよりホイールサイズが小さい26インチで女性や背の低い方はにおすすめ。振動を吸収してくれるフロントサスペンション7段変速ギア4時間充電で73kmの長距離走行ができます。定価もジェッターよりも安いので、より気軽に運動したいときにつかえるスポーツタイプの電動クロスバイクです。

Panasonic XM2 パナソニック 電動マウンテンバイク

panasonic XM2

舗装路ではなく山や荒れた道メインで遊べるのがパナソニックのeバイク「XM2」です。クランク軸に直接パワーを伝えるダイレクトドライブ「MUSOU」は、フロント29T/41Tの内装2段変速を電子シフトでワンタッチ操作、勾配のきつい激坂でも驚くほどスムーズに電動アシストしてくれます。

Panasonic XM2

27.5インチは一般的なMTB(マウンテンバイク)のホイールサイズで、リアは11-36Tのワイドレシオな10段変速ギア、油圧ディスクブレーキとサスペンションで雨天も安全にライドできます。コンポにはシマノの新型SLXを搭載、HIGHモード61km・ECOモード107kmのロングライドができるハイスペック電動自転車です。

musou

価格差5万円で下位モデルの「XM1」もありますが、どちらも30万円超の高級eバイクなうえ、HIGIモードで約20km・ECOモードで約30km以上連続走行距離に違いがでるため、最上位モデルの「XM2」がおすすめとなります。

Panasonic XM2のスペック

タイプ
電動マウンテンバイク
価格
38万円
メインコンポ
シマノSLX 2×10速
ギヤ
フロント:29T/41T、リヤ:11-36T
ホイールサイズ
27.5
重量
24.0kg
電動ユニット
マルチスピードドライブユニット(内装2段変速 直流ブラシレスモーター 250W)
バッテリー電圧/容量
25.2V / 17.1Ah / 404Wh(リチウムイオンバッテリー)
航続距離
HIGHモード:61km、AUTOモード:75km、ECOモード:107km

ちなみに、Xシリーズにはエントリーモデルで電動マウンテンバイクではなく電動クロスバイクの「XU1」があります。スポーツ電動自転車らしいスムーズな電動アシストが期待できる「ダイレクトドライブ」に、直感的に操作確認しやすい「大型液晶ディスプレイ」と「操作ユニット」がついています。

xm2 display

しかし、「XU1」の価格は22万円以上で用途を考えると、連続走行距離が変わらないのに15万円以下と値段が安い「ジェッター」のほうがおすすめの電動スポーツバイクといえるでしょう。

おすすめeバイク&電動アシスト自転車まとめ

ロッカフレーム eバイク

ほかにも、シマノDEORE10速を搭載し最長115kmの電動ミニベロルイガノ「ASCENT E-SPORTS」やオートバイのような極太タイヤのオシャレな電動アシストファットバイク「e-BIKE ROCKA FLAME MAKAMI(イーバイク ロッカフレーム)」などもあります。

あえて選ぶとしたら、電動折りたたみ自転車では11万円で最大50km・Highでも40km近く走れるbenelliの「mini Fold16 popular」か軽量で最大80kmの「Harry Quinn PORTABLE E-BIKE」、電動アシストミニベロなら14万円で80kmのBESV傘下でモーターの信頼性も厚い「VOTANI H3」、通勤通学の電動クロスバイクなら12万円台で最長130km&自動充電があるブリヂストン「TB1e」などコスパがよくおすすめです。

用途や予算に合わせて自分好みの電動アシスト自転車が選べるといいですね。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう