SJCAM SJ8 Plusレビュー – 自転車動画におすすめな2万円以下のアクションカメラ

皆さんはSJCAM(エスジェーカム)というアクションカメラメーカーをご存知でしょうか?中国のシリコンバレー深セン発のSJCAMは、数ある格安中華アクションカメラとの違いをもつ中国のGoProというポジションを築こうとしています。2018年に発売されたミドルグレード「SJCAM SJ8 Plus」の使い方や取り付け方などレビューしていきます。

SJCAM SJ8 Plusのおすすめポイント

41qhB9i8R0L._SL160_

まず結論から言って、自転車動画でも「SJ8 PLUS」で必要十分ということです。「SJ8 Plus」は最上位モデル「SJ8 PRO」に次ぐミドルスペックモデルで、主な違いはチップセンサー類・30FPS・3軸手ぶれ補正などです。しかし、SONYのイメージセンサーに4K動画も撮れて価格差が約1万円と、「SJ8 Plus」は2万円以下(海外サイト含め)の安い値段で入手可能なコストパフォーマンスのよいアクションカメラであるところがメリットです。

長時間撮影をする場合、バッテリーと容量を消費する4K60fpsのフル画質撮影でなく、720P(1280×720)120fpsで自転車マウントに搭載したツーリング動画でも十分綺麗に撮ることができました。

SJCAM SJ8 Plusレビュー

41qhB9i8R0L._SL160_

SJCAM本社の中国サイトから取り寄せた場合は、税関やトランジットの関係で到着までに1週間〜2週間かかります。

41qhB9i8R0L._SL160_

パッケージもGoProを意識している感じがして縦型のよくみるタイプです。

41qhB9i8R0L._SL160_

中身はこんな感じ。GoProと違って【Big Box版】には付属品のアタッチメントが豊富です。ドライブレコーダーの車載用の吸盤付きアタッチメント・自転車用のハンドルマウント・防水ケースも初めからセットされてきます。

41qhB9i8R0L._SL160_

防水ケースをつけた状態。多少重みは増しますが30m防水でダイビングにも使えます。

41qhB9i8R0L._SL160_

ちなみに、防水ケースでタッチパネル操作をするには、付属の3m防水用のバックパネルに交換することで可能になります。初めからついている30m防水のケースではタッチパネル操作はできません。

41qhB9i8R0L._SL160_

防水ケースなしでもアタッチメントを組み合わせれば、ロードバイクにも取り付けることができます。前方と側面に各1個マトリックスのステレオマイクが設置され、外付けマイクも装着可能です。

41qhB9i8R0L._SL160_

社外品ですがこういったクリップマウントをつかってバックパックや服にひっかければ、ハンズフリーで撮影することもできます。

41qhB9i8R0L._SL160_

旧モデルから端子はUSB-Cにバージョンアップ。転送速度はUSB3.0の約2倍で最高40M/sに達し、急速充電にも対応します。

41qhB9i8R0L._SL160_

microSDカードとバッテリーは下部に収納されています。1200mAhのバッテリーは、1080P/30fpsで最大130分の連続撮影が可能です。

41qhB9i8R0L._SL160_

SJCAMのアクションカメラもGoPro同様に、スマホ専用アプリとワイヤレス接続(WIFI)で、遠隔シャッター・モニター・動画や画像の確認転送ができます。

41qhB9i8R0L._SL160_

SJ8 PLUSとスマートフォンの接続方法は、画面を上から下にスワイプして「WIFI」を選択します。

41qhB9i8R0L._SL160_

するとWIFIのSSIDとパスワードが表示されるので、これをスマートフォン側で選択します。アプリを立ち上げて[Connect Camera]を押すと接続完了です。

2.33インチのメインディスプレイは、Retina解像度のIPS広角タッチパネルが綺麗で非常になめらかです。下位モデルにはない、残りの撮影時間やバッテリー残量を知らせる0.96インチのOLEDフロントスクリーンもあります。

撮影モードは、MP4(H264/H265)で、4K:(3840×2160)30fps・2.7K:(2720 × 1520)60fps・1080P:(1920×1080)120fps・
720P:(1280×720)240fpsの動画モードがあります。

画像フォーマットもJPEG・RAWで最大12M(4000×3000 4:3)の静止画撮影、連続撮影、スロー撮影、タイマー撮影、カーモード(ドラレコ)、水中モードなどがあります。

※ドラレコモードはUSB-Cをシガーソケットなど車内電源に繋げば、エンジンのスタートストップに合わせて、アクションカメラの自動起動撮影&自動シャットダウンがされます。

41qhB9i8R0L._SL160_

チップセットにノバテックNT96683、イメージセンサーにSONY IMX117を採用して3軸の手ぶれ補正も安心感があります。

2枚の非球面レンズを含む7Gガラスの170度広角レンズを採用。同じ位置から撮影した上の2枚ですが、iPhone(SE)と比較しても画角が桁違いに広いことを実感できます。

SJ8 PLUSのトラブルシューティング

41qhB9i8R0L._SL160_

1.スマホとアクションカメラのペアリングができない
スマートフォンの機種によっては、SJ8側のWiFiの電波を拾えず、ペアリングができない場合があります。その場合は、周波数を2.4GにしてSSIDのネットワークを手打ちで検索して【WPA2】のセキュリティでパスワードをいれると、次回から自動で認識するようになりました。

2.防水ケースについて
防水ケースの扱い方やタッチパネルを有効にするには上部の動画で確認ください。

3.動画のタイムスタンプの消し方
デフォルトでは画面右下に撮影日が刻印されていますが、アプリ側の【Setting→Date Staming】をオフにすると非表示になります。静止画の消し方は誰か教えてください… 動画・静止画ともにアプリを使わずとも本体で操作可能です。それぞれのモードで【下部右から2番目の星マーク】から、各種設定や日付表示のうむなど設定できます。

マットな質感が美しいブラックの他にも、ホワイトとピンクの3色が揃っています。重量85gと軽量で2万円以下と安価な「SJ8 PLUS」は、自転車動画以外にも、Vlog、旅行、ドラレコと汎用的に使えるお得なアクションカメラとしておすすめです。


スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する