ロードバイクにも使える腕時計型活動量計(心拍計付き)6選

GARMINのVIVOACTIVE J HRをはじめ、ロードバイクにも対応したスマートウォッチや心拍計機能付き活動量計(ウェアラブル)の進化がとまりません。

ランニングからロードバイクだけでなく、デザインによってはビジネスシーンでも活躍するスマートウォッチとして一石二鳥なウェアラブルです。

そんなイケてる自転車乗りの必須アイテムとなりつつある、ハートレート機能付きの腕時計型活動量計をまとめてみます。

1.GARMIN VIVOACTIVE J HR ガーミン ビボアクティブ J HR

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

値は張りますが恐らくこれが今のところロードバイク乗りにとって最強の腕時計型活動量計ではないでしょうか。

サイコンで有名なガーミンのスマートウォッチ「VIVOACTIVE J HR」は8日間という長時間の連続使用に耐え、エッジにも搭載されているGPS機能GLONASSやみちびきに対応、さらには気圧高度計に加速度計を搭載しているのでスピードや獲得標高も計測可能。

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

もちろん、光学式心拍計もついてヒルクライム時のハートレートモニターや就寝時のスリープトラッキングも可能。さらにケイデンスセンサーにも対応するという、とにかくてんこ盛りの最強活動量計です。

ハンドルに巻き付ければ、サイクルコンピューター代わりになるところも見逃せません。迷ったら「VIVOACTIVE J HR」で間違いないと思います。

2.Garmin fēnix5S ガーミン フェニックス5S

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

もし、もう少し予算がある人には、現状ガーミンのサイコン機能がついたスマートウォッチでは最上位クラスの「fēnix5S」がおすすめ。光学式心拍計はもちろん、時計として普段使いできるスタイリッシュなデザインが最大の特徴です。

→『ガーミンの腕時計型サイコンfenix5Sは最強のスマートウォッチ!』

3.GARMIN vivosmartJ HR+ ガーミン ビボスマート J HR+

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

VIVOACTIVE J HRが高くて買えない!という自転車乗りには、機能は少なくなりますが安価な「vivosmartJ HR+」も十分使えます。

こちらも約5日間の使用に耐え、光学式心拍計、気圧高度計、加速度計が標準装備。特に、「vivosmartJ HR+」にはGPSがついているので、GarminConnectで細かい走行データの蓄積が行なえます。

また、下位モデルのvivosmartHRJに比べて質感も良くGPS機能も魅力的にみえますね。

4.GARMIN vivosmart HRJ ガーミン ビボスマート HRJ

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

「vivosmartJ HR+」のGPS機能を省いたバージョンが「vivosmart HRJ」になります。上位2機種に比べて安く評価も高いのでコストパフォーマンスの高い活動量計といえます。

GPS付きのサイコンを既にもっている人は「vivosmart HRJ」で心拍数をとりサイコンに飛ばす、という使い方も考えられます。また、スマホでログをとっている人であれば、HRJでも良いかもしれません。

5.Fitbit Charge2フィットビット チャージ2

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

あえてガーミン以外の選択肢をあげるとすれば、リーズナブルで心拍計も正確、デザインに優れている点で「Fitbit Charge2」があげられます。

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

名作「chargeHR」の後継機としてディスプレイも大きくなりパワーアップしました。5日間の連続使用や専用アプリケーションでスマホとも連携しますし、デザインはスタイリッシュなのでビジネスシーンで腕時計としてつけていても大丈夫。

唯一の懸念点は、完全防水ではなく生活防水というところでしょうか。

6.Xiaomi Mi Band 2 シャオミ ミバンド2

GARMIN-VIVOACTIVE-J-HR

圧倒的安さとコストパフォーマンスを求めるなら、「中国のアップル」と呼ばれるシャオミの「Mi Band 2」がおすすめ。

防水防塵&最大20日間&英語ですが優秀なスマートフォンアプリ連携や高い精度の心拍計など、5000円以下とは思えないクオリティ。STRAVAと連携しかなりコンパクト&軽量なのでロードバイク乗りにも向いています。

→コスパ最強!腕時計型心拍計「Mi Band 2」のレビュー

ロードバイクにも使える腕時計型活動量計まとめ

以上、高機能な心拍計つきのスマートウォッチをみてきました。

アップルウォッチなどもありますが、やはり自転車に特化したガーミンがこの分野では強いように思います。普段使いもできる活動量計は、これからサイクルコンピューターを買おうとしている人や、ステップアップに心拍数を計測したい人にオススメですよ。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する