初めてのロードバイクにおすすめな3つの購入パターン

ロードバイク初心者の方が初めての一台を購入するとき、何を基準にして自転車を選べばいいのか?わからないことだらけだと思います。

そこで、ロードバイクを買う際、まずは次の3点を考えてみてください。

  • 1.予算
  • 2.用途(使用目的・頻度)
  • 3.盗難リスク

まずは1の予算。これが一番重要です。上限がなければないほど高性能の自転車が買えますが、例えば5万円しか予算がとれないとなると、自転車を無理して買うことができても、ロードバイクを最低限楽しむ上で必要な装備やアクセサリーを購入することができません。有名ブランドのエントリーアルミロードの相場が6〜10万円、装備が最低でも数万円はかかる計算をしておいたほうがよいでしょう。

次に大事なの2の用途。ロードバイクは決して安いとは言えませんし、目的によっては、そこまで高額なロードバイクは不要だったり、もしかしたら、ロードバイクではなくクロスバイクやシクロクロスを買ったほうがいいとなるかもしれません。

  • ・ロードバイクを買う目的はなんなのか
  • ・レース?趣味?通勤通学?
  • ・そもそも本当にロードバイク必要?

そして、一番見落とされがちなのが3つ目の盗難リスクです。よく「少し高額でもスペックが高いいいロードバイクを一台買って、いつでもどこでも一緒にいく!」という考え方の人がいます。しかし、高額なもので100万円を超えるロードバイクを乗っている人も割とこの世界にはゴロゴロいて、それらを狙った自転車窃盗や盗難が都心を中心に頻発しています。

こちらのサイトを見ていただければ、信じられないほど毎日どこかで自転車が盗難されているのがわかるでしょう。しかも、最近のエントリーロードは見た目だけなら上位モデルと遜色がないフォルムをしているので、例えば同じピナレロでも15万円のPRIMAと100万円のDOGMAでは、盗人側は見分けがつかないので、有名ブランドというだけで値段に限らず盗難されるリスクは同じく発生します。

以上を踏まえて、ロードバイクを初めて買うときに、今後を見据えた賢い自転車の選び方を考えていきます。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する