ロードバイク初心者におすすめなサイクルコンピューターの選び方

cyclecomuter

サイクルコンピューター略してサイコン。多くのロードバイク乗りがこの小さな機械を愛してやまない。サイコン=高価というイメージがありますが、実は機能や値段もいろいろあります。そこで、ロードバイク初心者から中級者向けに、サイクルコンピューターに本当に必要な機能を考えてみます。

サイコンを選ぶポイント(機能編)

cycle-computer

サイクルコンピューターに搭載される機能を下記に一覧にしました。

  1. スピードメーター
  2. 走行距離メーター
  3. カロリー消費量計
  4. ケイデンス計測
  5. GPSトラッキング(GPSナビ)
  6. 高度計(斜度計)
  7. 心拍数計測
  8. パワーメーター(ペダリング出力計)

1~3までは安いサイコンならついている機能。4以上は高価格帯のものが多いというイメージです。ケイデンス計測とは一分間のペダル回転数を計測してくれる機能のこと。パワーメーターは、ペダルに係る負荷を計測してどれくらいの力をだしているかが分かる機能です。

サイコンを選ぶポイント(仕様編)

cycle-computer
サイクルコンピュータを選ぶ際は、機能だけでなく性能や仕様を考えたほうが賢い選択ができます。

  • 無線か有線か?
  • スマホ連携があるか?
  • 夜間バックライトがあるか?
  • カラー液晶か?
  • バッテリー持ちの良さは?
  • 耐水性は?

ロードバイク初心者におすすめなサイコン機能

サイコンを選ぶ際は、使用目的や基準を決める必要があります。シリアスレーサーを目指すならパーワーメーターを使ったトレーニングが有効になりますが、初心者から中級者には猫に小判状態になります。

以上の理由を考慮して、初心者から中級者ローディーが使うサイクルコンピューターに求められる機能をまとめました。

ケイデンス計測
GPSトラッキング(ナビ)
心拍数計測
パワーメーター
無線(ワイヤレス)
スマホ連携
夜間バックライト
カラー液晶
高度計
防水

無線ワイヤレスサイコン

これは必ず抑えてください。有線は取り回しが難しく煩わしいうえ、断線の危険性があります。上位モデルは全てワイアレス対応サイコンです。

ケイデンス計測・表示機能

ケイデンス計測機能は、ロードバイクにハマれば絶対すぐに欲しくなる機能です。ケイデンス計測機器は比較的安価ですし、ペダリング数を知ることでトレーニングに対するモチベーションが高まります。予算に余裕があれば初めからケイデンス計測のあるサイコンを買うべきです。

GPSナビ・心拍数計測・スマホ連携

心拍数やナビは、スマホやウェアラブルで代用可能なので、無理にサイコンに求めなくても良いかと思います。GPSは少ない消費電力で計測できる利点がGPSサイコンの魅力です。

スマホ連携はできれば便利ですが、いまのスマホアプリは高機能なのでGPSを使えばある程度のデータはとれてしまいます。ただし、スピードなど誤差が大きいので、サイコンと使い分けるべきでしょう。

パワーメーター

パワーメーターは計測器具だけで安くても数万円します。非常に高価で高機能なので、プロやレーサーを目指す人以外は初期の時点では確実に不要です。※もちろん趣味でもガンガン使えますよ!

液晶・高度計

高度計はスマホで計測可能です。液晶はカラーでなくても全く問題ありませんが、夜間バックライトがないのは不便すぎて論外です。

まとめ

多分、ガーミンの最上位のサイコンなら間違いないのかもしれませんが、自分に必要な機能を見極めれば数千円の投資で十分にロードバイクを楽しむことができます。

「コスパが高いサイコンまとめ2016年版!初心者におすすめなサイクルコンピューター」もご参考にどうぞ。

参照:amazon

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する