大人向けキックボードoxelo(オクセロ)は、フランスのアーバンコミューター(通勤通学の移動方法)として人気のスマートなキックスケーターです。

今回は、オクセロの乗り心地などレビューします。

*人気で品薄になっている場合があります。

Sponsored link

Decathlon oxelo Town5XL デカトロン オクセロ キックボード タウン5XL

Decathlon社(デカトロン)は、1976年フランス・リールで創業し、2019年に日本初上陸を果たした世界最大級のスポーツメーカーで、oxelo(オクセロ)は、デカトロンの大人用キックボードシリーズになります。

オクセロ キックボード レビュー

エントリーモデルである「oxelo Town5 XL(オクセロ タウン5)」は、1万円以下の安さながら、軽量・大型ホイールによる高い推進力と安定性・スタイリッシュなデザインを兼ね備えた大人向けキックボードです。

oxelo Kickboard Town5 XLのスペック

oxelo kickboard Town5 XL  012

実売価格
1万円以下
サイズ
長さ90×高さ85~×幅13.5cm
折りたたみ時
長さ84 × 高さ36cm
重量
4.7kg
ウィール
径200mm
ベアリング
ABEC5
ブレーキ
フットブレーキ

オクセロのキックボードレビュー

オクセロ キックボード レビュー

まず驚くのは安定感です。175cmの男性でも背の小さい女性でも、1分ほどで慣れて簡単に乗れてしまいます。最大195cm・100kgまで対応するので、長身で大柄の男性でも安心です。

また、軽く数回キックするだけで最速時速14kmを記録するほどスピードも速いキックボードです。

オクセロ  キックボード レビュー

徒歩よりも圧倒的に速いので、行動範囲が本当に広がり、散策が楽しくなります。

気合いを入れてこげば、軽い運動にもなり一石二鳥です。

オクセロ キックボード ホイール

少ない力でより速く遠くへ行けるよう、ABEC5ベアリングを搭載した高反発ポリウレタンゴムの200mm大型ホイールが使われています。

オクセロ キックボード ホイール

サイドスタンドも付属しているので、自立するところも便利でした。

前後ホイールに泥除けのカバーが付いているため、雨で濡れた路面でも飛沫の跳ね返りが気になりません。

フットブレーキの制動力も十分でした。

オクセロ キックボード デッキ

大きめのデッキについているゴムシートは、足滑りを防止してくれます。

オクセロ キックボード 軽い

5kgを切る重量はずっしりきますが、大人用キックボードでは軽いほうになります。

持ち運ぶにはギリギリの重さだと思いますが、肩がけできるベルトも付属し女性でも軽々持ち運べました

オクセロ キックボード 折りたたみ

組みたて・折りたたみも10秒あればできます。ヒンジの真ん中部分を少し押し込んであげると、より簡単に折りたためました。

oxelo

デメリットは、舗装が甘い道はガタガタ音と振動がおき手が疲れてしまう点です。また、通勤で使うならワンタッチで折りたためる機構のほうがより便利だと感じました。

とはいえ、1万円以下でこのレベルの軽さ・性能・デザインのキックボードであれば、移動手段としてもエクササイズとしても、一家に一台あってもよいくらいおすすめです。

DECATHLON OXELO Town9 EF V2

2km以上の移動がメインの人は、重量や価格は増しますが、エルゴグリップ・トローリーモード・ワンタッチの折りたたみ機構など、より速く快適に走れる工夫がされている上位モデル「OXELO Town9 EF V2」をXチェックしてみてください。

Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう