磁石式ビンディングペダルMagped(マグペド)がおすすめな理由

Magped

ヨーロッパ発のMagped(マグペド)は、強力マグネット固定式の次世代ビンディングペダルです。

マグペドは、「自転車をもっと乗りたい!」と思わせてくれる素晴らしい発明だと思います。

ストップアンドゴーでSPDの着脱に消耗しているロードバイク乗りにもメリットがある、2020年おすすめのビンディングペダルをみていきます。

Magped(マグペド)とは

Magped_pedal

オーストリアで創業したMagped(マグペド)は、ペダルと靴をマグネットで固定する、特許取得済みの全く新しいビンディングペダル(クリップレスペダル)です。

Magped(マグペド)のメリット

マグペドの特徴は、サイクリング中の着脱がより安全で疲れにくいところです。

  • SPD-SLより小さい力で安全に着脱できる
  • 磁石クリートが軽くて薄いので歩きやすい
  • 街乗りやロングライドの着脱ストレスがなくなる
  • 自然な円運動ができ、膝を痛めにくい
  • フラットペダル感覚なので気軽にサイクリングできる
  • CNC加工の美しデザイン

Magped(マグペド)の仕組み

マグペドの仕組みは、ペダル側に強力なマグネット、シューズ側にクリートとなる薄いマグネットプレートが装着されます。

マグネットプレートは、SPDと同じ2穴(ROADモデルは3穴)に取り付けられる互換性があります。

マグペドは、SPDペダルやスピードプレイのような従来の物理結合ではなく、マグネットの力のみですが、マグネットの強さをシーンによって選べるので、街乗りクロスバイクやロードバイク・マウンテンバイクの競技用としても使うことができます。

65kg未満で100N・65kg〜90gで150N・75kg以上や競技使用で200N

Magped(マグペド)の選び方

マグペドには次の4タイプあります。

  1. Magped SPORTS(2穴片面)
  2. Magped ENDURO(2穴両面)
  3. Magped ROAD(3穴片面)
  4. Magped ULTRA(2穴片面)

片面マグネットモデルでも、装着しやすい位置でペダルがセッティングされるので安心です。

Magped SPORTS マグペド スポーツ

Magped SPORTS

2穴SPDシューズ対応・片面マグネット・重量500g※最大の「マグペド・スポーツ」は、街乗りに使えるマルチユースモデルです。

Magped ENDURO マグペド エンデューロ

Magped ENDURO

2穴SPDシューズ対応・両面マグネット・重量518g※最大の「マグペド・エンデューロ」は、踏み面とピンによるグリップが効くモデルで、MTBのダウンヒルにおすすめのビンディングペダルです。

Magped ROAD マグペド ロード

Magped ROAD

3穴SPDシューズ対応・片面マグネット・重量258gの「マグペド・ロード」は、マグペド唯一のロードバイク用のビンディングペダルです。

チタンスピンドル採用で軽量化に成功しています。

Magped ULTRA マグペド ウルトラ

Magped ULTRA

2穴SPDシューズ対応・片面マグネット・重量372g※最大の「マグペド・ウルトラ」は、「マグペド・スポーツ」の上位互換として新発売された軽量なマルチユースモデルです。

「マグペド・スポーツ」ではクロモリスピンドルだったのに対して、「マグペド・ウルトラ」はチタンスピンドルで軽量化しており、シティライド・ロードバイク・ヒルクライム・ダウンヒルなど、一番汎用性の高いおすすめモデルです。

マグネットビンディングペダル「Magped」まとめ

Magped(マグペド)のおすすめモデルですが、3穴タイプのシューズをもっているロードバイク乗りなら「Magped ROAD(マグペドロード)」がおすすめです。

ただ、ラルプバイク的には、街乗りもガチ乗りも楽しめる軽量な上位モデル「Magped ULTRA」の200Nをチョイスして、2穴用のMTBビンディングシューズと合わせると、ロードバイクでも楽しみの幅が広がると思います!


マグペドを使う最大の理由は、「自転車を楽しめる」というメリットだと思います。ビンディングペダルで億劫に感じていた心理的障壁を取り払い、「自転車に乗りたい」と思わせてくれるマグペドは、街乗りメインの初心者サイクリストからロングライド向きのロードレーサーまでおすすめのビンディングペダルと言えるでしょう。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する