サイクリストおすすめ人気高級コンデジ4厳選 2019【コンデジ・スマホ比較】

カメラ好きの自転車乗りにおすすめなのが旅カメラやVlogで使える高級コンデジ。軽量ロードバイクにミラーレス一眼レフやビデオカメラが重くてかさばる問題を抱える人にコンパクトカメラは相性がよいのです。ハイエンドスマートフォンと比較しながらベストな選び方を考え、最強コンデジをまとめます。

自転車乗りカメラの選び方

camera-smartphone3-150x150

自転車カメラといえば「GoPro」などのアクションカメラが有名です。しかし、アクションカメラの使い方は、超広角・超軽量・防水を生かして、車載動画やモトブログ的など多少画質を犠牲にした、動きの激しい動画がメインになります。より高画質な静止画や綺麗な動画をとるのであれば、プラスαで他のカメラが必要です。

高級コンデジはちょうどよい

camera-smartphone3-150x150

よって、高画質・手ぶれ補正・軽量コンパクト・自撮り(セルフィー)・動画撮影が初心者でも満足できるサイクリストにもおすすめカメラは、高級コンデジ・高機能スマートフォン・軽量ミラーレフ一眼が候補にあがってきます。

しかし、ミラーレス一眼レフカメラは撮影能力は高いですが、軽量性・小ささ・耐久性から携帯性を考えてもコンデジやカメラ性能が高いスマートフォンがおすすめとなってきます。

おすすめの人気高級コンデジ4選

camera-smartphone3-150x150

高級コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の特徴は、F2.8以上と明るめレンズを搭載してセンサーサイズが大きく高画質撮影が可能な軽量カメラなところです。大きいセンサーは光を多く取り込み、ボケ感や夜でも明るい写真撮影ができます。

コンデジは一眼レフに比べて圧倒的にコンパクトで軽いのでスマホ並みに手軽に使えるのに、画質・動画・ズーム機能にも優れています。180度チルトディスプレイ搭載機なら、高画質で自撮りの動画撮影もでき、スマホよりもYoutuberやVlogがしやすのも高級コンデジのメリットです。

ソニー サイバーショット RX100M6

SONYのサイバーショット(Cyber-shot)シリーズ「RX100M6」は、2018年発売の最強コンデジです。ソニーの高級コンデジはセンサーや画像処理エンジンが高機能なので、夜や暗所に強い・動画や手ぶれに強い、という特徴があります。

「RX100M6」は、明るさにこだわったレンズは有名ブランド「カールツァイス」で、ボケ感のポートレート撮影からスポーツなど動きのある撮影まで可能。200g台の軽量性・世界最速のオートフォーカス・そして4K動画を切り出せるプロユース機能をもつ最強コンデジです。

SONY RX100M6の特徴

  • 24-200mm高倍率ズーム
  • F2.8-4.5「ツァイス バリオ・ゾナー Tレンズ」
  • 4K動画
  • 収納式「電子ビューファインダー」
  • 世界最速AF(オートフォーカス)
  • 960fps(40倍)スーパースローモーション
  • 0.03秒の高速AFを実現「ファストハイブリッドAF」
  • タッチフォーカス・タッチシャッター
  • 重量274g

電子ファインダーとタッチフォーカスがあるので、静止画も動画も狙った撮影ができると点もポイントです。10万円以上と値段は高いですが、「RX100M6」はミラーレスカメラや一眼レフカメラに対抗できる高級コンデジとしておすすめの一品です。

※旧型「RX100M5」はスペックが大きく変わらないわりに10万円以下と値下がりしていますね。


パナソニック ルミックス LX9

Panasonic LUMIX(パナソニック ルミックス)シリーズ「LX9」も4K動画がとれるおすすめの高級コンデジです。有名ブランド「ライカ」の高機能レンズは、高感度な1.0型大型センサーとF1.4で一眼クオリティと称するほど驚異的な明るさがポイントです。

camera-smartphone3-150x150

180度チルト液晶で自撮りも可能、タッチAF・風音キャンセラー・空間認識Aなど4K30pの動画撮影もできます。重量310g、5軸手ぶれ補正に加えて、JPEGにそのまま現像できる「カメラ内RAW現像」がプロユースでも便利です。

「パナソニック LX9」はソニーの高級コンデジと比べて価格の安いハイエンドモデルなのでコスパもよいです。動画の撮影テクニックである「パン機能」もありますが、特に写真撮影にこだわりたい人におすすめのコンパクトデジタルカメラといえそうです。

オリンパス Tough TG-5

camera-smartphone3-150x150

オリンパス(OLYMPUS)の「タフ TG-5」は、F2.0と明るい広角レンズで4K動画撮影もできながら、15m防水・防塵・耐衝撃、耐低温・耐結露という過酷な環境でも使える貴重なコンデジです。

フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」と同じ画像エンジンを用いて暗所撮影もOK。GPS・温度計・気圧センサーも搭載して、自転車以外にも登山やスノーボードなどアクディブスポーツでも高画質な静止画や動画撮影ができ、重量250gの軽量コンデジであることもおすすめポイントです。

キャノン パワーショット G7 X Mark2

4K動画は撮れませんが、 大型1.0型センサーとF1.8-F2.8 / 24-100mmの光学4.2倍ズームレンズ搭載した、Canon(キャノン)の高級コンデジ「PowerShot G7 X MarkII」も5万円以下でコスパの良い人気コンデジです。

camera-smartphone3-150x150

「G7 X MarkII」の重量294gよりさらに驚異的に軽い、重量206g最新機種「G9 X Mark II」もコスパがよくておすすめです。

高級コンデジまとめ

camera-smartphone3-150x150

高級コンデジはスマホやミラーレスと比較するに、一眼レフ並みの高画質撮影+スマホ並みの手軽さを兼ね備えています。アクションカメラや20万円以上する一眼レフカメラをもっている人でもコンデジの使用率は高く、旅先からちょっとした日常の風景まで簡単に綺麗に撮影できるところが、スマホにはない高級コンデジのメリットです。

次回は、トリプルカメラなどカメラ性能が高いハイエンドスマホをみていきます。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する