【超速い】メリダのエアロロードREACTO400【リアクト】

「15万円で最速のロードバイクは?」と聞かれたら、真っ先にメリダの「REACTO400(リアクト400)」をおすすめしにいきます。105搭載のエアロフレーム、ダイレクトマウント、52/36の踏めるギアなどなど、驚異のコストパフォーマンスを誇る「リアクト400」の特徴をみてみましょう。

MERIDA REACTO 400 2020年モデル(メリダ リアクト105)

コスパ最強なエアロロードリアクト400

reacto-400-2017

リアクト400はMERIDA REACTOシリーズで一番安いエントリーモデルで、フレーム素材はアルミです。しかし、どっからみてカーボンに見える塗装とフレーム構造が目を惹きます。

キャノンデールCAAD12など、フレームがスローピングしていない水平の「ホリゾンタルフレーム」を好む人には、どホリゾンタルなリアクト400のデザインはハマると思います。

そして何より、速そうで威圧的なエアロフレームと30㎜のセミディープリムホイールが他のエントリーロードを圧倒します。アルミフレームでカーボンより重量はありますが、平地での高速巡航でも固すぎずにスピードを維持してくれて、ダイレクトなレスポンスから重さに反して坂も結構登ってくれると評判です。

超速い!と評判なアルミロードバイク「リアクト400」

reacto400_1

リアクト400のインプレで一番多いのが「とにかく速い!」という感想です。空力を徹底的に追及して空気の渦を最小限に抑えるNACA FACTBACK形状は、あの新城選手も所属したプロチームでも採用されていて、「REACTO TEAM」のハイドロフォーミング技術を最大限に生かしています。

NACA FACTBACK

ケーブル露出を最小限にするインターナルケーブルルーティング、空気抵抗を減らすためにタイヤと車体の隙間を縮める工夫、シートピラーはカーボンモデル標準装備、ダイレクトマウントブレーキ、ガッツリ踏める52×36のミッドコンパクトクランク。

これだけのスペックをもちながら、コンポが105でブレーキ制動も前モデルより大幅にアップして15万円以下という驚異のコストパフォーマンスです。

REACTO400はエントリーモデルでありながら、優れた空力設計を発揮して高速巡航をしながら体力消費も抑えられるエアロロード本来の走りをしてくれる、初心者まで自信をもっておすすめできるロードバイクといえるでしょう。

REACTO400(リアクト400)のスペック

素材
アルミフレーム&カーボンフォーク
実勢価格
15万円~16万円台
メインコンポ
シマノ105 (2×11速)
ギア
52-36T / 11-30T
ブレーキ
105キャリパーブレーキ(リムブレーキ)
ホイール
Merida Comp 30 CW
タイヤ
25C
重量
9.3kg
MERIDA REACTO 400 2020年モデル(メリダ リアクト105)

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する