5000円台の激安GPSサイコン「iGS130」レビュー

igpsport igs130

iGPSPORTの「iGS130」は、1万円以下どころか5000円台で買える2019年発売のGPSサイクルコンピューターです。今回は、今注目のiGS130をレビューします。

iGPSPORT(アイジーピースポーツ)」やフラッグシップモデル「iGS620」についてはこちら。

iGPSPORT iGS130の特徴

41oGGxTUS9L._SL160_

iGS130は、スマホやセンサーと連動する必要がない、シンプルなエントリーモデルのGPSサイクルコンピューターです。60gの軽量ながらGPS起動で22時間の連続使用ができ2日連続のサイクリングにも耐えられるレベルです。

GPSの走行記録は、有線のUSBケーブルをPCに繋げて、STRAVAにファイルをアップロードすることもできますし、iGPSPORTのクラウドサイトでの分析も可能です。

IPX7の防水で雨天もOK、昼でも見やすいノングレアの2インチ大画面ディスプレイに、オートバックライトも夜間でも視認性抜群。

iGPSPORT iGS130のレビュー

41oGGxTUS9L._SL160_

本体の他に、マイクロUSBケーブル、ホルダー類、説明書が付属します。

41oGGxTUS9L._SL160_

ボタンは2つのみで、使い方は↑のようにいたってシンプル。GSPデータのアップロードなど、こちらのWEBマニュアルが分かりやすいかもしれません。

iGS130の使い方

41oGGxTUS9L._SL160_

バイクマウントもしっかりしています。

41oGGxTUS9L._SL160_

取り付け後。スピード・平均速度・最大速度・タイム・トリップタイム・オドメーターをリアルタイムで確認できます。

41oGGxTUS9L._SL160_

太陽がガンガンに照っている日中での状態。写真では反射が目立ちますが、実際はくっきり視認できます。

41oGGxTUS9L._SL160_

15mmの薄さなので、前方からみてもスタイリッシュに見えます。

iGPSPORT iGS130まとめ

41oGGxTUS9L._SL160_

iGS130は、ロードバイクのみならずクロスバイク乗りやママチャリでも、「お金はそんなかけたくないけど、ルート記録できるシンプルなサイクルコンピューターが欲しい」という人におすすめです。

専用のクラウドサイトやストラーバとも連携でき、5000円という激安価格でGPSトラッキングができるサイクルコンピューターは、iGS130の大きな特徴といえるでしょう。

iGPSPORT iGS130のスペック

41oGGxTUS9L._SL160_

重量
60g
サイズ
50 × 75 × 15 mm
連続使用可能時間
22時間
メモリ
400時間
メーカー保証
1年間
機能
IPX7防水、2.0アンチグレアスクリーン、GPSトラッキングなど

WIFIやBluetoothなどの無線接続でケイデンスやパワー計測ができるなど、より高機能なiGPSPORTSのサイクルコンピュータが気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

iGPSPORT公式サイト
iGPSPORT日本サイト

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する