Sponsored link

速い&かっこいいおすすめディープリムホイール3厳選

カーボンホイールでも、タイムトライアルやトライアスロンなど平地での速さを求める場合は、軽ければ良いというものでもなく、バランスのよいディープリムホイールがおすすめになります。

FULCRUM WIND 40|フルクラム ウインド 40

FULCRUM WIND 40

フルクラムの「WIND」は、40mmながら1500g台の軽量なディープリムホイールで10万円台と、トップブランドにしてはリーズナブルでおすすめです。

WIND40Cがリムブレーキ仕様、WIND40DBがディスクブレーキ仕様です。

スペック
ホイール名
WIND 40
メーカーFULCRUM
重量1550g
リム素材カーボン
リムハイト40mm
スポークF18,R21本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)10万円台

ZIPP 404 FIRECREST - ジップ ディープリム ファイアークレスト

ZIPP 404 FIRECREST

カーボンディープリムホイールのトップブランドZIPP(ジップ)。特許ディンプル加工・ShowStopperによる雨天時の制動力・かっこよさとブランド力で、最速高級ホイールZIPPの愉しみを感じられるはず。

スペック
ホイール名
404 FIRECREST CARBON CLINCHER
メーカーZIPP
重量1592g
リム素材カーボン
リムハイト58mm
スポークF18,R24本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)20 万円台

TOKEN KONAX PRO ZENITH|トーケン カーボンディープリム ゼニス

TOKEN KONAX PRO ZENITH 1

TOKENのクリンチャーホイール「KONAX PRO ZENITH」は、52mmハイトのディープリムながら重量1400g台で10万円という圧倒的なコスパを誇ります。

リム内幅20mmのワイドリムで横風にも煽られにくい点がおすすめポイント。

スペック
ホイール名
KONAX PRO ZENITH
メーカーTOKEN
重量1452g
リム素材カーボン
リムハイト52mm
スポークF18,R21本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)10万円台

コスパのよいおすすめ軽量アルミホイール4厳選

予算が少なく、ガシガシ使いたいなら「軽量アルミホイール」がおすすめです。

Campagnolo ZONDA - カンパーニョロ ゾンダ

CAMPAGNOLO ZONDA

カンパーニョロのコスパ最強の軽量ホイール「ゾンダ」。価格も安くトレーニングや通勤など、ロードバイク初心者におすすめ。2:1のG3スポークが美しい。

スペック
ホイール名
ZONDA
メーカーCampagnolo
重量1540g
リム素材アルミ
リムハイトF24,R27mm
スポークF16,R21本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)3万円台

Mavic Ksyrium Elite UST - マビック キシリウム エリート

Mavic Ksyrium Elite UST

マビックのエントリーミドルグレード「キリシウムエリート」は、4万円代の安さで1500gの軽量アルミホイール。

スペック
ホイール名
Ksyrium Elite UST
メーカーMavic
重量1520g
リム素材アルミ
リムハイトF24,R26mm
スポークF18,R20本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)4万円台

ALEXRIMS ALX473EVO - アレックスリム

ALEXRIMS ALX473 2

1400g台のアルミホイールでは最安最軽量の「ALX473EVO」は、航空機に使われる軽量アルミとブレの少なさや特徴のコスパ最強アルミホイールです。

30mmのセミディープリム・ワイドフランジの新設計ハブ・2:1スポーク組み・滑らかな回転をする4つのシールドベアリングなど、ロードバイク初心者のステップアップにおすすめです。

スペック
ホイール名
ALX473EVO
メーカーALEXRIMS
重量1460g
リム素材アルミ
リムハイト30mm
スポーク24本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)4万円台

FULCRUM RACING ZERO|フルクラム レーシングゼロ

FULCRUM RACING ZERO C17 COMPETIZIONE

アルミホイール最高峰フルクラムの通称「レーゼロ」は、エアロスポークにUSB セラミックベアリングを搭載し、下位モデル(レーシング3・レーシング5・レーシング7)のスチールベアリングに比べて50%以上滑らかになっています。軽くて回転性能が高いので、ヒルクライマーにおすすめです。

スポークが赤くてかっこいい「RACING ZERO COMPETIZIONE (コンペティツィオーネ)」は、10万円ほどしますが重量が1475gとさらに軽量化されています。

スペック
ホイール名
RACING ZERO
メーカーFULCRUM
重量1510g
リム素材アルミ
リムハイトF25,R30mm
スポークF16,R21本
ブレーキタイプリムブレーキ
タイヤタイプクリンチャー
実勢価格(最安)8万円台

Fulcrum Racing Zero Nite C17 Wheelset

見た目重視の方は、POE加工の黒リム版「レーゼロナイト」もおすすめです。

Sponsored link

ロードバイクのおすすめカーボンホイールまとめ

ラルプバイク的には、スポークが少ないとかっこ良く見えるので、カンパーニョロやフルクラムのG3組みなんか大好物です。

カーボンホイールが欲しすぎて夜も眠れない「ホイール沼」から抜け出すためには、思い切った初期投資の決断が必要です。海外通販サイトなら国内価格より安く買えて出費を抑えられます。

見た目のかっこよさなら、性能も最上級のカーボンディープリムホイールに逝ってみるのもありでしょう。

ほかにも色々なホイールブランドあるので、ぜひチェックしてみてください。

「前後別ホイール買い」はバランスを崩し、ホイールの良さを正確に感じにくくおすすめできません。所有欲も減り、リセールバリューもなくなるので、ホイールは前後セットでの購入がおすすめです。
Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう