ネットで買える!初心者におすすめな10万円のロードバイク2017まとめ

FELT(フェルト) F95

f95

ドイツの自転車ブランドFELT F95は「フレームの魔術師」ジム・フェルトが送り出した、ロードバイク初心者に圧倒的な人気を誇ったエントリーモデルです。

初心者でも扱い易い軽量で強靭なアルミフレーム

F95は2017年モデルは2016年モデルに比べ安くなり性能もアップしています。空気抵抗の少ない前傾姿勢が取れるフレーム設計、即レースに投入できるピュアレーシングフレームが特徴です。F95のフレームは6000系のアルミ素材ではなく、7000系のアルミを使っています。7000系は6000系に比べ、約10%強度が高いので、より軽く強いフレームを作ることができます。

また、クランクもシマノで統一されているので、フロント変速がスムーズなのと、2017年からブレーキもSORAに変わったので制動力も向上しました。実勢価格9万円台でSORA搭載、重量9kg前半、軽量高剛性なアルミフレームを採用したF95は、ビギナーにおすすめしたいコストパフォーマンスの高いモデルです。

F95のスペック

f95

定価(税抜き)
99,800円(2017年モデル)
実勢価格
95,000円前後
素材
アルミフレーム・カーボンフォーク
メインコンポ
SHIMANO Sora
ギヤ
2×9速
タイヤ
23C
重量
9.31kg

FELT F95 2017年モデルを購入する(1)

FELT F95 2017年モデルを購入する(2)

メーカーサイト:FELT

CENTURION(センチュリオン) HYPERDRIVE 500(ハイパードライブ500)

hyperdrive500_bk_m

ドイツの自転車ブランドCENTURION(センチュリオン)のHYPERDRIVE500(ハイパードライブ)は、実勢価格7万円台〜8万円前半と初心者におすすめな超お買い得ロードバイクの筆頭角です。

フレームは6061バテッドアルミフレーム、振動吸収性の高いカーボンフォーク、メインコンポにSHIMANOクラリスを搭載して重量10kg以下と、意外にコスパが高いのがセンチュリオンの特徴です。

一番のポイントはそのホリゾンタル気味なフレーム形状と無骨なカラーリング。カラーはマットブラックとホワイトの二種類で、どちらもシンプルで余計な主張をしない「街になじむ」デザインです。スローピングしないトップチューブはキャノンデールのCAAD10やCAADオプティモにも通ずる美しさですね。

HYPERDRIVE 500(ハイパードライブ500)のスペック

hyperdrive500w

定価
96,000円(2016年モデル)
実勢価格
8万円前後
素材
アルミフレーム&カーボンフォーク
重量
9.7kg
メインコンポ
クラリス
ギア
2×8速

HYPERDRIVE 500を購入する(1)

HYPERDRIVE 500を購入する(2)

出典:centurion

MERIDA SCULTURA 100(メリダ スクルートゥラ100)

SCULTURA100_2017

メリダのスクルートゥラ(SCULTURA)はグランツールでも投入されているレースバイクです。レース初挑戦のロードレーサー初心者にもおすすめな手が出しやすいリーズナブルな価格ながら、インターナルケーブルの美しさが目を惹きます。

カーボンフォークにクラリス×ソラMIXのコンポーネント、上位モデルと同じトリプルバテッドのScultura liteフレームを採用し、デザインと走りを両立したSculturaシリーズのエントリーバイクです。

MERIDA SCULTURA 100のスペック

SCULTURA100

定価(税抜き)
93,900円(2017年モデル)
実勢価格
83,000円前後
素材
アルミフレーム&カーボンフォーク
メインコンポ
Claris(クラリス)&Sora(ソラ)MIX
ギヤ
2×8速
タイヤ
25C
重量
9.4kg

SCULTURA100 2016年モデルを購入する(1)

SCULTURA100 2017年モデルを購入する(2)

メーカーサイト:MERIDA

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する