なぜか子猫がサイクリストの胸に収まっている件【ほっこりエピソード】

これは8月のとある日曜日のお話。

トルコ人の大学生サイクリストozgur nevresさんは、日課であるロードバイクの100kmロングライドトレーニングにでかけました。

この日のライド目的は、自宅から50km離れた空港で離陸する飛行機を写真に収めること。

空港に到着して写真をとっていると、どこからか子猫の鳴き声が。

声のするほうを見回してみると、生後4週間ほどの小さな猫がいました。

子猫がnevresさんを見つけると、走って近づいてました。

子猫はお腹をすかせているようで、nevresさんはその場から離れることができませんでした。

子猫は助けを求めるように泣き続けました。

近くには食料を調達できる場所がなかったため、nevresさんは

「一刻も早く食べ物と水を与えねば」

と感じました。

そして、自分のサイクルジャージに子猫をしまい、ロードバイクに跨りました。

cat-cyclist

移動中、子猫は怖がるそぶりはみせず、景色を楽しんでいるようにみえました。

cat-cyclist

その後、無事子猫を保護できたnevresさんは、ブログで里親を見つけることに成功しました。

cat-cyclist

この幸運な子猫は、新しい親とお友達のもと、元気に暮らしているそうです。

めでたし、めでだし。

出典:@ozgurnevres

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する