5度〜0度対応!おすすめの冬用サイクルウェアまとめ

冬の自転車防寒装備ガイドでは、ロードバイク乗りの基本的な防寒対策を解説しました。今回は気温5度に対応した冬用のサイクルジャージサイクルパンツなど、おすすめの防寒用品から電熱線ソックスなどの発熱アイテムもご紹介します。

5度対応の冬用サイクルウェア選び

10度を下回るといよいよ冬本番。今まで以上に入念な冬のサイクルウェアをチョイスする必要があります。ここでは、5度以下のロードバイクで最低限必要な服装とおすすめアイテムをみていきます。

1.ウィンドブレーカー(アウターレイヤー)

windbreaker

予算:5,000円〜10,000円

ウィンドブレーカーの使いどころは、身体がまだ温まっていない走行前と冷えてくるライド終盤です。プロ選手でも長いダウンヒルのときは、バックポケットに忍ばせておいたウィンドブレーカーを頂上で着込む人が多いです。

自転車用のウィンドブレーカー選びのポイントは、なるべく身体にフィットするサイズにすることです。ウィンドブレーカーは使い勝手がよく、オールシーズンでヘビロテできるので一着もっておくことをおすすめします。

2.冬用サイクルジャージ(ミドルレイヤー)

windbreaker

予算:10,000円〜20,000円

冬用のサイクルジャージは防風はもちろん、裏面がフリースなどの起毛になっていてかなり温かいです。また、高性能なサイクルジャージほど透湿性が高く伸縮性もあるので、汗をかきづらく長時間のライドでも疲れにくいです。

冬用のサイクルジャージは比較的高価なので、登山用のソフトシェルや厚手のウィンドブレーカーなどである程度代用できますが、やはり自転車専用に設計されたサイクルジャージは快適性で大きく勝ります。

3.高機能速乾インナー(ベースレイヤー)

windbreaker

予算:5,000円

冬のサイクルウェアで絶対に外せないのがこの速乾インナーです。着た人ならその違いを実感していると思いますが、コットンインナーやそこらへんの運動着よりはるかに速乾性に優れ汗冷えも抑えてくれます。

インナーとして考えたら少し高価に感じるかもしれませんが、トータルの防寒を考えたら絶対外せないアイテムです。パールイズミ、モンベル、ファイントラック、クラフトあたりの速乾インナーなら間違いないので、持っていない人は是非一度試してみてください。

4.冬用サイクルタイツ

windbreaker

予算:8,000円〜15,000円

冬のサイクルウェアで絶対に外せない2つ目のアイテムが冬用の防風サイクルタイツです。

サイクルタイツは防風性と運動性が自転車に最適化されているので、冬のロードバイクでは素人からプロまで支持されています。

上半身まで覆うビブ付きのタイツはさらに温かいので、寒がりな人や寒冷地にお住まいの方にオススメです。

5.ウィンターサイクルグローブ

windbreaker

予算:4,000円〜7,000円

ロードバイクでは指先の冷えが致命的にきつく感じます。末端を温めるという考えからも、冬用のサイクルグローブは性能が高いものを選ぶべきです。

シマノやパールイズミのサイクルグローブは5度以下や0度以下に対応しています。インナーグローブをする前提でサイズは少し大きめを選んでおくと良いでしょう。

6.防風シューズカバー

windbreaker

予算:1,000円〜4,000円

シューズカバーやトゥカバーも足の指先の冷えからあなたを守ってくれる防寒アイテムです。

トゥカバーだけでもつま先の冷えを防止できますし、安さに反比例して防寒効果が高いのでおすすめ。

7.イヤーウォーマー・ヘッドウォーマー

windbreaker

予算:2,000円

冬のライドでは耳の冷えも意外な盲点です。ヘッドバンドやマフなどのイヤーウォーマーをすることで、耳の痛さを気にせずライドに集中できます。

8.その他の防寒・発熱アクセサリー

windbreaker

1~7までが冬のサイクルウェア選びの基本になりますが、他にも役立ちそうな防寒グッズがあるので紹介します。

電熱線を使った防寒アイテムはかなり高価ですが、パールイズミのヒーターシューズカバーが評価も高く期待できます。また、サンコーから新発売された電熱線が仕込まれた靴下も気になりますね。

靴下でもメリノウール素材のものは、吸水性に優れ登山でも多くの支持を得ています。冷え症の人や足冷えがひどい人におすすめです。

5度〜0度対応!おすすめの冬用サイクルウェアまとめ

真冬のサイクルウェアを本気で揃えると結構な金額がかかりますが、冷えや寒さから身を守れるなら安い投資だと思います。

特に、ベースレイヤーとなる長袖の速乾インナーは冬の防寒の基礎となるので、モンベルやパールイズミなど高機能なインナーを選択したいところです。

冬用サイクルウェアや防寒アイテムをネットで購入する際は、口コミや寸法をしっかり確認することをおすすめします。海外通販サイトやアマゾンを上手く利用して、今シーズンはお気に入りの冬用サイクルウェアを揃えたいですね。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する