5万円以下コスパなおすすめロードバイク7選 2018~2019

2.Artcyclestudio(アートサイクルスタジオ) 4.5万〜5万円

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

アートサイクルスタジオ(Artcyclestudio)は自転車卸販売の福井商会がもっているブランドです。アートサイクルスタジオの自転車はインターネット通販での販売がメインです。「日本国内で受注生産」という珍しい方式をとっているうえで、5万円以下の低価格ロードバイクをライナップしているので、絶対にチェックしたい自転車ブランドの一つです。発送も90%以上組み上がった状態で届くので、ロードバイク初心者でも安心して乗り出すことができます。

アートサイクルスタジオ A660 ELITEのスペック

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

A660エリートは、5万円以下のロードバイクでありながら、メインコンポーネントに新型シマノクラリス(Claris)をインストールし、指一本で簡単にギアチェンジができるデュアルコントロールレバーを搭載しています。

A660エリートのフレームには軽量アルミ素材6061を使用、テクトロ社のブレーキセット、コンパクトクランクに加えて、太めの28Cタイヤを履いているので、ストップ&ゴーが必要な信号や街中のちょっとした段差でも軽々超えていけます。カラーバリエーションが豊富なので、グリーンやブルーなどカジュアルなカラーデザインの可愛いロードバイクに乗りたい人にもおすすめ。

定価
¥45,800
素材
アルミフレーム・クロモリフォーク
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
約11kg?
タイヤ
28c
art-cycle-studio-elite-a660-1024x683
Artcyclestudio(アートサイクルスタジオ)   ¥46,224  

アートサイクルスタジオ S660のスペック

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

アートサイクルスタジオのS660は、5万円のロードバイクではデザインと機能面で大注目の自転車です。S660の特徴は、トラディッショナルなホリゾンタルフレームに耐久性のあるオールクロモリロードである点です。

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

またプラス5,000円で50種類から選べるフレームカラーリングのオーダーが可能なところもポイント。自分の好きな色にカスタマイズできて、新型クラリスも搭載した走れるロードバイクとしてS660は安いといえます。

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

23Cや25Cのタイヤに履き替えるだけでスピードアップも期待できます。重量は少しありますが、フロントフォークにアルミでなく衝撃吸収性の良いクロモリ素材を使用しているので、5万円のロードバイクにしては十分に楽しめるスペックを備えています。

定価
¥53,800
素材
アルミフレーム・クロモリフォーク
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
約11.9kg
タイヤ
28c
art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

アートサイクルスタジオ(Artcyclestudio)ロードバイク S660

アートサイクルスタジオ(Artcyclestudio)   ¥53,800

コンポがシマノターニーにスペックダウンした3万円台の下位モデル「s440sti」や7万円台のソラ搭載モデル「S700」もありますが、6万円〜8万円以下の予算でロードバイクを選ぶとしたら、やはり有名自転車ブランドのエントリーモデルをチョイスしたほうが満足度が高いです。やはりこのレベルで選ぶなら、新型クラリスで4万円台の「A660」と「S660」はコスパが良くおすすめの自転車です。

3.CANOVER(カノーバー)のロードバイク 6万円

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

CANOVER(カノーバー)は大阪に本社がある日本の総合商社オオトモが持つ自転車ブランドです。中国の生産工場と強い結びつきがあるため、低価格で高機能な自転車のOEM生産をすることができています。レースではなく街乗りに適したいわゆる「ルック車」的なスポーツバイクを多く取り扱っている印象ですが、最近では本格派ロードバイクにも挑戦してきているようです。

CANOVER ZENOS (カノーバー ゼノス) CAR-011のスペック

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

カノーバーゼノスは6万のロードバイクでピュアレーサーというカッコよさNo.1の自転車です。メーカー希望小売価格は10万円超えですが、ネット通販などの実勢価格は5万円〜6万円といったところ。ゼノスはこのクラスでは軽量な重量10kg、シマノクラリスにアルミフレームと5万円台のハイコストパフォーマンスロードに求められるレベルをクリアしています。

art-cycle-studio-elite-a660-1024x683

ゼノス最大の特徴であるルックスは、CNC加工した黒リムのセミディープホイールに23Cタイヤというレーサーな仕様にあります。エアロダイナミクスを感じさせる扁平気味なトップチューブと太めのダウンチューブは、パッと見5万円の自転車とは思えない存在感。カラバリはマットブラック・ブラック&レッド・ホワイトの3色。通勤通学だけに使うのがもったいないくらいコストパフォーマンスの高いロードバイクではないでしょうか。

価格
¥60,445
素材
アルミ
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
約10.2kg(ペダルレス)
タイヤ
23c

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する