5万円以下コスパの高いロードバイク4選 2017-2018年版

3.CANOVER ZENOS(カノーバー ゼノス) 5万円〜6万円

zenos

CANOVERは大阪に本社がある日本の総合商社オオトモが持つ自転車ブランドです。中国の生産工場と強い結びつきがあるため、低価格で高機能な自転車のOEM生産をすることができています。レースではなく街乗りに適したいわゆる「ルック車」的なスポーツバイクを多く取り扱っている印象ですが、最近では本格派ロードバイクにも挑戦してきているようです。

CANOVER ZENOS(カノーバー ゼノス)CAR-011のスペック

zenos

5万のロードバイクでまさかのピュアレーサー!5万円以下のロードバイクではカッコよさNo.1のカノーバーゼノスです。メーカー希望小売価格は10万円超えですが、ネット通販などの実勢価格は5万円〜6万円といったところ。

ゼノスはこのクラスでは軽量な重量10kg、シマノクラリスにアルミフレームと5万円代のハイコストパフォーマンスロードに求められるレベルをクリアしています。

そして、ゼノス最大の特徴はルックスです。CNC加工した黒リムのセミディープホイールに23Cタイヤというまさかのレーシー仕様。エアロダイナミクスを感じさせる扁平気味なトップチューブと太めのダウンチューブは、パッと見5万円の自転車とは思えない存在感

カラバリはマットブラックとホワイト。通勤通学だけに使うのがもったいないくらいコストパフォーマンスの高いロードバイクではないでしょうか。

定価
124,500円
実勢価格
5万円〜6万円
素材
アルミ
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
約10.2kg(ペダルレス)
タイヤ
23c

CANOVER ZENOSの詳細ページへ(1)

CANOVER ZENOSの詳細ページへ(2)

メーカーサイト:OTOMO

4.LOUIS GARNEAU (ルイガノ) LGS-CRC 5万円〜6万円

zenos

カナダのお洒落自転車ブランド。厳密にいうと日本のルイガノのライセンスは代理店によって展開されていますので、カナダ本国とのブランドイメージに差はありますが、きちんと自転車に向き合っている会社です。

LGS-CRCは自転車販売店のあさひで販売するために設計され、パーツのグレードが下げて全体のスペックアップとコストダウンが図られたモデルです。

特徴は5万円台でメインコンポにクラリス、アルミフレーム&カーボンフォーク、重量10kg以下の9.5kgというコストパフォーマンスの高さです。

もちろん、ブレーキセットやクランクは社外品ですが、価格を考えればトップブランドのエントリーモデルに迫る勢いです。カラーはブリティッシュグリーン、ネイビー、チタンカラーの3種類。街にも馴染むデザインがロードバイク初心者には嬉しいですね。

定価
56,250円
実勢価格
5万円〜6万円
素材
アルミ
mコンポーネント
シマノ クラリス(Claris)MIX
ギア
2×8
重量
約9.5kg
タイヤ
23c

→LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-CRCを購入する

5万円以下のロードバイクまとめ

ジオメトリーなどさらに細かいところまで見れば違いはでてくるかもしれませんが、有名メーカーのエントリーバイクと遜色ないスペックを持っていることがわかると思います。このクラスは通販での購入が多いと思うので、迷っている方は、最後はルックスやデザインで決めてしまえば間違いないと思います。

5万円のロードバイクといえば安かろう悪かろうの印象を抱きがちですが、きちんと整備をして大切に乗ってあげれば、ブランド品と違わぬ性能を発揮できるので侮れませんね。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する