5万円以下コスパの高いロードバイク4選 2017-2018年版

1.TOTEM(トーテム) 4.5万〜5万円

TOTEM(トーテム)は1987年に創業された中国ゴールデンホイールグループ(天津金輪自転車集団有限公司)の歴史ある自転車ブランドです。中国天津は自転車のメッカで、多くの外国企業のOEMを請け負っているなど歴史と実績をもっています。なんと世界で生産される自転車の1/3が中国天津で作られ、特にTOTEMのアルミフレームは日本のJIS規格を通っているので安心感もあります。

TOTEM(12B404)のスペック

totem

TOTEMのコストパフォーマンスが高いポイントは、税込み5万円以下!、重量10kg以下!、コンポがクラリス!という点でしょう。しかも、フレーム素材はスチールではない、超軽量アルミフレームで振動吸収性もロードバイクのそれに近くなっています。タイヤは高速走行に適した23cKENDAタイヤ、10kg前半の軽量性、クラリスの変速性能とロードバイクとしても合格点。アンダー5万円のロードバイクの中では一押しです。

決して有名ブランドではありませんが、戦闘力の高そうなルックスで驚異のコスパを誇るTOTEMは、通勤通学にガンガン使える優秀なロードバイクといえそうです。TOTEMは今の時代に多いインターネット通販での購入が主流です。組み立て後は近くの自転車屋さんに持って行って、防犯登録と調整をしてもらいましょう。

定価
49,800円
素材
アルミ
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
10.3kg
タイヤ
23c

TOTEMのロードバイクを購入する

TOTEM

2.Artcyclestudio(アートサイクルスタジオ)Aシリーズ 4.5万〜5万円

Artcyclestudio(アートサイクルスタジオ) ロードバイク a660 (ライトブルー, 465mm)

アートサイクルスタジオは自転車卸販売の福井商会がもっているブランドです。アートサイクルスタジオの自転車はインターネット通販での販売がメインです。「日本国内で受注生産」という珍しい方式をとっているうえ、5万円以下の低価格帯ロードバイクをだしているので絶対にチェックすべきブランドです。

発送も90%以上組み上がった状態で届くので、ロードバイク初心者でも安心して乗り出すことができます。

アートサイクルスタジオ A660(ELITE)のスペック

Artcyclestudio(アートサイクルスタジオ) ロードバイク a660 (ブラック, 465mm)

A660エリートは5万円以下のロードバイクでありながら、メインコンポーネントに新型シマノクラリス(Claris)をインストールし、指一本で簡単にギアチェンジができるクラリスのデュアルコントロールレバーを搭載しています。

さらに、フレームは軽量アルミ素材6061、テクトロ社のブレーキセット、コンパクトクランク、28Cの太めのタイヤを履いているので、ストップ&ゴーが必要な信号や街中のちょっとした段差でも軽々超えていけます。また、カラーバリエーションが豊富なので、グリーンやブルーなどカジュアルなカラーデザインの可愛いロードバイクに乗りたい人にもおすすめ。

23Cや25Cのタイヤに履き替えるだけでスピードアップも期待できます。フォークにクロモリ素材を使用しているので重量は少しありますが、ロードバイクを十分に楽しめるスペックを備えているので、こちらもコスパの高いロードバイクと言えるでしょう。

定価
¥49,464
素材
アルミフレーム・クロモリフォーク
コンポーネント(シフター)
シマノ クラリス(Claris)
ギア
2×8
重量
約11kg?
タイヤ
28c

A660 ELITEの詳細ページへ

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する