15万のロードバイク スペシャライズド アレー DSW SL

人気のキャノンデールCAAD OPTIMOのライバルとなる、15万円以下のロードバイク2017年モデルSpecialized「Allez DSW SL Sprint Comp」を紹介します。

CAAD OPTIMOのスペックを基準に、コンポはティアグラ以上・重量8kg〜9kg台・軽量アルミフレーム&カーボンフォークが採用された、同価格帯の有名自転車メーカーのロードバイクを厳選します。

「ネットで買える!初心者におすすめな10万円のロードバイクまとめ」も参照ください

Specialized Allez DSW SL Sprint Comp (スペシャライズド アレー DSW SL スプリントコンプ)

Allez_DSW_SL_Sprint_comp2

キャドオプティモのライバル筆頭格は、スペシャライズドのアルミロード最上位モデル「アレー DSW SLシリーズ」です。定価15万円で105がアッセンブルされています。

「アレー DSW SL スプリントコンプ」の大きな特徴は、キャドオプティモにも勝る美しいデザインです。スペシャのカーボンロードの代表格であるTarmac(ターマック)から受け継がれた独特のフレーム形状は、ハイドロフォーミング法で作られたチューブ形状がエアロダイナミクスを生み出します。

Allez_DSW_SL_Sprint_comp2

あのペテル・サガンが乗る“S-Works”の名前を冠した 振動吸収性と高い剛性をもつFACTカーボンファイバーフォークを採用。フラッグシップモデル“Venge(ヴェンジ)”のFACTカーボンシートポストもエアロっぽい形状で、いかにも速そうで高そうなロードバイクにみえますが、お値段はリーズナブル。

チェーンリングは52-36Tのミッドコンパクト、リアが11-28Tなので、ロードバイク未経験より足に自信のあるスポーツ自転車経験者のほうが乗りこなせるかも?

色は「モトオレンジ/ブライトイエロー/ブラック」と「サテンブラック/グロスポケットレッド」の2色。

Allez_DSW_SL_Sprint_comp2

また、「アレー DSW SL スプリントコンプ」より1万円安くコンポが10速Tiagraにダウングレードした「Allez DSW SL Sprint Elite アレー DSW SL スプリントエリートもあります。色はグロスメタリックホワイト/ターマックブラックの一色のみ。

キャドオプティモが13万円ということを考えると、スプリントエリートのほうがライバルと言えそうですが、2017年モデルで1万円の差額なら11速105をコンポに搭載したスプリントコンプのほうがお得感があります。

ただし、クランクと前後ブレーキセットが社外製なので、迷った際はカラーの好みと予算で決めてしまって良さそうです。

Specialized Allez DSW SL Sprint Compのスペック

Allez_DSW_SL_Sprint_comp2

定価
15万円(税別)
素材
アルミフレーム&カーボンフォーク
メインコンポ
105(2×11速)
ブレーキセット
AXIS 2.0
ホイールセット
Axis Elite QR
重量
非公開

出典:Specialized

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する