15万円のおすすめロードバイク厳選20台 2017-2018年保存版

GIOS FELLEO 105 2017 ジオス フェレオ

gios-felleo-105-2017

イタリアの自転車ブランドGIOS(ジオス)のFELLEO(フェレオ)はこの中では少し変わり者のクロモリロードバイクです。

しなやかな走りが体感できるGIOSフェレオ2017年モデルのコロンバス社製クロモリフレームは、アルミよりも耐久性と振動吸収性が高く、細身のドホリソンタルフレームが好きな人にはたまらないルックスになっています。

105のコンポーネントと30mmハイトのWH-RS330セミディープリムホイールで高速巡航やロングライドも得意なGIOSフェレオは、クロモリロードでは軽量な重量9kg前半で収まっていて、ジオスブルーがオシャレな長く使える入門ロードバイクとして初心者の方にもぴったりです。

定価
¥168,000
実勢価格
15万円前後
素材
クロモリフレーム×カーボンフォーク
メインコンポ
105
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
9.4kg

→GIOS FELLEO 105 2017年モデルを購入する

BMC teammachine ALR01 2017ビーエムシー チームマシン ALR01

bmc-teammachine-alr01-2017

スイスの自転車ブランドBMCは、プロロードチームBMCレーシングとしてツールドフランスの常連で、日本でも人気の高い自転車ブランドの1つです。チームマシーンALR01は、スローピングした1300gのUCI公認軽量アルミフレームがロードバイク初心者にも扱いやすいレースジオメトリになっています。コンポーネントのティアグラ、完成車重量9kg以下、50-34Tのコンパクトクランクに11-34Tの超ワイドなギア比で激坂も余裕でクリアできます。

定価
¥194,000
実勢価格
16万円前後
メインコンポ
ティアグラ
ギア
2×10速
タイヤ
23C
重量
8.8kg

→BMC teammachine ALR01 2017年モデルを購入する

BASSO MONZA 105 2017年モデル バッソ モンツァ 105

monza_basso_2017

日本ではあまり聞き慣れないイタリアンバイクのBASSO(バッソ)。2017年モデルのMONZA(モンツァ)は、カーボンフォークに105のコンポを搭載して重量9.3kgと無難な仕上がりになっていて、ロードバイク初心者のみならず、他人とかぶらない105アルミロードをお求めの方にもおすすめです。

定価
¥168,000
実勢価格
15万円前後
メインコンポ
105
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
9.3kg

→BASSO MONZA 105 2017年モデルを購入する

MERIDA SCULTURA 700 2017年モデルメリダ スクルトゥーラ700

merida-scultura700-2017

メリダのアルミロードの中でも完成車重量8.5kgと軽量な本格的なロードレーサーのスクルトゥーラ700は、DT SWISS R24 Splineのホイールセットにブレーキセットまで105のコンポーネントを搭載し制動力も抜群です。ヒルクライムからクリテリウムまでオールコンディションに対応するのでレース志向のロードバイク初心者におすすめで、15万円のロードバイクでもコストパフォーマンスの高いロードレーサーといえます。

定価
¥169,900
実勢価格
15万円〜16万円
メインコンポ
105
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
8.5kg

→メリダ SCULTURA700 2017年モデルを購入する

15万円のおすすめ2017年モデルロードバイクまとめ

20台以上のロードバイクを見てきましたが気になった自転車はありましたか?

予算に合った自分の欲しいロードバイクは、必ずしも近くの自転車屋さんに売っているとは限りません。楽天やWiggleなど信頼できる大手のネット通販ショップを上手く利用して、是非運命の1台をGETしてみてください。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する