15万円のおすすめロードバイク厳選20台 2017年保存版

COLNAGO A1r 105 2017 コルナゴ A1r 105

colnago-a1r-105-2017

高級ロードバイクのイメージがあるイタリアンバイクのCOLNAGO(コルナゴ)。A1r 105は前モデルSTRADA(ストラーダ)のリニューアルとして2017年に発売されました。

コルナゴA1r 105の2017モデルの定価は19万円ですが、海外通販のセール時なら15万,16万円程度まで値下がりします。6011番アルミニウムを使ったハイドロフォーミングフレームの溶接はスムースウエルディング加工により美しく仕上がっています。カーボンフォークにケーブル内蔵フレーム、コンポに105を搭載した、コルナゴらしい高級感漂うアルミロードバイクになっています。

定価
¥195,000
メインコンポ
105
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
?kg

→COLNAGO A1r 105 2017モデルを購入する

CENTURION HYPERDRIVE 2000 2017年モデルセンチュリオン ハイパードライブ2000

centurion-hyperdrive-2000-2017

ドイツの自転車ブランドCENTURION(センチュリオン)のHYPERDRIVE2000 2017年モデルは、ティアグラ搭載車の中でも圧倒的に安く初心者にも手が出しやすいアルミロードバイクです。HYPERDRIVE2000の実売価格は11万円前後と驚異的な価格設定ながら、完成車重量9kg前半にケーブル内装式フレームなどデザインでも抜け目がない1台です。

定価
¥140,000
実勢価格
11万円前後
メインコンポ
ティアグラ
ギア
2×10速
タイヤ
25C
重量
9.3kg(53cm)

→CENTURION HYPERDRIVE 2000 2017年モデルを購入する

FUJI ROUBAIX 1.3 2017年モデルフジ ルーベ 1.3

fuji-roubaix-1-3-2017

逆輸入のアメリカ自転車ブランドFUJI(フジ)のROUBAIX1.3は、2017年のモデルチェンジで10%の軽量化に成功したフジのロングセラーモデルです。多くの入門ロードバイクに使われる6061番のアルミより30%剛性の高いAL6066-T6(A6-SL)をフレームを使用し、C10ハイモジュラスカーボンのフルカーボンフォークによりスムーズなコーナリングと高い振動吸収性をもっています。

ROUBAIX 1.3はフラッグシップモデルのSLと同じジオメトリを採用し、完成車重量8.3kgの超軽量を武器にロングライドから平地の高速レース、さらにはヒルクライムレースまでこなせるオールラウンダーなレーシングロードバイクです。

定価
¥165,000
実勢価格
15万円台
メインコンポ
105
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
8.3kg

→FUJI ROUBAIX 1.3 2017年モデルを購入する

CANYON ENDURACE AL 7.0 2017キャニオン エンデュレース AL 7.0

endurace-al-7_2017

ナイロキンタナやバルベルベらプロロードレーサーがツールドフランスで愛用した、ドイツの自転車メーカーCANYON(キャニオン)。ENDURACE AL 7.0の2017年モデルは、15万円のアルミロードバイクでは異例ともいえる、6800系アルテグラがコンポーネントにフルで搭載されています。パーツ類も、サドルにはフィジーク、タイヤにはコンチネンタルのGRAND PRIX 4000S2、ホイールセットにはマビック アクシウムと豪華な仕様ながら完成車重量が8kg切りの7kg後半と驚異のハイスペック。

ただし、キャニオンバイクの購入はドイツ本国と英語でやりとりする直接取引になり、送料や関税手数料などで2~3万円ほど本体価格とは別に加算されるので注意が必要です。

定価
¥149,000
メインコンポ
アルテグラ
ギア
2×11速
タイヤ
25C
重量
7.9kg

CANYON公式サイト

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する