ロードバイクにおすすめなSPDビンディングペダル3選

ロードバイクのビンディングペダルといえばSPD-SLやスピードプレイが有名です。しかし、歩行性や着脱性に優れるSPDペダルも、ロードバイク初心者や熟練ローディーにおすすめなんです。

SPDペダル(2つ穴クリート)

spd-1024x576

SPDとはSimano Pedaling Dynamics(シマノ・ペダリング・ダイナミクス)の略称で、もともとはMTB(マウンテンバイク)やシクロクロスをやる人向けのビンディングペダルです。ロードレーサーが使うSLやスピードプレイと異なり、バイクを降りて山道を歩くことを想定しクリートは小型です。クリートを付ける専用シューズの底には凹みがあり、クリートと地面が干渉しづらくなっているので、街でも山でも普通に歩行できることが大きな特徴です。

もちろん、ロードバイクに乗る人でもSPDペダルを使っている人はたくさんいます。ロードバイクでのSPDペダルは以下の使用方法が想定されます。

  • お洒落なシューズと普段着で気楽に街乗りしたい
  • ロングライドした先で結構歩く
  • 通勤通学でもスピードを出したい
  • ビンディングペダル初体験
  • フラットペダルできつかった坂や山を楽に通過したい
  • 固定力や扱いに気を使うSLやスピードプレイではきつい
  • MTBでも使いたい

つまり、SPDペダルは、クリートが出っ張らずに歩きやすくシティライドにも向いているので、カジュアルな服装で自転車を楽しめるペダルといえます。

ビンディングペダルを選ぶ4つのポイント

spd-1024x576

SPDビンディングペダルを選ぶにあたって重視すべきポイントが次の4点です。

※使用する前提や用途によって最適なペダルは違ってきますのでご了承ください。

1.両面SPDである

信号など脱着機会の多いシーンで片面だと、発進のときにSPDの向きが合わずストレスになります。片面を普段靴でも踏める「片面フラットペダル」モデルもありますが、結局こちらもSPDシューズをはいたときと同じく、いちいち踏み面を確認する必要があるのでおすすめしません。

2.SPDシューズと互換性がある

2つ穴のビンディングペダルはシマノ以外にもいくつかのブランドが出しています。ペダルとクリートは自社規格のものが多いですが、「シューズとクリートだけはSPDと互換性がある」というところを是非確認しておくべきです。理由は、SPD対応シューズは種類が豊富でサイズ・デザイン・値段を選ぶことができるからです。

3.リリース角度と固定力

リリース角は、ペダルからシューズを外すときにどれくらいの角度でひねって外せるかというものです。リリース角が固定のもの、調整できるもの様々あります。おすすめは固定力の強いビンディングペダルを選ぶことです。SPDは脱着時の負荷が少ないところが売りなので、ただでさえ固定力は弱めなのです。

4.軽量性

ペダリングが軽いとロングライドでの疲労度に大きく影響してくるので、なるべく軽量なペダルが望ましいです。ただ、同価格帯で考えると重さによる大きな違いはありません。MTB競技用の数万円するSPDペダルだとかなり軽量のペダルがありますが、それを買う頃にはSPD-SLやスピードプレイ、LOOK KEOを買っているでしょう。

以上を踏まえてロードバイク乗りにもおすすめなSPDビンディングペダルをみていきます。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する