105の新作コンポ!R7000の特徴や5800との違い

ロードバイクの人気コンポ105(イチマルゴ)の最新作R7000が、シマノから新しくモデルチェンジされました。これからロードバイクを買おうとしている初心者から中級者の人が、一番気になるミドルグレードの新105について、価格や重量、旧105(5800)との違いなどみていきます。

105ロードバイクを探す

105(R7000)とは?

105-R7000silver

105は、世界シェア80%を誇るシマノのコンポーネント(ギア・ブレーキなど駆動系の総称)の名称です。シマノのロードバイク向けコンポにはランクがあり、105は上から3番目のミドルグレードにあたります。

  • DURA-ACE(デュラエース)←高級・レース向け
  • ULTEGRA(アルテグラ)
  • 105(イチマルゴ)←レースにも使える!
  • Tiagra(ディアグラ)
  • SORA(ソラ)
  • Claris(クラリス)←安価・初心者向け

105から上のグレードは11速(リアギアが11枚)なので、本格的なレースでも十分使えて、デュラエースやアルテグラと比べて安いので、コスパの良いモデルとして人気のコンポです。

新105(R7000)の特徴

105-R7000silver

新型105にはブラックとシルバー2色のカラーがあり、次の特徴があります。

握りやすいグリップと操作の軽さ

105-R7000silver

105のデュアルコントロールレバーは、エルゴノミックデザイン(人間工学)により、5800(旧105)より短くより軽い力で変速操作ができるようになりました。グリップも小型化したため、手の小さな多くの日本人が握りやすい形状になっています。

11-34Tのワイドギアも可能

105-R7000silver

5800のスプロケット(リアギア)の最大歯数は32Tでしたが、R7000では34Tの超大型ギアをつけることができます。昔は28Tですら乙女ギアと言われていましたが、坂が多い日本では欲しい人も多いです。34Tを積んでいれば、おそらくどんな激坂でも足をつくことなく登りきれるでしょう。

ディスクブレーキモデルも登場

105-R7000silver
https://bike.shimano.com

アイステクノロジーという放熱効果をもった105シリーズ初登場となるディスクブレーキシステムもライナップ。手の小さな女性には「ST-R7025」というコンパクトレバーも。男性ライダーにとっては、日常の走行やレースでディスクブレーキが必要になるシーンは少ないですが、握力の弱い女性ライダーには嬉しい選択肢です。

105 R7000の価格

新型105の価格は約6万円と言われていますので、5800とほぼ価格差はないようです。

  • デュアルコントロールレバー(ST-R7000):22,990円
  • クランクセット(FC-R7000):15,258円
  • フロントディレーラー(FD-R7000):3,865円
  • リアディレーラー(RD-R7000):5,120円
  • ブレーキキャリパー(BR-R7000):4819円
  • チェーン(CN-HG700-11):2,638円
  • カセットスプロケット(CS-R7000):4,750円
  • ボトムブラケット(SM-BBR60):1,999円

105 R7000まとめ

105 R7000は2018年夏から販売予定で、105ロードバイクの2019年モデルからR7000になるとみられています。重量も若干軽くなると見られていますが、旧105と比べて劇的に性能がUPしたわけではないので、旧105(5800)の完成車の値引きは、新車購入を考えている人にとっては狙い目かもしれませんね。

105ロードバイクを探す

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する