105カーボンエアロロードバイクで最安値?「SAVANE」

サバーン(2018 SAVANE Carbon ROAD 105)は11速105搭載の格安カーボンロードバイクです。15万円以下で105コンポを積んだカーボンエアロロードバイクの新車はめったにありませんので、SAVANEロードバイク初心者にコスパが高くみえるかもしれません。

2018 SAVANE Carbon ROAD 105のスペック

savane_105_carbon_roadbike

105カーボンエアロロードバイクの「SAVANE」は、中国で大量生産されたカーボンフレームを使用し自転車量販店サイクルベースあさひが輸入元になって企画されている自転車です。あさひが販売するくらいなので、安全性は担保されておりJISも認証済みです。

SAVANEの特徴は次の通りです。

  • エアロ形状のカーボンフレームにはTORAY T700素材を使用
  • 40mmディープリムのエアロホイール
  • シマノ105のコンポを搭載
  • ケーブル内装デザイン
  • シートポストまでカーボン
  • 新車で12万円!

など、10万円ちょっとで買えるロードバイクのスペックを超えています。

SAVANEはコストパフォーマンスの高いカーボンロードバイクか?

savane_105_carbon_roadbike

しかし、SAVANEが果たしてコスパが高いロードバイクかと言われると考える点が多々あります。

savane_105_carbon_roadbike

メインコンポに105を使っていますが、クランク・ブレーキは社外製を使用しています。特にブレーキは「WiNzip P400DG」というなかなか謎なブレーキセットを採用しているので、制動力や耐久性は未知数です。

savane_105_carbon_roadbike

そして、SAVANEの完成車重量は、9.6kgとカーボンロードにしては重量級です。

たしかに、エントリーモデルのエアロロードは9kg前後になりますし、40mmディープリムホイールが鉄ゲタであることは間違いないですが、フレーム単体重量を記載していないところをみると、カーボンといえどそこまで軽くはないと思われます。

とはいえ、カーボンフレーム&カーボンシートポストの高い振動吸収性と直線で伸びるエアロをこの安さで体験できるSAVANEの存在は貴重です。

→SAVANE(サバーン) 105モデルを購入する

まとめSAVANEの使い方

savane_105_carbon_roadbike

ちなみに、 SAVANEの9速SORAモデルは、カーボンロードバイクで10万円以下というビックリプライスです。

→SAVANE(サバーン) SORA(ソラ) モデルを購入する

SAVANEは、とにかく安くカーボンロードバイクに乗ってみたいビギナー、もしくは、カスタマイズを前提とした変態玄人さんにおすすめな個性的なロードバイクかもしれませんね。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する