人気ロードバイクブランド80社!自転車メーカーまとめ5[K~L]

ロードバイクの有名ブランド80社まとめの第5弾!

KESTREL(ケストレル)、コーダーブルーム、KUOTA(クォータ)、LAPIERRE(ラピエール)、LOOK(ルック)、ルイガノなどの人気自転車メーカー8社を紹介していきます。

「人気ロードバイクメーカー80ブランド全まとめ」

KESTREL ケストレル(アメリカ)

KESTREL-taron-road

KESTREL(ケストレル)は1986年にアメリカのサンタクルズで創業された自転車メーカーです。世界初のフルカーボンフレーム「KESTREL4000」や世界初のロードバイク用カーボンモノコックフォーク「EMSフォーク」を開発するなど、カーボンフレームメーカーのパイオニア的自転車ブランドです。

そんなカーボンフレームを得意とするケストレルは、エアロダイナミックスを追求した扁平シートチューブやトライアスロン用のDHバーなどのエアロパーツも自社で製造しており、特に軽量高剛性なケストレルのトライアスロンバイク(TTバイク)はトライアスリートから人気があります。

ロードバイクでは、800Kハイモジュランスカーボンを使用したフレーム重量780gの超軽量フラッグシップモデル「レジェンド SL(LEGEND SL)」があります。また、エアロロード「TALON ROAD(タロンロード)」は、シートポストの角度と向きを変えることでTTバイクのポジションもとれる一石二鳥のロードバイクです。コンポに105を搭載した「LEGEND SL 105」は2,100ドル(約22万円)、「TALON ROAD 105」は1,500ドル(約16万円)と他社に比べてリーズナブルな価格設定になっています。

KESTREL公式サイト

KHODAA BLOOM コーダーブルーム(日本)

KESTREL-taron-road

Khodaa Bloom(コーダーブルーム)は、1972年に創業した国内自転車販売台数2位のホダカ株式会社が展開する日本のロードバイクブランドです。2008年に設立された比較的新しい自転車ブランドですが、「日本人が企画した、日本人のためのスポーツバイク」をコンセプトに、軽量アルミロードバイクやクロスバイクに力を入れてます。

ロードバイクではFARNA(ファーナ)シリーズがエントリーモデルからプロモデルまでラインナップされています。超軽量アルミフレームEAST SLや日本人向きの右前&左後ろブレーキを搭載した、カーボンキラー「Farna SL 105」は国内販売中のコンポ105搭載完成車アルミロードバイクでは最軽量を謳っています。また、25km巡航に最適化された「FARNA 700 105」は15万円以下と、お安い価格のアルミロードバイクになっています。

また、コーダーブルームは2015年からJプロツアーチーム『Honda 栃木』へロードバイク(Farna PRO)の供給を行なっていて、日本人のロードレーサー支援にも積極的です。

Khodaa Bloom公式サイト

KOGA コガ(オランダ)

KESTREL-taron-road

コガ(KOGA)は、1974年に自転車大国オランダで創設された自転車ブランドです。KOGAの自転車の組み立てはオランダ国内でハンドメイドで行なわれ、オリンピックや世界選手権のオランダ代表に機材提供するほど高い信頼を得ています。

KOGAはオランダの航空宇宙工学の研究機関と協力して最適なジオメトリをもつカーボンフレームの開発を行なっており、フラッグシップモデルの「KIMERA(キメラ)」やタイムトライアルバイクの「TEE TEE」でその高い技術が生かされています。

ほとんどのカーボンパーツがKOGAで生産されている「KIMERA ROAD PRESTIGE105(キメラロードプレステージ)」は、”勝てる”ロードレーサー”として圧倒的な加速感や下りでの安定感が特徴です。

KOGA公式サイト

KUOTA クォータ(イタリア)

KESTREL-taron-road

KUOTA(クォータ)は2001年に、カーボン強いこだわりをもつフロントフォーク専業メーカーだったシンテマ社によって創業された、比較的新しいイタリアの自転車ブランドです。KUOTAは多くのプロロードチームに機材提供を行ってフィードバックを得ながら、軽量で剛性と振動吸収性が高いカーボンロードバイクを世に送り出しています。

他自転車メーカーに比べればKUOTAの歴史は浅いかもしれませんが、先端的ななカーボンテクノロジーとイタリアンバイクらしいスタイリッシュなデザインで、プロから通なアマチュアまで高い人気を誇ります。クォータといえばレーシーなロードバイクのイメージですが、加速性能と実用性が両立した扱いやすいモデルが多くあります。

ヒルクライム性能に特化した超軽量フレームの「KOMシリーズ」、荒れ地もいけるディスクロード「K-ALL ROAD(Kオールロード)」、1Kカーボン素材を使用したフレーム重量800gを切るKUOTAのフラッグシップモデ「KHAN(カーン)」、コンフォートでエンデューロやロングライドにも対応する「K-UNO(クノ)」や「KIRAL(キラル)」、空気抵抗を減らすエアロVブレーキが特徴のエアロロード「KOUGAR(クーガー)」、オールラウンダーの「KRYON(クレヨン)」がラインナップします。

KUOTA公式サイト

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する