人気ロードバイクブランド80社!自転車メーカーまとめ2 [C]

ロードバイクの有名ブランド80社まとめの第2弾!

CANYON(キャニオン)、CANNONDALE(キャノンデール)、CENTURION(センチュリオンチネリ)、コルナゴ(COLNAGO)、CUBE BIKESなどCの人気自転車メーカー11社を紹介していきます。

※「人気ロードバイクメーカー80ブランド全まとめ」はこちら

CANYON キャニオン (ドイツ)

canyon-1024x631

CANYON(キャニオン・バイシクルズ)は1996年にドイツで創業された自転車ブランドです。自社通販サイトでの販売のみに限定し小売店に卸さない直販方式をとることで、安くて品質の良いコストパフォーマンスの高いロードバイク供給を実現しています。特に、ENDURACE CF 7.0 2017は105のフルカーボンで7kg中盤ながら20万円以下の17万円で購入することができます※為替変動やモデルにより異なります。

UCIプロチームにもスポンサードしていて、2016年ツールやブエルタでは「モビスター」のナイロ・キンタナやバルベルデ、「カチューシャ」のクリストフやホアキン・ロドリゲスといったトップクライマーやトップスプリンターのステージ勝利に貢献していて、レースシーンでもキャニオンの実力は証明されています。

日本ではマーケティング部門のキャニオンジャパンが存在しますが、修理メンテナンス販売は行なっていません。キャニオンの自転車はキャニオンのウェブサイトでのみ購入ができ、ドイツから組み立てされた状態の自転車が国際便で届けられる仕組みですが、配送料に2万円ほどかかる、やりとりが英語である必要がある、さらに到着が大きく遅れる場合もあるので注意が必要です。

フラッグシップモデルの空力エアロロードAEROAD(エアロード)、超軽量ピュアレーサー仕様のULTIMATE(アルティメット)、コンフォートジオメトリENDURACE(エンデュレース)の3モデルを軸に展開しています。カラバリは地味ですが、無骨なドイツブランドを象徴する質実剛健さと完成車の軽量性がキャニオンの特徴でしょう。

CANYON公式サイト

CANNONDALE キャノンデール (アメリカ)

canyon-1024x631

Cannondale(キャノンデール)は1971年に創業したアメリカの自転車ブランドです。「アルミフレーム=キャノンデール」というくらいアルミが得意なメーカーで、ロングセラーの大人気モデルCAAD10やCAAD OPTIOMOなど「カーボンキラー」の異名を持つCAADシリーズ、超軽量カーボンを使用したフラッグシップのSUPERSIX EVO(スーパーシックスエヴォ)、高い走破性をもつSYNAPSE(シナプス)シリーズなど、ハイクオリティなバイクを展開するトップメーカーです。ロードバイクだけでなく、マウンテンバイクも有名でヘルメットなどのアクセサリー類も豊富にラインナップしています。

キャノンデールのブランド名の由来は、創業時のオフィスの向かい側「キャノンデール駅」があったから。キャノンデールもキャニオン同様、創業初期から卸売業者を介さない販売方法をとっています。ただし、ネット通販ではなく、高い技術を持つプロショップのみでの販売を行い、ユーザーのロイヤリティを高め続けています。

グランツールにも「キャノンデール・プロサイクリング」として参加し続けており、ツール・ド・フランスでは前にペテル・サガンがキャノンデールのロードバイクでグリーンジャージ(スプリント賞)を獲得しまくって存在感を示したことが印象深いです。

CANNONDALE公式サイト

CARRERA カレラ (イタリア)

canyon-1024x631

CARRERA(カレラ)はイタリアのポディウム社によって製作されています。カレラは、元プロロードレーサーのダビデ・ボイファヴとルチアーノ・バラキによって1989年に創業された比較的新しいブランドです。かつて、あのマルコ・パンターニなど有名選手が愛用したことでレースシーンから成長を遂げた自転車ブランドです。

CARRERAは他社へ先駆けてカーボンをリアバックに配したアルミフレームを開発するなど、時代の先端をいくロードバイクを開発してきた歴史があります。主にフレームセットの販売が主流で、フレーム重量730gの超軽量カーボンフレームCARRERA SL730が代表的です。またカレラの完成車はサドルにサンマルコが搭載されているのが特徴的です。グランフォンド向けのカーボンロードバイクSL950/ULTEGRAとSL950/105が30万円前後、ニトロSLが20万円中盤前後に価格設定されています。イタリアの高級車を思わせる風格で、コルナゴがフェラーリなら「カレラはポルシェ」といったところでしょうか。

CARRERA公式サイト

CEEPO シーポ (日本)

canyon-1024x631

CEEPO(シーポ)は、2003年にトライアスリートの田中信行氏が興した日本の自転車ブランドです。CEEPOはトライアスロンバイクとして確固たる地位を築いており、2008年にはアイアンマン公認バイクとして契約しています。CEEPOは「妥協する事なくトライアスリートにとってベストの商品を開発、供給する。」ことを理念に掲げ、カーボン素材、フレーム形状にこだわり、新モデル開発を続けています。

トライアスロンにフォーカスして開発しているだけあって、スピード持続性や直進安定性、剛性と軽量性のバランス、エアロ効果の面で優れています。サドルとシートポストの向きでトライアスロンとロードを兼用できるCP MAMBAはフレームセット20万円弱とコストパフォーマンスの高い価格設定がされています。

CEEPO公式サイト

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する