軽量な横型輪行袋6選/ロードバイクの合理的な輪行バッグの選び方

輪行(りんこう)。輪行とは「電車やバスなどの公共交通機関を利用して自転車を持ち運びすること」です。

そんな輪行を可能とさせるのが輪行袋です。袋といってもただの袋ではありません。

輪行袋はサイクリストの行動範囲を無限に広げるエマージェンシーツールとして、今やロングライドに出かけるロードバイク乗りには欠かせない、自転車を収納できる魔法の袋(バッグ)なのです。

輪行袋の選び方1 JRの輪行規定をクリアする

JR西日本輪行規定

輪行袋を選ぶうえで一番大切なのが、電車に持ち込めるかどうか?という点です。

東京など大都市圏をカバーするJR東日本の輪行規定は次の通りです。

携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内で、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができます。

ここでは縦横奥行きの合計が250cm以内に収まるかサイズが重要になってきます。

JR四国輪行規定

輪行袋を使用する必要は他にもあります。

例えば、そもそも電車内に持ち込まれる自転車は専用のケースに入れられる必要があり、むき出しはもちろんゴミ袋などのビニール袋も認められません。

また、たとえ輪行袋を使っていたとしても、輪行袋からサドルなど自転車の一部がはみ出してしまう場合、周囲に危険が及ぶため駅への入構を止められる可能性があります。

※何らかの理由で輪行袋がないときは、緊急事態としてビニール袋で入れてくれる寛大な駅もたまにありますが、基本は輪行袋を使いましょう。

輪行袋の選び方2 縦型か横型か

輪行袋には大きく分けて縦型と横型が存在します。

縦型の輪行袋はサドル後部とリアディレーラー付近を軸に自転車を縦に置くため、エンド金具と呼ばれるフォークを保護するパーツが必須になりますが、省スペースでがっちり保護できます。

横型の輪行袋は自転車を水平に裏返して、サドルの中心とハンドルでバランスとりながら横に置くため、少しスペースをとる分、簡単にスピーディーに自転車を収納&取り出しができます。

どちらが良いかは考え方や好みで決めてしまって構いませんがおすすめは横型の輪行袋です。

輪行袋の選び方3 おすすめポイント

初心者にこそおすすめしたいのが、いわゆる横型に該当するエンド金具を必要としないタイプの輪行袋です。ポイントは以下の通りです。

  • 重量のある金具がない分、荷物を減らせるし身軽になる
  • かぶせるだけなのでスピーディーに輪行できる
  • コンパクトなので自転車に括り付けられる

ライトユーザーこそ軽くてロングライドの負担にならないようにするべきですし、なるべく簡単に出し入れできる輪行袋を選ぶのがポイントです。

輪行袋の選び方4 前後輪外すタイプがオススメ

ロードバイク初心者の方は後輪を外すことに抵抗を感じるからか、後輪つきで使えるタイプの輪行袋を選びがちですが、後輪も外して収納するタイプの輪行袋をオススメします。

JRの輪行規定にひっかかることも理由の1つですが、前後輪が外れているとコンパクトになり電車内や駅構内でもち運びやすくなります。

以上のことを踏まえて、ロングライドやミドルライドの離脱用としても気軽に使える軽量でコンパクトな輪行袋を見てみます。

1.モンベル コンパクトリンコウバッグ

多分、一番素早く輪行できるのが登山メーカー・モンベルの輪行バッグ。評価も高く数々の輪行袋に浮気した上級者も行き着く輪行袋。重量297g。

2.Pocket in(ポケットイン) 超軽量輪行袋

重量200gという驚異的な軽さを誇る輪行袋。「輪行袋を持ち運ぶ」という意識なく、サドルバッグにサッとと入れられるところが大きな特徴。

3.マルト(MARUTO) 輪行袋 ツアーバッグ

コスパに優れるマルトの輪行袋。取付け簡単なワンタッチショルダーベルトや車輪固定フックで簡単に確実に固定できます。重量320g。

4.その他の横型輪行バッグ

この他にも各社が輪行袋をだしているのでチェックしてみてください。

輪行袋の選び方まとめ

電車内でもごく稀に輪行袋を使わない人をたまにいますが、周囲に迷惑をかけず安全に自転車を運ぶために、輪行袋は使われるべきだと思っています。

こうしたマナーが日本の自転車カルチャーを作っていくものだと思うので、輪行予定のある人は是非1つゲットしておきましょう。

ちなみに、ギア(スプロケット)やチェーンをカバーして汚れと破損を防ぐアイテムありますよ。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する