20万円台のおすすめ105エアロロード フジ「トランソニック2.5」

FUJI(フジ)のフルカーボンエアロロードTRANSONIC2.5」2018年モデルは、エロすぎるデザインとレースに使える高速巡行性能、30万円以下で買えるコスパの高いロードバイクとしておすすめの1台です。

FUJI TRANSONIC 2.5 フジ トランソニック2.5

トランソニックの魅力は、なんといってもそのセクシーなデザインにあります。FUJIらしいシックなカラーリングに、空力の良さそうなフォルム。2018年モデルのトランソニック2.5は、前モデルのツヤっぽいカラーリングよりマット感がでて高級感が増しました。

モデル名であるTransonicは「音速」という意味をもちます。TTバイクで培った風洞実験のフィードバックとフラッグシップモデルTransonic1.1と同形状のフレームを使用することで、確かな走りを楽しむことができます。

前後ブレーキはシマノ105純正のダイレクトマウントブレーキ!高速走行に優れるエアロロードにも高い制動力をもたらす特徴的なブレーキセットです。

美しい流線型のフレームには、C5ハイモジュランスカーボンを使用。トップクラスの横剛性は、駆動伝達ロスが少なく踏めば踏んだだけ応えてくれそうです。

ギアはフロントがOval Concepts(オーバルコンセプト)というエアロ系パーツメーカーのクランクを使用、52/36Tのリア11-28T。105完成車の重量は8.4kg、エアロロードでは平均的な重量です。

ステムやシートポストがアルミで、ホイールも重量のありそうなセミディープリムなので、軽量化という意味ではまだまだグレードアップできそうです。

また、TRANSONIC2.5の上位モデルでフレームセットの「TRANSONIC1.1」なら、個性的にカラーリングできるカラーオーダーシステムの利用も可能らしいです。

FUJI TRANSONIC 2.5のスペック

フレーム
C5 ハイモジュランスカーボン, integrated head tube w/ 1 1/2″ lower, PF30 BB, double water bottle mounts
フォーク
FC-440カーボン
クランクセット
Oval Concepts 300, forged 6066 arms, Praxis rings, 52/36T
ディレーラー
Shimano 105, braze-on mount
カセット
Shimano 105, 11-28T, 11-speed
ホイールセット
Oval Concepts 327, 700c 20/24H rims
タイヤ
Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding
ブレーキセット
Shimano 105 direct-mount
サドル
Oval Concepts 238, steel rail
カラー
マットカーボン/シルバー
重量
8.4kg

→FUJI TRANSONIC 2.5を注文する

FUJI TRANSONIC 2.5まとめ

そのままでも高い完成度を誇る「TRANSONIC2.5」ですが、カスタマイズの余地が多くありさらに自分色に染め上げられる、ポテンシャル無限大のロードバイクだと思います。

このデザインと機能性のエアロロードで25万円以下は安い!

「TRANSONIC2.5」は、そのコストパフォーマンスの良さから、例年売り切れになる人気モデル。自分に合うサイズが残っているうちにゲットすることをおすすめします。

出典:FUJI

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する