超軽量カーボンフレーム勢揃い!サイクルモードレビュー2

自転車の新製品展示会「サイクルモード」のレビューその2。Look 785 HUES RSやヨネックスの世界最軽量フレームCARBONEX(カーボネックス)などなど。2018年春にはサイクルモードライド大阪埼玉サイクルエキスポも開催予定ですよ。

cyclemode2017_roadbike_046

Light Weight(ライトウェイト)の超高級ホイールを履いた、Look(ルック) 785 HUES RS(785ヒュエズ)

cyclemode2017_roadbike_046

「LOOK社の威信をかけて開発された、スーパー・クライミングバイク」

というだけあって、重量はフレーム730g+フォーク280g=1010gの変態バイクとなっています。定価はフレームセットで38万円と比較的お得な設定かも。

cyclemode2017_roadbike_046

モビルスーツを開発したZEONIC社が開発したテイになっているシャア専用ロードバイク。アルミフレームモデルは15万円、カーボンフレームモデルは35万円。おもちゃメーカーバンダイさんにて販売中。

cyclemode2017_roadbike_046

CANYON(キャニオン)ブース。今年はいつもより活気は少なかったか?

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

キャニオン史上最軽量4.96kgのスーパーバイクULTIMATE CF EVO10.0 LTD

120gしかないTHM-CARBONESの超軽量フルカーボンブレーキセット「Fibula」。前後ブレーキセットで18万円!、

cyclemode2017_roadbike_046

歌舞伎ロードシューズ。どこのブースか忘れました。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

2017年よりドイツ系商社のウインクレルが日本国内での取扱いを開始したアメリカのトライアスロンバイクブランド「Dimond Bikes(ダイヤモンド・バイクス)」

MARQUISE(マルキス)は、シートポストがない超攻撃力の高そうなTTバイクでした。

cyclemode2017_roadbike_046

イタリアのサイクルファッションブランドNORTHWAVE(ノースウェーブ)の新作も展示されていました。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

こちらはBOMA(ボーマ)の2018年モデルCIEL(シエル)

フレーム重量が745g、ボーマのカーボンホイールを履いて完成重量が6.2kgという気合の入れよう。剛性を落とさず軽量化に成功した新モデルです。

cyclemode2017_roadbike_046

プロロードレースチーム那須ブラーゼン供給バイクのVIDEpro(ヴァイドプロ)は、新世代の高弾性ピッチ系60t/1Kカーボンで、更なる高剛性なエアロフレームに。フレームセット・シートポストで30万円。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

CHAPTER 2(チャプター・ツー)は、「ニールプライド」の創業者マイク・プライド氏が2017年に立ち上げたロードバイクブランド世界観が独特でクールな自転車が多かったでしたが、日本人スタッフが少なく内輪な雰囲気でした。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

バトミントンやテニスのラケットで馴染み深いYONEX(ヨネックス)のブース。定価45万円のCARBONEX(カーボネックス)という世界最軽量フレームが売りです。

cyclemode2017_roadbike_046

ホールとホールの間は試走コースになっています。

cyclemode2017_roadbike_046

こちらはイギリスのオシャレサイクルアクセサリーブランドLEZYNE(レザイン)のブース。

最近ではサイクルコンピューターを発表して注目されていますが、やはり、フロアポンプやフロントライトがレザインの代名詞でしょう。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

CATEYE(キャットアイ)ブース。サイコンの選び方表がありましたが、種類多すぎてこれは迷いますね。。とりあえず、センサーセットのCC-RD410DWがコストパフォーマンスがよくおすすめのキャットアイサイコンです。

cyclemode2017_roadbike_046

Rotor(ローター) のQ-RINGSといえば、ツール・ド・フランス覇者のフルームが愛用する楕円形チェーンリングとして有名です。ブースでは、力の掛け方を工夫することで、より効率的なペダリングのデモが行われていました。

cyclemode2017_roadbike_046

bern(バーン)は街乗りオシャレヘルメットブランドの一つですね。

cyclemode2017_roadbike_046

「ほら、これで切断してみ?」

と言わんばかりの自転車鍵メーカーABUS(アブス)の体験型ブース。

cyclemode2017_roadbike_046

東京だけで毎日100件以上自転車が盗まれていることを考えると、他人事ではありませんね。

cyclemode2017_roadbike_046

knog(ノグ)ブースでは、スマホのモバイルバッテリーが販売されているかと思いきや…

cyclemode2017_roadbike_046

pwrという最新のフロントライトでした。スマホなどモバイルデバイスをUSB充電できるのでロングライドでも役立ちそうです。

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

BROOKS(ブルックス)とえいば革サドル。PICKWICK(ピックウィック)など可愛らしいバックパックも多数展示されていました。

cyclemode2017_roadbike_046

日本人デザイナーが立ち上げたサイクルウェアブランドペダレッド

cyclemode2017_roadbike_046

新世代のトランシーバーBONX Grip(ボンクス グリップ)

cyclemode2017_roadbike_046

cyclemode2017_roadbike_046

garneau(ガノー)はsoraを搭載した女性向けのAXELLE C3をライナップに加えました。

cyclemode2017_roadbike_046

全国のご当地グルメをお昼に一休み。

サイクルモードレビュー3へ続きます。
サイクルモードレビュー1はこちら

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する