コスパが高いサイコン8選2016年版!初心者におすすめなサイクルコンピューターまとめ

cyclecomputer-2016

「サイクルコンピューターの選び方!ロードバイク初心者におすすめのサイコンは?」で考えてきたサイコンの選び方。ここでは低価格から高価格帯まで予算に合わせて、ガーミン、ポラール、キャットアイ、激安サイコンなどコスパの高い使えるおすすめサイクルコンピューターをまとめました。

激安中華サイコンsuaoki

suaoki サイクルコンピューター ワイヤレスサイコン 簡単取付 配線不要 バックライト スピード 気温 ケイデンス 消費カロリーなどを表示

中華と書くと聞こえは悪いですが、suaoki(スアオキ?)のサイコンはなんと3000円弱でケイデンス計測ができます。アマゾンの評価も高く、バックライトや消費カロリー、もちろんスピードメーターまで必要な機能がついているのでコスパの高いサイコンとして初心者におすすめです。

CATEYEストラーダデジタルワイヤレス[CC-RD410DW]、ストラーダスマート[CC-RD500B]

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ スマート [CC-RD500B] STRADA SMART スピード+ケイデンスキット Bluetooth SMART対応


王道のキャットアイのサイコン。ストラーダデジタルワイヤレス[CC-RD410DW]がスマホ非対応モデル、ストラーダスマート[CC-RD500B]がスマホやパソコンにデータが転送できるモデルです。どちらもスピードセンサーとケイデンスセンサー機能がつき、必要になればベルト式心拍センサーをオプションで追加購入して心拍計測も可能。ワイヤレス方式が2.4GHZ帯デジタルにグレードアップして混線に強いこと、2台の自転車で使い回せるところがメリットです。

注意点はバックライトがついていないので夜間使用が難しい点が残念ですが、信頼と安心の日本の会社キャットアイは、まず間違いないでしょう。

CATEYEパドローネスマートプラスCC-SC100B

sc100b

パドローネスマートの上位機種「パドローネスマートプラス」です。ケイデンスはもちろんパワーセンサーともリンク可能、傾斜測定できる、夜間用照明(ナイトモード)の搭載、スマホとの連携もできるコスパの高いサイコンですが、なぜか日本のアマゾンでは出品されていません。

メーカー製品サイト

かわりにスマホと連携しないサイコンではキャットアイ最上位機種のCC-TR310TWをご紹介しておきます。

SIGMA(シグマ)CC-SG-081

SIGMA(シグマ) BC 16.12/STS CAD ワイヤレススピードメーター CC-SG-081

ドイツのSIGMAはサイクルコンピューターのブランドとして歴史のあるメーカーです。CC-SG-081は妨害されにくいSTSワイヤレス機能を搭載。1台で2種類のバイクを計測できるほか、オプションでコンピューターにデータを取り込むことも可能。値段も手頃ですしマイナーブランド好きな人におすすめです。多分他人とかぶりません。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する