ROCKBIKESのコスパ高なクロスバイクPRIDE phase3

スポーツ自転車初心者に、「今おすすめのお洒落なクロスバイクは?」と聞かれたら、ロックバイクス(ROCKBIKES)の「プライド フェーズ3(PRIDE phase3)」を挙げざるを得ません。

プライド フェーズ3は、通勤通学など街乗りにもハマるスタイリッシュなデザイン、ロングライドを快適にこなすブルホーンハンドル標準装備の10万円以下のクロスバイク・ストリートバイクです。

ロックバイクスのクロスバイクとは?

rockbikes-1024x217

ROCKBIKES(ロックバイクス)は2012年に、FUJIのピストバイクをデザインした西山直人氏が大阪で創業した日本の自転車ブランドです。スタイリッシュな見た目以上に、街や普段使いに最適化された機能美にこだわったストリートバイク(クロスバイク、ロードバイク、ピストバイク)を次々に発表していて、徐々に人気が高まっている注目の自転車ブランドです。

ロックバイクスのこだわりはWebサイトのプロフィールからも感じることができます。

申し訳無い話だが、ROCKBIKESを開発する時に先ず最初に考えるのは、自分が欲しい自転車であってマーケットが欲しがる自転車では無い。そもそも業界大手の前職から独立してROCKBIKESを立ち上げたのは、自分の理想のカタチを求めると自分でメーカーをやるしか無かった訳であって、今更マーケット・インの製品を作る気にもならないのである。

創りたいのは、上質さと色気が同居する、目立ってなんぼのグラマラスな自転車。その目立ってなんぼの見た目が、すぐに劣化するのも味気ない。必要なのは基準値の底上げで、周りは剛性が何%増えただの、振動吸収性がどうだのと声高に叫ぶが、そんな事には興味が無い。自分が惚れたモノを永く楽しむ為に必要な最低限の事はROCKBIKESに詰まっている。

ラインアップは徐々に増えていっているが、全部の車体に通じて共通しているのは、ずっと付き合える車体だと言う事。さほど価格設定が高く無いからと言って、何十万もする車体にモノで負けているとは思わない。単純にプロモーションにお金と時間をかけるぐらいなら、良い車体を作る方に重きを置きたい。

ROCKBIKESのユーザーには色んな人がいて、他の誰も乗っていないカスタムチャリに乗って他の誰も真似できない人生を送ってる人もいれば、あえてのノーマル風でのんびりと味わってる上品な人もいる。最近では所謂レーシングバイクを所有していながら、リラックスして乗るのにROCKBIKES ENVYを買い、そこからROCKBIKES DEUCEの虜になっている人も。本末転倒ではある。しかし、唯一無二の最上級がROCKBIKESで、その個性的で圧倒的な魅力は一度乗ってしまうと脳裏から離れなくなるのである。

ROCKBIKESの流儀

2017年8月には渋谷にショールーム(ROCKBIKES SHIBUYA:東京都渋谷区東1-5-14-1F-A)をオープンして実車を体感できるようにもなりました。

ロックバイクスのコスパ良さ

rockbikes-1024x217

ロックバイクスの自転車には下記のように、コンセプトに裏打ちされた工夫がされています。

  • 日本人向けのジオメトリ
  • 街中でもハンドリングしやすいショートホイールベース
  • 錆びにくく長持ちするステンレス製ボルト

しかし、それ以上に魅力的なのがロックバイクスのコストパフォーマンスの高さです。もちろん、値段やコストパフォーマンスは、マーケットに媚びないロックバイクスの本質ではないのかもしれませんが、初心者ユーザーにとってタダでさえ敷居が高いロードバイクやクロスバイクの世界だけに、より安く高品質な自転車に乗りたいと思うのは当たり前ですよね。

ROCKBIKES PRIDE phase3 (ロックバイクス プライド フェーズ3)

rockbikes-1024x217

プライドフェーズ3は、クロスバイクとロードバイクのいいとこ取りをしたような考えられたストリート自転車です。プライドの注目すべき点は以下になります。※ここでは用途からクロスバイクという表現で見ていきます。

A6061アルミフレーム、28Cタイヤ、コンポに10速シマノディオーレ、ブルホーンハンドル、フロントシングル、車体重量9kg前半の軽量性、価格は驚異の9万円台。

rockbikes-1024x217

コンポーネントは、2017年に発表されたシマノの最新コンポーネントDEORE(デオーレ)を搭載。デオーレはMTB(マウンテンバイク)用のコンポで上から4番目のグレードになります。ロードバイクのコンポでいえばティアグラに相当します。フロントもギア1枚になったことで軽量化やチェーンの外れる可能性も少なくなりました。

そもそも、街乗りならフロントにギア2枚も3枚も不要ですよね。ちょっとの坂でもリア最大36Tという巨大乙女ギアを装備しているので安心。フロントシングルギアのクロスバイクは、今後メインストリームになっていく気がします。オプションで42Tも可能だとか…

rockbikes-1024x217

そして、よくカスタムされるハンドル周りは、始めからブルホーンハンドルを採用。ブルホーンはバーハンドルに比べて色々なポジションがとれるのでロングライドでも疲れにくいとされます。10km程度の通勤でも、その価値を存分に体感できると思います。

ROCKBIKES PRIDE phase3のスペック

rockbikes-1024x217

■ハンドル:SIXTH COMPONENT ブルホーン
■ステム:SIXTH COMPONENT ALUMINIUM
■タイヤ:700×28C
■リア変速機:SHIMANO DEORE
■カセット:SHIMANO 10S 11-36T
■クランク:SIXTH COMPONENT 48T
■ブレーキ:ALUMINIUM DUAL-PIVOT
■重量:9.27kg

→ROCKBIKES PRIDE phase3を購入する

ROCKBIKES PRIDE phase3まとめ

rockbikes-1024x217

これまで、このようなコンセプトで精度の高いストリートバイクを提案する自転車ブランドがなかった分、ロックバイクスの存在感は大きいように感じます。スタイリッシュなフレームやホイールのデザインももちろんですが、機能性を無視したルックバイクとは一線を画したこだわりがロックバイクスにはあります。

10万円以下の同価格帯のクロスバイク・ロードバイクブランドの完成車よりも、ハイグレードな機材と考え抜かれた使いやすさは、ストリートクロスバイクとして今後益々注目を集めそうですね。

いや、しかしロックバイクスかっこいいわ…

ROCKBIKES

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する