カレラ2018年モデル105カーボンロードバイクが20万円で新登場!

イタリアのロードバイクブランド、CARRERA(カレラ)の2018年モデル「ER-01」は、フルカーボンフレーム&105の完成車にして20万円以下というコストパフォーマンスの高い注目の1台になっています。

CARRERA ER-01 105

CARRERA_ER-01-

カレラ「ER-01」は、「Endurance & Racing(エンデュランス&レーシング)」の名の通り、スタックとリーチを短くしてアップライトな疲れにくいポジションをベースにロングライドも楽にこなせるのはもちろん、T-700カーボンを使用した軽量フレームはヒルクライムレースでも活躍が見込めます。

CARRERA_ER-01-

カレラの本拠地イタリアは、日本以上に自転車やロードバイクが浸透している国ですが、カレラに乗るイタリア人ローディーたちは年間平均2万kmを走っているとか!

そんな彼らのハードワークにも耐えられるような設計がこの「ER-01」にはされていてます。

CARRERA_ER-01-

カレラ「ER-01」は150cm台の女性でも乗れるようXXSサイズからラインナップ。人気アニメ「弱虫ペダル」では、京都伏見の岸神小鞠が乗っていることで、カレラに対するライトユーザーの認知度は高まったかもしれません。

CARRERA_ER-01-

カラーは全部で4種類。タイヤにハッチンソン・デビルズグリップ、サンマルコのサドル、チネリ・ヴァイのシートポストに加えて、ブレーキセットまでフル105の豪華仕様。

ただし、写真のホイールはボーラのカーボンホイールではなくシマノRS11のアルミホイールになることだけはお忘れなく。

CARRERA_ER-01-

ルックスもブランド力も申し分ないカレラ。これだけの性能で19万円は、かなりハイコスパなカーボンロードバイクといえるのではないでしょうか?

出典:CARRER

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する