スマホと接続するケイデンスセンサーサイコン比較5選

3.zmart ケイデンスセンサーBluetooth4.0

41T9wfLr-vL

驚異の定価価格中華サイコンzmart。Bluetooth4.0対応、速度センサーとケイデンスセンサー搭載。iphoneとAndroidのフィットネスアプリにも対応。機能は十分ですが耐久性はいかに!

電池寿命:500時間
重量:40g
付属品:本体、スピード用マグネット、ケイデンス用マグネット、タイラップ

4.キャットアイ(CAT EYE) ISC-12

41T9wfLr-vL

コチラも大人気メーカーキャットアイのケイデンス&スピードセンサー。キャットアイのサイクルコンピュータ(対応モデルのみ)やスマホアプリと連携できるBluetooth SMART方式のセンサーです。価格も手頃、日本メーカーなのでサポートも期待できそう。

5.Wahoo(ワフー)Fitness Blue SC+

41T9wfLr-vL

少々高価だが評価も高いワフー社のBluetooth SMARTとANT+に両対応したスピード・ケイデンスセンサー。ポイントはANT+に対応しており、さらなる長時間使用が可能となっています。純正アプリ「Wahoo Fitness」でスピードやケイデンスを測定でるほか、Strava Cycling
やCyclemeterなどとも連携可能。IPX7の防水性能あり。ワフーは別売りで心拍計もだしているのでステップアップもできそうです。

付属品:スピード検知用マグネット、ケイデンス検知用マグネット、タイラップ
本体重量: 約24g (センサー本体)

ケイデンスサイコンまとめ

ポイントは従来のブルートゥースより高速で省電力なBluetooth SMART(4.0、Low Energy)規格に対応しているかどうかというところです。

スマホサイコンは消費電力が大きいところがネックですが、スマホアプリによる大画面高機能なモニタリングはトレーニングに最適です。また、Bluetooth対応センサーを使えば、ケイデンス計測機能が5000円程度と安価に導入できるところが大きな魅力です。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する