スマホと接続するケイデンスセンサーサイコン比較5選

サイクルコンピューターはガーミンだけじゃありません!Bluetooth(ブルートゥース)でスマートフォンと接続、ケイデンスも計測できる安いスマホサイコンも結構使えるんです。

スマホサイコンの便利なところは、安価にケイデンスが計測できる他、Runtastic(ランタスティック)やSTRAVA(ストラーバ)といった人気フィットネスアプリと連携することで、スピード・心拍数・マップなどと同時にケイデンスが常時確認できる点です。

1.TOPEAK(トピーク) パノバイク

TOPEAK(トピーク) パノバイク ブルートゥース スマート スピード & ケイデンス センサー

この手の商品では絶大な人気を誇るトピークのパノバイク。Bluetoothスマート対応で、スピードとケイデンスが計測可能。1,800時間の超寿命バッテリー、IPX7の防水性をもち、比較的安価なのが特徴です。

サイズ:L54×W12×H33mm
重量:21g

2.POLAR(ポラール) ケイデンスセンサーBLE(Bluetooth Smart)

POLAR(ポラール) ケイデンスセンサーBLE (Bluetooth Smart) 【日本正規品】 91053161

ガーミンと双璧をなすフィンランド・ポラールのケイデンスセンサー。軽量・小型設計でスピードセンサーも搭載。最も効率的なペダル回転数をリアルタイムに確認で把握でき、Bluetooth(R)Smartテクノロジー採用で、低消費電力を実現しています。トレーニング後はポラールのウェブサービス(Polar Flow)や専用アプリでトレーニングを詳しく分析できます。

ポラールの上位サイコンを買えばケイデンスセンサーとして使えるのでポラール派の人にはおすすめ。しかも値段も5000円前後なのでこの価格帯では一押しです。購入の際は、日本正規品の新パッケージモデルかどうか要確認です。

本体サイズ: (約)縦27×横45×厚11mm 
重量:10g
電池寿命:約1400時間
セット内容・付属品:ケイデンスセンサー、固定用アタッチメント、マグネット、ユーザーマニュアル

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する