ロゴが光る!ビアンキの5万円台クロスバイク「カメレオンテ1」

人気イタリア自転車ブランド「ビアンキ(BIANCHI)」のクロスバイク「CAMALEONTE1」は、スポーツ自転車初心者やロードバイクへのステップアップとして、高い性能とデザインを誇る人気クロスバイクです。

先日、高級外車メーカーのフェラーリとコラボレーションを発表し、ビアンキのブランド力はさらに上がっていくものと思われます。そんなビアンキのクロスバイク2018年人気モデル「CAMALEONTE1(カメレオンテ1)」を「ROMA(ローマ)」との違いも含めてみてみます。

→ビアンキ カメレオンテ1を購入する

BIANCHI CAMALEONTE1 ビアンキ カメレオンテ

カメレオンテ1ビアンキのクロスバイクの中でも特にリーズナブルで、快適な乗り心地は街乗りに適しているのでスポーツ自転車初心者におすすめのアルミクロスバイクです。2018年モデルのカメレオンテ1は、BIANCHIのデカール(ロゴ)サイズが大きいサイズに変更されたため、よりビアンキらしさが伝わるモデルとなりました。

カメレオンテの反射するビアンキロゴ

カメレオンテ2018の大きな特徴はフレームにプリントされたBIANCHIロゴ(デカール)にあります。

BIANCHIのロゴがステルスになっていてカッコイイのはもちろんですが、なんとここに反射素材が使われていて夜ライトに照らされるとBIANCHIのロゴが浮き上がるお洒落デザインになっているらしいのです!これなら暗い夜道でもクロスバイクのフレーム自体がリフレクターの役割をしてくれるので、夜間走行も安心ですね。

カラーはチェレステ、ブラック、ホワイト、グレーの全4色マット系で統一されており、クールに街に馴染むデザインとなっています。

カメレオンテとローマの違い

カメレオンテとローマの違いは、ジオメトリやフレーム形状、フレーム・フォークの素材、上位グレードの存在、にあります。

カメレオンテといローマの違いをもっと分かりやすく言うなれば「カメレオンテは快適なクロスバイクよりのクロスバイク、ローマは快適性よりも速さを求めたクロスバイク」といえるかもしれません。

→ビアンキ ローマ2を購入する

カメレオンテ1のコンポーネント(変速機能)はシマノのクロスバイク・シティスポーツ自転車向けの8速(後ろ8段×前3段=24段変速)仕様。シフターはクロスバイクでお馴染みの2フィンガータイプでシフト&ブレーキ一体式レバーのST-EF500とAltus(アルタス)を搭載した必要十分な仕様になっています。

カメレオンテ1の重量は未公開ですが10kg〜11kg前後と予想され、ルック車といわれるクロスバイクと比べて軽い部類に入ります。

ビアンキのクロスバイクバイク「カメレオンテ1」のまとめ

カメレオンテは以前カメレオンテ2、カメレオンテ3、カメレオンテ4と複数ラインナンプがありましたが、2018年モデルからはカメレオンテ1のみに統一されています。しかも、カメレオンテ1はビアンキでありながら、ネット通販だと5万円〜6万円台と安く買えてしまい、デザインも優れているので人気モデルとなっています。

カメレオンテ1のスペック

■フレーム:アルミ
■フォーク:スチール
■シフター:Shimano Tourney&ST-EF500
■フロントディレーラー:Shimano Altus
■リアディレーラー:FC-TY301 48/38/28T 170mm
■ホイール:Formula FM-21 100mm
■リム:700x28C
■ペダル:VP-856

売り切れ必死の争奪戦になるかもしれないので、クロスバイクが欲しい方はお早めにどうぞ!

→ビアンキ カメレオンテ1を購入する




BIANCHI

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する