街乗りなら5万円で買えるあさひのロードバイクがおすすめ

自転車アサヒのロードバイク「レユニオンコーレル-G」は、5万円以下の安さとホリゾンタルなルックスから、初心者の通勤通学用自転車として選ぶなら同社上位モデルのプレックロードよりおすすめかもしれません。

※「初心者におすすめなネットで買える10万円以下のロードバイクまとめ」「5万円以下コスパの高いロードバイクまとめ」も参照ください。

初心者でも扱いやすいレユニオンコーレル

100000030997_12

レユニオンコーレル-Gは49,980円という低価格で、初心者におすすめなタフなスチールロードバイクです。

細身のスタイリッシュなハイテンフレームですが、実は独特のしなりがあり疲れにくく、重量がある分直進安定性に優れているので、ハードな道でないかぎり高速で走行しても大丈夫。

コンポーネントはTourney A070。クラリスのさらに下のグレードですが、2×7の14段変速、リア28Tと平地や軽い坂なら十分なギア比です。

ブレーキ操作が多い街中で助かる「補助ブレーキ」が標準装備されています。

「足」として使えて、しかもかっこいい

100000030997_12

レユニオンコーレル-Gの強みは次の点が大きいと思います。

  • 1.「足」として使える走行性
  • 2.最悪パクられてもリスクが少ない値段
  • 3.街に溶け込むかっこよさ
  • 4.タフで頑丈なので気軽に使える

初心者がスポーツバイクを体験するのはもちろん、路上駐輪が多い街乗りや通勤通学で使うセカンドバイクとしても、フラットペダル付き25Cタイヤでこの値段を考えれば、10-20km程度なら許せるスペックだと思います。

何より安いという点で、「ちょっとそこまで」ができてしまうロードバイクといえます。これは結構重要な要素で、ある程度有名なブランドのロードバイクになると盗難リスクも高まり、たとえ安いエントリーロードでもレユニオンコーレルより数万円高いですし、愛着が湧くので「パクられたくない」という気持ちから気軽に使えない人も多いんです。

プレックロードは安いといえども7万円するので、それならあと2万だして有名ブランドのアルミロードを買ったほうが、その後を考えると選択肢も広がります。

100000030997_12

そして3のかっこよさ。レユニオンコーレル-Gは渋谷界隈でよく見かけるお洒落クロモリロードに負けず劣らずの細身なルックスと、20mmハイトのロープロファイルの黒リムがシティ感を醸し出してくれます。

以上を考えると、約7万円するプレックロードE(PRECROAD-E)より2万円安くてスペックも大して劣らないレユニオンコーレルは、使用シーンを考えるととても「ちょうどいいロードバイク」といえそうです。

購入後のメンテナンスも、全国にある自転車あさひに気軽に持ち込むことがでいるので、ロードバイク初心者にもとっつきやすいですね。

あさひレユニオンコーレル-Gのスペック

100000030997_12

定価
49,980円
素材
スチール
コンポ
Tourney A070(2300)
ギア
2×7
タイヤ
25c
重量
12.5kg(ペダル込み)

あさひレユニオンコーレル-Gを購入する

出典:楽天

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する