1400gで4万円!コスパ最強の超軽量ホイール「ALX473」

こいつはやべえ..

ロードバイク初心者の最初のグレードアップホイールとして、コスパ最強ホイールと名高いカンパーニョロのZONDA(ゾンダ)を凌ぐかもしれません。

完成車についてくるホイールとしてロードバイク初心者にもお馴染みのアレックスリムズ(ALEXRIMS)から、重量1400gで5万円以下という超絶コストパフォーマンスに優れた軽量ホイールALX473を見つけたのでご紹介します。

1.重量1400gの激安軽量アルミホイール!

20万円以下のロードバイクの完成車についてくるいわゆる「鉄下駄」と呼ばれるALEXRIMSやMAVICのアルミホイールの重量は、重くて2000g以上軽くて1700g台が相場ですが、この「ALX473」は驚異の1400gという軽量性をもっています。

カーボンホイールならまだわかりますが、重量があるアルミホイールで1500g以下というのは相当軽い部類に属します。

また、1400g台のホイールセットというと安くても10万円以上するのが普通です。FULCRUM RACING ZERO(フルクラム レーシングゼロ いわゆるレーゼロ)やCampagnolo(カンパニョーロ)のSHAMAL ULTRA(シャマル ウルトラ)同等の軽さながら1/2の安さということを考えると「ALX473」のコスパの高さがわかります。

2.空力重視のエアロスポーク&30mmディープリム

1500g以下の軽量アルミホイールとなると、リムハイト(リム高)を低くして重量を減らすのでヒルクライム専用ホイールとなりがちです。

しかしこの「ALX473」は、30mmディープハイトの空力性能、2:1スポーク組みの高剛性、22mmワイドリムの安定感、という3拍子揃った特徴があります。

スポークもきしめんのような極薄エアロスポーク(PILLAR社製)で空気抵抗を減らす工夫がされています。

「ALX473」は、軽さと空力を備えたまさにオールラウンダー&見た目もかっこいいアルミホイールといえます。

3.クラリス(8速)とソラ(9速)にもつかえる貴重な軽量ホイール

高級な軽量ホイールはほぼ10速か11速にのみ対応していて、それ以下はスペーサーを噛ますなどテクニカルな対応をしないといけませんでした。

しかし、「ALX473」の対応カセットはシマノ8/9/10/11S(チューブレスレディ対応)となっているので、ロードバイク初心者向けの10万円程度のアルミロードバイクに多く搭載されているエントリーコンポのクラリスやソラにも対応します。

クラリス&ソラ使いでホイールのグレードアップを躊躇していたロードバイク乗りにはかなりおすすな選択肢となりうるでしょう。

→コスパ最強ホイール「ALEXRIMS ALX473 EVO」を購入する

コスパ最強の超軽量ホイール「ALX473」まとめ

以上のようなメリットをもつ「ALX473」ですが、アルミホイールらしく剛性もあります。7000系のアルミ合金を使ったアクスル&リアハブに4つのシールドベアリングを搭載で、耐久性&回転力も期待できます。

ロードバイクのホイールの交換は、とくに山や坂のヒルクライムにおいて、重量や空力の点で大きな違いをもたらします。

とにかく、信じられないくらいハイスペックで安い軽量アルミホイール「ALX473」は、初心者・上級者問わずレースからヒルクライムまで大活躍すること間違いなしなので、お試しで一組もっておいても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

SNSでシェアする!

ラルプバイクを購読する